フルサイズの「エスカレード」を頂点とするキャデラックSUVラインナップ。そのなかで「XT6」はエスカレードのすぐ下を担う全長5mを超える3列6人乗りのモデルとなる。2020年1月に日本上陸をはたしたニューカマーのXT6に、モータージャーナリスト岡本幸一郎が試乗した。

3列目に大人が座っても余裕 室内はクラストップレベルの広さ

 頂点に「エスカレード」が控え、中核モデルとして「XT5」がラインナップされているキャデラックのSUV。その間を担うモデルとして2019年1月のデトロイトショーで世界初公開された「XT6」が、2020年1月1日に日本でも発売された。

 全長5060mm×全幅1960mm×全高1775mmというスリーサイズは、全長がXT5よりも235mm長く、エスカレードよりも135mm短い。ホイールベースはXT5と同じ2860mmながら、XT5が2列シート5人乗りであるのに対し、XT6は3列シート6人乗りとなる。

 日本導入されるのは、価格870万円の「プラチナム」のモノグレード。XT5も20万円ほど値下げされ、650万円〜785万円となったタイミングであり、XT6はもともと割安感のある設定といえる。1377万円からのエスカレードに比べると、ずいぶんリーズナブルに感じられる。

 最新のキャデラックSUVのデザイン哲学を取り入れた外観は、縦長の灯火類や尖った意匠など、やや奇抜な面を見せてきた近年のキャデラックからすると、意外とオーソドックスにまとまった印象を受ける。

 このほど本国で発表された次期エスカレードもこうだったので、これがキャデラックの新しい方向性ということのようだ。よく見るとボディパネルの造形や薄く配されたキャラクターラインが、絶妙にプロポーションの美しさを引き立てている。

 室内空間はクラストップレベルをアピールしているとおり、かなり広々としている。

 デザインテイストはモダンながら欧州勢とは異質の風合いを見せるレザーやウッドを多用するとともに、ところどころにリアルカーボンやメタルをアクセントに配したインテリアの雰囲気も独特だ。右ハンドルの設定がないのは日本市場では不利となるのは否めないが、左ハンドルだからこそ欲しいという人も少なくないことだろう。

 2列目のシートのつくりや居住空間も十分で、満足感は高い。さすがにエスカレードほど豪奢ではないにせよ、アメリカンラグジュアリーな雰囲気は十分に伝わってくる。頭上に広がる「ウルトラビューパノラミック電動サンルーフ」がもたらす開放感もゴキゲンだ。

 後席ドアから3列目にアクセスするときは、2列目の肩のレバーを引くとシートの座面が下がり、そのまま前にスライドできて乗り降りしやすくなる。もしくは2列目の左右席の間をウォークスルーするとよい。

 その3列目が、思ったよりも広くて驚いた。記憶からすると2列目は「王様」仕様ながら、3列目はそれほど重視されていない印象を受けたエスカレードよりも、とくに足元はずっと広い。XT6もヒール段差はそれほどないが膝前はなんとかなるし、平均的な成人男性の体格である筆者が座っても頭上には余裕がある。

 3列目を立てても荷室のスペースがそこそこ確保できるのも助かる。ラゲッジスペース側面のスイッチで2列目と3列目のシートアレンジの大半を電動で操作可能で、フルに倒すとかなり広くてフラットな空間をつくりだすこともできる。

かつてのアメ車のイメージとは異質の軽快な走り

 エンジン性能が400Nmクラス(350Nm超、450Nm未満)であることを示すテールゲートの「400」のバッジのとおり、自然吸気の3.6リッターV型6気筒直噴エンジンは、最高出力314ps/6700rpm、最大トルク368Nm/5000rpmを発生する。

これに9速ATとモードセレクト機能を備える「インテリジェントAWD」が組み合わされる。

 エンジンパワーをあまり必要としない状況では2気筒を一時的に休止させたり、条件が揃うとプロペラシャフトから後ろを切り離す機能など、燃費にも配慮している。

 欧州勢に多いターボ付きのような低中回転域でのトルクこそないとはいえ、吹け上がりはなめらかで自然吸気らしく素直な特性によりいたって乗りやすい。中排気量の自然吸気V6ユニットならではの良さを感じる。

 専用のスタジオサラウンドサウンド14スピーカーシステムが臨場感あるサウンドを提供する、Boseが手がけたアクティブノイズキャンセレーションが静粛性を高めてくれるおかげで、長時間のドライブでも疲れ知らずだ。

 最新のインテリジェントAWDはエンジントルクの最大100%をフロントまたはリアに伝達可能で、前輪駆動をベースに状況に応じて前後輪のトルク配分を最適に制御する。

 さらに電子制御リアデファレンシャルはリアに伝達されたトルクを後輪の左右いずれかに100%まで配分可能となっている。これにより、左右で路面ミューが異なり片側の車輪がスリップしてしまうような状況でも、問題なく走破することができる。

 リアルタイムダンピングサスペンションシステムを備えたフットワークの仕上がりも申し分ない。

 かつてのアメ車のイメージとはまったく異質の、現代的なチューニングの施されたハンドリングは応答遅れもなく、動きが素直かつ穏やかで過敏なところもなく、いたって乗りやすい。

 2トンを超えるクルマながら、その走りは軽快ですらある。その点は、いわば重厚長大であることもむしろ味わいとしているであろうエスカレードとは、サイズ感こそそれほどかけ離れていないながらも、趣を大きく異にする部分といえる。

 重心高はそれなりに高いが、同じく現代的にひきしまった中にもしなやかさを併せ持った足まわりは、バネ上のふらつきを抑えつつ路面からの衝撃をやさしく包み込むかのようにいなして乗員に不快な思いをさせることはない。また、運転を交代してもらい助手席や2列目にも乗ってみたところ、乗り味の差が小さく後席も快適性が高く保たれていることも印象的だった。

 安全装備も非常に充実しており、ひととおりの先進技術を駆使した機能を搭載している。

 特徴的なものとしては、いちはやく導入したリアカメラミラーや、危険の迫る方向のシート座面を振動させてドライバーに警告するというキャデラックが特許を持つ「セーフティアラートドライバーシート」が挙げられる。このシートは音ではなく振動でドライバーのみに知らせるので、他の乗員に気をもませることがない点でも画期的だと思う。

「ダイバーシティ」、「セーフティ」、「アメリカンラグジュアリー」の3本を柱とするキャデラックのSUV戦略に加わったXT6は、相当に高い実力の持ち主であった。日本の輸入高級SUV市場はドイツを中心とする欧州勢が圧倒的に強いわけだが、キャデラックの底力をヒシヒシと感じさせたXT6もまた大いに注目すべき存在であることをお伝えしておきたい。

CADILLAC XT6 Platinum
・車両価格:877万円
・全長:5060mm
・全幅:1960mm
・全高:1775mm
・ホイールベース:2860mm
・トレッド前/後:1685mm/1685mm
・車両重量:2110kg
・エンジン形式:V型6気筒(3L)
・排気量:3649cc
・駆動方式4WD
・変速機:9速AT
・最高出力:314ps/6700rpm
・最大トルク:368Nm/5000rpm
・サスペンション前/後:ストラット/マルチリンク
・ブレーキ前/後:Vディスク/Vディスク
・タイヤ前後:235/55R20