クルマなどの乗り物に乗った際、「車酔い(乗り物酔い)」の症状に見舞われることがあります。なぜ、車酔いは発生するのでしょうか。また、酔ってしまった場合にはどのようにすれば良いのでしょうか。

なぜ起こる「車酔い」のメカニズムとは? 

 クルマに乗ると「なぜか酔ってしまう」という人は一定数存在します。車酔いには、いくつかの原因があり、きちんとした対処法をすることで簡単に解決できることもあるようです。では、なぜ人はクルマに酔ってしまうのでしょうか。

 車酔いはドライバー自身ではなく、同乗者がなりやすいといった特徴があります。ドライバーは自分の意志でスピードやコーナリングなどの運転操作が可能ですが、同乗者はドライバーの運転にすべてを任せなければいけないため、身体への刺激が予想できません。

 車酔いが起こるメカニズムは、耳の奥にある「三半規管」が大きく関係しています。三半規管は、平衡感覚などのバランスを保つために重要な器官で、なかに溜まっているリンパ液が水平器のような役割をします。

 クルマの走行中は、このリンパ液が揺れ、人間の脳は「視覚や聴覚」などの情報と揺れを総合的に計算し、身体を水平に保とうと動き出します。

 しかし、クルマなどの乗り物の場合、窓から見える風景は変化しているのに車内にある体はその場にとどまっているため、実際の状況と脳が判断する状況に「矛盾」が生じます。

 誤差が大きい人ほど脳が混乱して自律神経が乱れ、頭痛や吐き気などの体調不良を起こしてしまうようです。この「自律神経の乱れ」が車酔いのメカニズムとなっているのです。

 自律神経の乱れを解決するためには、酔い止め薬の服用がベストです。しかし、薬そのものや近くに薬局がない場合、応急処置としては「助手席へ座る」ことが効果的とされています。

 見通しが良くなれば、カーブや停車の予測がしやすくなり、視覚情報とカラダのズレを抑えることができるためです。

 また、サングラスを着用することで、視覚への過度な刺激を抑えることや、自律神経を整えるといわれる「内関(ないかん)」といったツボを刺激することでクルマ酔いを抑える効果もあります。

 内関は手首の付け根から指三本分あたりのくぼみにあり、指で押したり揉んだりすると効果的なようです。

 車酔いは子どもに多い症状としても知られていますが、その理由について都内の医療関係者は以下のように話します。

「医学的には動揺病とも呼ばれ、およそ3歳から12歳の年代に多いとされています。脳の成長が影響しているほか、近年では携帯ゲーム機が普及し、車内で手元を見る子どもが増えたことも関係しているといわれています。

 クルマやバスでは、なるべく見通しの良い座席に座り、なおかつ遠くを眺めることが効果的です」

※ ※ ※

 ちなみに、犬や猫などの動物も車酔いするといい、人間と同じく自律神経の乱れによるものや、鋭い嗅覚により臭いで酔ってしまうようです。

 具体的には、大量のよだれが出る、鼻水が出る、そわそわしてよく吠えるなどの症状が多いようです。ペットとのドライブする際は、様子に変化がないかを常にチェックしましょう。

他にもある対処方法。意外にも効果があるのは「自己暗示」?

 いつもは酔わないのに、旅行や仕事のときに限って車酔いしてしまうという人も意外と多いのではないでしょうか。それは、「睡眠不足と空腹」が原因のようです。

 楽しみな旅行や重大な仕事の前日は、ワクワク感や緊張感などで気持ちが高揚し、なかなか寝付けない事もあります。

 その結果、出発時間ギリギリで朝食を取らないまま出発、タイトな業務スケジュールでお昼が食べられない、といった状況に陥ります。

 この睡眠不足と空腹のダブルパンチな状態では、クルマの揺れにより体調が悪化してしまうこともあるため、体調管理も車酔いを防止するために重要なこととなります。

 ほかにも、外的要因としては「臭い」も関係しています。とくに、臭いの感じ方は個人差があるため、ドライバーが好きな芳香剤であっても、他人にとっては不快に感じることもあるようです。

 他人を長時間クルマに乗せる場合は、消臭剤を使用したり、事前に芳香剤の使用をやめるなどの心配りも大切なほか、車内温度が高くなってしまうと臭いも発生しやすくなるため、快適な車内温度の維持や、定期的に窓を開けて換気することが大切です。

 また、「心理的要因」も侮れない要素です。自分は車酔いしやすい、他の人に迷惑をかけたらどうしよう、といった不安やストレスは、自律神経の乱れを引き起こす大きな要因のひとつといわれています。

 しかし、自分は酔いにくいといった「自己暗示」をかけることで気持ちが楽になることがあるほか、車内での会話を楽しんだり好きな音楽を流すことも、理想的な解決策です。

 さらに、偽薬効果を狙うという対処も考えられます。JAFは以下のように述べています。

「偽薬(プラセボ、プラシーボ)の効果を利用して、暗示をかけます。自分自身で実践するのは難しいので、この方法には協力者が必要です。

 酔いやすい人に、『酔い止め薬』と説明してタブレット菓子(錠菓)や飲料を飲んでもらいます。飲んだ人が『酔い止め薬を飲んだから安心』と思い込めば、ある程度の効果が期待できるかもしれません。

 薬の副作用が心配される子どもには良策といえるでしょう。ただし、当然ながら錠菓や飲料には酔い止め効果はないので、それを承知で実践することになります」

※ ※ ※

 車酔いといってもさまざまな原因があるようです。車酔いしやすい場合は、まず何が原因かを突き止めることが先決だといえます。