現在、新品で販売されているチャイルドシートのほとんどは、3点式シートベルトかISO FIXで固定することが前提で、古いクルマに装備されている2点式シートベルトでは装着できません。2点式シートベルトの席で安全に使えるチャイルドシートはないのでしょうか。

2点式シートベルトが装着されたクルマはいまも多く存在

 現在、新品で購入できるチャイルドシートのほとんどは、3点式シートベルトまたはISO FIXで固定することが前提です。しかし、2点式シートベルトが設置されるクルマも依然として存在します。2点式シートベルトの席で安全に使えるチャイルドシートはないのでしょうか。

 1959年にボルボが初めてクルマ用の3点式シートベルトを開発して60年が経過した現在、日本や欧州の主要メーカーが作るクルマの座席には、ほぼすべて3点式シートベルトが標準装備されています。

 日本の法律では2012年7月1日以降、新車で販売される乗用車は後席の中央席を含めてすべての席に3点式シートベルトの設置が自動車メーカーに義務付けられました。

 日本における3点式シートベルトの設置義務の歴史を振り返ってみましょう

・1975年4月1日:運転席・助手席には一部例外を除いて3点式、後部座席にもシートベルトを設置する

・1987年3月1日:例外なくすべてのクルマに関して運転席・助手席には3点式シートベルトを設置する

・1994年4月1日:後部座席の側面席(左右窓側の席)について3点式を設置する

※2000年4月:チャイルドシート使用義務化

・2012年7月1日:後部座席の側面席に加え中央席も3点式にすると同時に、ISO FIXチャイルドシート装着のための金具を全車標準装備する

 日本国内における前席3点式シートベルトや後席シートベルトの設置義務は1975年に始まっていますが、1994年3月末までに製造されたクルマにおいては、後席3点式シートベルトの設置義務はありませんでした。

 そのため、1994年3月末以前に製造されたクルマでは古ければ古いほど後部座席が2点式シートベルトである比率が高くなります。

 一般財団法人自動車検査登録情報協会の資料によると、後席3点式シートベルトが義務付けではない1994年3月末までに製造された乗用車(小型+普通)は、日本国内において2019年3月末時点で110万1571台が保有されています。

 さらに、2012年6月30日までに製造された乗用車のなかには、後部座席の中央席が2点式シートベルトになっているクルマも存在します。

 もし、後部座席の一列にチャイルドシートを3つ装着する場合、中央席では2点式シートベルトで取り付けができるチャイルドシートを選ぶ必要があります。

 なお、2012年7月1日よりチャイルドシートメーカーが新たに出荷できるチャイルドシートは「ECE R44/04」という安全基準を満たしたものになり、この基準を満たした0歳から4歳用のチャイルドシートは、原則として3点式シートベルトまたはISO FIXのみの対応です。

旅客機でも使える!? 2点式シートベルト対応のチャイルドシートとは

 現在、2点式シートベルトで使える新品のチャイルドシートは存在するのでしょうか。

 結論からいうと、種類は少ないのですが存在します。日本に正規輸入されている唯一のブランドとなるアメリカのイーブンフロー社の製品に、2点式シートベルトで使えるタイプがあります。

 正規輸入元である、トライスターインターナショナル株式会社に聞いてみたところ、以下の製品が2点式シートベルト対応とのことでした。

●ベビーシート

・「ライトマックス」

・シビー・トラベルシステム付属の「ライトマックス」

・バイブ・エリート・トラベルシステム付属の「エンブレイス」

●コンバーチブル(乳幼児兼用)・チャイルドシート

・「シュアライド」

・「トリビュート LX」

 なお、上記製品は3点式シートベルトと米国基準ISO-FIX(ラッチ方式)にも対応しています。

 ここで紹介したイーブンフロー社のチャイルドシートは、ECE R44/04の基準は満たしていませんが、アメリカのチャイルドシートに関する安全基準「FMVSS213」を満たしているので、2点式シートベルトのシートに装着する際にも安全性に問題はありません。

 また、3点式シートベルトのシートにも装着できるので、マイカー以外に、実家のクルマやレンタカー、カーシェアなどで使う際にも安心です。

 ただし、正しい取り付けができるかどうか、必ず購入前に取り付け車種との適合を確認しておきましょう。イーブンフロー社の公式サイトで確認が可能です。

 また、2点式シートベルトのクルマにチャイルドシートを取り付けるもうひとつの選択肢は、2点式シートベルト対応の中古のチャイルドシートです。

 中古品であれば、コンビやアップリカなどおなじみのブランドのチャイルドシートのなかにも、2点式シートベルトに対応したものが存在します。

 ただし、2点式対応の中古チャイルドシートのなかにはかなり古く、メーカーが推奨する使用年数を過ぎたものもあります。10年以上経過した中古チャイルドシートは内部劣化の不安もあるため、あまり推奨はできません。

※ ※ ※

 日本では飛行機のなかでチャイルドシートを使う人は少ないのですが、アメリカでは小さな子どもを連れて移動する際、ふだん使っているチャイルドシートを飛行機に持ち込んで使うことも珍しくありません。

 また、意外に知られていませんが多くの航空会社では、大人1名に対し2歳未満の子どもを2名連れて搭乗する場合、うち1名の子ども用にチャイルドシート(と小児用運賃)が必要になります。

 飛行機のシートベルトは腰部分のみの2点式となるため、使用が認められているチャイルドシートは2点式シートベルトで使用可能で、航空会社が定めた安全基準に適合したものになります。

 といっても、親ひとりで小さな子ども2人を抱え、さらにチャイルドシートを持ち込んで使うことは、現実的とはいえません。そのような場合には機内で使える無料の貸し出し用チャイルドシートを使う手もあります。

 日本航空の場合、貸し出し用のチャイルドシートはイーブンフロー社の「トリビュートスポーツ」を使用しており、設置する座席によってはブリタックス社の「ラウンドアバウト」を使用する場合もあるそうです。

 貸し出しに対応していない航空会社もあるので、予約時に確認をしておけば安心です。