最近、2列シートのミニバンが続々と登場しています。ミドルサイズミニバンの日産「セレナ」とトヨタ「ノア/ヴォクシー/エスクァイア」に設定される2列シート車とはどのようなものなのでしょうか。両者を比較してみました。

2列シートのミニバンが最近のトレンド!

 ファミリーカーの定番モデルとして人気のミニバンは、3列シートを備えて大人数で移動できるのが魅力です。ラゲッジスペースも大きく、たくさんの荷物を積めるため多くの人から支持を得ています。

 2019年1月から12月までの登録車販売ランキングでは、1位トヨタ「プリウス」、2位日産「ノート」に続き、3位にトヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」がランクイン。

 ミドルサイズのミニバンのランキングでは、全体の6位が日産「セレナ」、8位がトヨタ「ヴォクシー」となっており、ミニバンは人気カテゴリとして不動の地位を確立しているといえます。

 コンパクトなサイズのシエンタやホンダ「フリード」では、3列シート車に加えて2列シート車が設定されています。両車は全長が短いこともあり、3列シートよりも2列シートの方がゆったりと移動できるため、多人数乗車であれば2列シート車を選択するユーザーも増えているといいます。

 とくにシエンタの2列シート車「FUNBASE」は、アウトドアで使用する人も多く、多様化するニーズに応えるモデルとして人気があるようです。

 2列シートミニバンは、コンパクトサイズのミニバンにとどまらず、ミドルサイズミニバンでも登場し始めました。

 ミドルサイズで人気のセレナと「ノア/ヴォクシー/エスクァイア」に設定される2列シート車は、どのようなものなのか比較してみます。

 2020年1月10日から開催された東京オートサロン2020では、日産車のカスタマイズを手掛けるオーテックジャパンが「セレナ e-POWER AUTECH マルチベッド コンセプト」を展示しました。

 セレナ e-POWER AUTECH マルチベッド コンセプトは、セレナe-POWERをベースとした2列シート車で、休憩や車中泊ができるベッドシステムを搭載。

 2列目をフルリクライニングしてベッドキットを敷くと、ほど良いクッション性があるフラットなくつろぎ空間が広がります。

 また、ベッドキットの生地は防水性のある合皮なので、水濡れや汚れもさっとふき取ることが可能です。

 ベッドキットを乗せるために補強バーが数か所に渡り設置されているため、150kgほどの荷重に耐えられる造りになっており、ベッドキットの下には荷物を収納することもできます。

車名に表れる日産とトヨタのコンセプトの違いとは?

 一方のノア/ヴォクシー/エスクァイアには、「マルチユーティリティ(以下、MU)」というモデルがラインナップされており、トヨタ車のカスタマイズを担当するモデリスタブランドより発売されています。

 ガソリン車をベースとした2列シート車で、荷室を最大限に活用できるため、日常のショッピングで大きな買い物をしたときや、趣味の道具を積み込むなど、さまざまなニーズに対応できます。

 専用架装装備として荷室のフロアを水や汚れに強く手入れが簡単なオーク木目調の「MU専用フロア」とし、ベース車の収納力を活かした「床下収納」や、着替えや車中泊時のランタンの活用などに役立つ「ハンガーフック」、便利な小物入れ付きの「クォータートリムカバー」など、日常使いだけでなくアウトドアでも役立つ機能を搭載。

 また、オプションとして、車中泊時のベッド、ラゲージスペースの仕切り棚、車外ではテーブル&ベンチセットとして幅広く使用できる「マルチユースボード」、オーク木目調のフロアと合わせたブラウン/ベージュの「MU専用シートカバー」を設定するなど、幅広い車両の使い方を実現する装備が用意されています。

※ ※ ※

 セレナ e-POWER AUTECH マルチベッド コンセプトとヴォクシー/ノア/エスクァイア マルチユーティリティとで大きく異なる点は、乗車人数です。

 セレナはベースとなるe-POWERの2列目が2人乗りのキャプテンシートとなるため、運転席、助手席と合わせて4人乗りですが、ノア/ヴォクシー/エスクァイアは2列目シートはベンチシートの3人掛けで、運転席、助手席と合わせて5人乗りとしています。

 また、セレナ e-POWER AUTECH マルチベッド コンセプトは、車中泊できるベッドキットが標準装備で、そのための補強バーも設定されていますが、ノア/ヴォクシー/エスクァイア マルチユーティリティのベッドキットはオプション設定となります。

 フロアの仕様も異なり、セレナ e-POWER AUTECH マルチベッド コンセプトが通常のフロアマットなのに対し、ノア/ヴォクシー/エスクァイア マルチユーティリティはお手入れが簡単な専用フロアを装備。荷室幅980mm、荷室高1230mmの大容量ラゲッジルームを実現しました。

 両車のコンセプトの違いは車名にも表れており、セレナ e-POWER AUTECH マルチベッド コンセプトは「ベッド(車中泊)」、ヴォクシー/ノア/エスクァイア マルチユーティリティは「使い勝手」を重視しているといえます。

 セレナ e-POWER AUTECH マルチベッド コンセプトを展示したオーテックジャパンは、次のようにいいます。

「昨今の車中泊は、キャンプだけでなく、マリンスポーツやウィンタースポーツ、温泉巡り、グルメ旅行など、いろいろな趣味で幅広く活用されています。

 自分の都合に合わせて旅をするときに車中泊する人が増えている現状と、災害時の一時避難場所としても活用される背景もあり、増加する車中泊ニーズに応えるため、セレナAUTECHの新たな提案として開発しました」

 一方、ノア/ヴォクシー/エスクァイア マルチユーティリティの開発経緯について、モデリスタは次のように説明します。

「ミニバンユーザーのボリュームゾーンであるファミリー層でも、『3列目はなくてもいいから、もっと色々な用途に使えるスペースが欲しい』という要望があり、2列仕様を開発しました」

※ ※ ※

 クルマが果たす役割が多様化している昨今では、ミニバンは3列シートという固定概念を取っ払い、広い室内を最大限活用できる2列シート仕様の需要が高まっているようです。

 セレナ e-POWER AUTECH マルチベッド コンセプトは、2019年度内に発売予定だといいます。

 詳細な仕様や価格などはこれから明らかになるようですが、ガソリンエンジンで発電してモーターで走るe-POWERと車中泊の組合せで、セレナの新たな選択肢として注目されます。