BMWは、「M4 コンペティション」をベースとした特別仕車「M4 エディション ヘリテージ」を発売しました。

Mモデルらしさを際立たせる専用装備を多数採用した特別限定車

 BMWは2020年1月15日、モータースポーツで鍛えられた技術を結集してBMW M社が開発し、高性能スポーツモデルとして君臨する「M4 コンペティション」をベースに、よりMモデルらしさを際立たせる専用装備を多数採用した特別限定車「M4 エディション ヘリテージ」を発売しました。

 M4 エディション ヘリテージは全世界750台の限定生産で、日本では30台限定での販売となります。

 外装色は、アメリカのカリフォルニア州モントレーにあるラグナセカサーキットをイメージした「ラグナセカブルー」、より深みがありビロード生地のような洗練された光沢感をイメージした「ベルベットブルー」、イタリアのイモラ市にあるイモラサーキットをイメージした「イモラレッド」の3色をラインアップ。

 内装には各外装色に合わせてコーディネートされた、メリノレザーを採用。「ラグナセカブルー」には、光沢感がありグレーがかったホワイト「シルバーストーン」とブラックのツートンに、ターコイズのステッチが施されたシートを、「ベルベットブルー」には、同じくシルバーストーンとブラックのツートンに、オレンジバイカラーステッチが施されたシートが組み合わせられました。

 さらに、「イモラレッド」には、レッドとブラックのカラーに、イエローバイカラーのステッチを採用することで、挑発的で目を引くシートデザインとなっています。

 共通の特別装備としては、専用色となるオービットグレーに塗装され、引き締まった足まわりを演出する20インチMライトアロイスポークスタイル666Mや、Mモデルを象徴する3色のストライプが直接織り込まれた専用Mストライプ入りカーボンルーフ及びカーボンインテリアを装備。

「M Heritage」のロゴが浮かび上がるロゴ&イルミネーションが、インテリアやドアシルに採用されるなど、随所に限定モデルらしい演出が施されています。

 日本国内での販売台数の内訳は、「ラグナセカブルー」が15台、「ベルベットブルー」が10台、「イモラレッド」が5台の合計30台限定。右ハンドル仕様で、価格は1545万円(消費税込)です。