マツダは2020年1月23日、新たな安全装備を追加するとともに、軽快な走りと燃費性能の両立を実現した新開発のパワートレインを搭載する軽自動車「フレア」を発売しました。

新開発のパワートレインを採用

 マツダは2020年1月23日、新開発のパワートレインを採用した軽自動車「フレア」を発売しました。

 今回新たに搭載された新開発の660ccガソリンエンジンは、デュアルインジェクションシステムやクールドEGRなどの新技術が採用されています。

 さらに、効率を高めた新開発のCVTが搭載されたことに加え、マイルドハイブリッドシステムのさらなる効率化により、実際の走行における優れた燃費性能と軽快な走りを両立。全車がエコカー減税の対象となりました。

 また、全車に「後退時ブレーキサポート」、「誤発進抑制機能(後退時)」、「リアパーキングセンサー」が追加され、後方を中心とした運転時の安全性を向上。

 経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車」の「サポカーS・ワイド」に全車が該当しています。

 ほかにも、 一部機種でメーカーオプションとなっていた「セーフティパッケージ」が全車標準装備となるなど、安全装備も充実したマツダ「フレア」の価格は、128万400円(消費税込)からです。