トヨタのスポーツカー「スープラ」の3リッターターボエンジンが改良され、パワーアップします。日本での発売は、2020年秋以降の予定です。

出力・トルクが向上して加速性能アップ

 トヨタは、新型「スープラ」を米国・フロリダ州デイトナで発表。最上級グレードに搭載される3リッター直列6気筒ターボエンジンが改良されることが明らかになりました。

 今回のエンジン改良では、エキゾーストマニホールドの構造変更や、新ピストンの採用により圧縮比を変更。

 これにより、エンジン最高出力は382hp/500-6500rpm(従来型比+14%)、最大トルクは368lb.ft./1800-5000rpmに向上します。

 また、時速0-60mph加速において、従来型の4.1秒から3.9秒に短縮され、パワフルな走りに磨きをかけました。

 さらに、フロント部にブレースを追加しボディ剛性の強化を図るとともに、それに合わせてサスペンションを再チューニングすることで、コーナリング中の安定性が向上するといいます。

 新型スープラの日本での発売は、2020年秋以降を予定しています。