運転免許証は3種類に色分けされていますが、それぞれどのような意味があるのでしょうか。また、免許証を紛失してしまった場合はどう対処すればいいのかなど、免許証について調べてみました。

グリーンの免許証は新規取得した最初の1度だけ交付される

 運転免許は3年(または5年)ごとに更新が必要です。しかし、普段は免許証を財布などに入れっぱなしで、更新時期を覚えていない人も多いのではないでしょうか。

 とくに、平成時代に免許を取得・更新した人は、令和の現在でも有効期限の表記は平成のままとなり、意外に更新のタイミングを把握していないものです。

 免許証の色によって、更新できる期間や更新手続きの場所が変わってくるのですが、どのような違いがあるのでしょうか。

 免許証の色分けは「講習区分」と呼ばれる免許更新に必要な講習の種類に準じています。免許を取得した期間が短い順から紹介します。

●初回運転者

 運転免許を取得してから初めて更新する人が受ける講習です。違反や事故歴がない人や、軽微な違反が1回なら、この『初回運転者』の講習を受けて免許更新となります。

 免許の有効期限は3年で、初回運転者を受けるとグリーンから一般のブルーに変更されます。

 更新場所は、各都道府県の運転免許試験場で、2時間の講習を受講。更新手数料2500円+講習料1350円の3850円が必要です。

●違反運転者

 過去5年間で3点以下の違反が2回以上、または4点以上の違反や事故歴がある人が受講する講習です。こちらも2時間の講習を、各都道府県の運転免許試験場で受ける必要があります。

 免許証の色はブルーで、次の免許更新までの期限は3年です。更新手数料2500円+講習料1350円の3850円が必要です。

●一般運転者

 同じブルーの免許証でも、過去5年間で3点以下の違反が1回で事故歴のない人が受講する区分になります。講習は1時間となり、運転免許試験場だけでなく、各都道府県の運転免許更新センターという施設でも更新が可能になります。

 初回運転者や違反運転者よりもスムーズに手続きでき、更新料も手数料2500円+講習料800円の3300円で済みます。

 またブルーの免許証でありながら有効期限は5年になります。

●優良運転者

 いわゆるゴールド免許で、過去5年間で違反や事故歴のない人が該当します。

 講習は30分となり、運転免許試験場だけでなく、各都道府県の運転免許更新センターや指定された警察署でも更新が可能です。

 更新料も手数料2500円+講習料500円の3000円で、有効期限は5年です。

 なお、ゴールド免許を所有していると、任意保険の保険料が割安になるなどの特典があるのも大きなメリットです。

免許証の紛失中に運転すると違反になる!?

 免許の更新は、免許の有効期限が切れる誕生日の前後1か月、計2か月間の猶予が与えられています。

「運転免許更新のお知らせ」は、多少ばらつきはあるものの、誕生日の31日から40日前に各地域の公安員会からハガキで送られてきます。

 免許証に記載されている住所に届くようになっているので、引越しなどで免許証の住所変更手続きを済ませていないと、以前の住所にハガキが届いてしまうので注意が必要です。

 しかし、ハガキが届かなかったり紛失してしまった場合でも、免許の区分確認などで多少の時間はかかりますが、通常通り更新することが可能です。

 免許の更新時期を過ぎてしまった場合は、1日でも早く更新手続きをしたほうが得策です。なぜなら、更新時期を過ぎてしまった場合の対応は、失効からの期間で大きく変わってくるからです。

●免許失効から6か月以内

 6か月以内であれば、学科試験と技能試験が免除され、適性試験(視力検査など)だけで更新が可能です。

 ただし、所定の講習を受ける必要がある上に、区分によって講習内容も違い、さらに住民票や申請料は別途かかるので、5000円前後の出費になります。

●免許失効から7か月から12か月以内

 大型免許と普通免許に限っては、所定の講習と適正試験を受けると仮免許が取得できます。

 この仮免許を取得して、5日以上の路上教習を教習所などで受講してはじめて、試験場で学科と技能試験が受験できるようになります。

●免許失効から1年以上

 残念ですが、初心者として新たに免許を取得しなければいけません。

 入院や長期の海外出張など止むを得ない事情がある人は、免許証が失効してから6か月以内に手続きすれば、学科試験と技能試験が免除になります。

※ ※ ※

 通常の更新だけでなく、気をつけたいのが免許証の紛失です。財布のなかに入れておいて、丸ごと紛失してしまうこともあるでしょう。

 そんなとき、初めにすべきことは、最寄りの警察署、または紛失したであろう地域の警察署に運転免許証の「遺失物届」を提出することです。最近では、オンラインで申請できるところもあります。

 また、手元に免許がない状態ということは「免許証不携帯」となり、反則金の対象になります。運転は免許証が見つかるか、再発行されるまで運転はできないのでご注意ください。

 免許証の再交付は、運転免許試験場や運転免許更新センターで可能ですが、代理人による申請はできないので、必ず本人が申請する必要があります。

 本人の住所や氏名、生年月日がわかるもの(住民票かマイナンバーカード、健康保険証など)と、再交付料3500円を払えば再交付されます。

 また住民票がある地域の警察署でも手続きできますが、試験場や免許センターが即日発行なのに対し、警察署の場合は2週間程度時間がかかるといわれています。

 免許更新は面倒ではありますが、運転をするためには必ずしなければいけない手続きのひとつです。

 また、うっかり失効してしまうと、手間もお金も余分にかかってしまうので、更新のお知らせハガキが届いたらできるだけ早めに更新するようにしましょう。