最近、見かける機会の多くなったセルフ式のガソリンスタンド。自分で給油する際、満タン近くになると自動で給油が止まる機能がありますが、どのような仕組みなのでしょうか。そして、それ以上に給油するとどうなるのでしょうか。

給油ガンの自動ストップの仕組み

 セルフ式のガソリンスタンドで給油をする際、満タンになると自動で給油がストップする機能がありますが、どのような仕組みなのでしょうか。そして、それ以上に給油するとどうなるのでしょうか。

普段、給油している人にとっては当たり前のオートストップ機能ですが、給油ガンに触れたことがない人には、「どうやって満タンがわかるの?」と疑問に感じることもあるようです。

 満タンになると自動でストップが働く仕組みは「ベンチュリ効果」という現象が関係しています。流体力学のひとつで、流体の流れを「絞る」ことで、液体の流速を増加させて圧力を発生させる機構となり、ホースの先をつまむと、水の勢いが増すのと似ています。

 給油ガンの先端には、燃料が出てくる穴のほかに、満タンを感知するための小さな穴が開いています。満タンになるとこの小さな穴が塞がれ、タンク内部の管が真空状態になることでセンサーが働き、給油がストップするのです。

 このオートストップ機能があることによって、誰が給油をしても溢れることなく、安全に給油をすることができます。

 しかし、セルフでの給油に慣れているユーザーのなかには、自動停止後もさらに給油を続け、給油口ギリギリまで燃料を入れてしまうといったケースも珍しくありません。では、溢れなければギリギリまで入れても良いのでしょうか。

 結論からいえば、絶対にやってはいけないNG行為です。燃料のなかでもレギュラーガソリンはとくに危険で、揮発性が非常に高いうえに引火点は-40度と非常に低く、簡単に引火する恐れがあります。

 そのため、給油口ギリギリまで入れてしまうと、気化したガソリンが外に飛び出しやすくなり、静電気が引き金となって引火する可能性も高くなるのです。

 また、車種によっては給油口と燃料タンクを繋いでいる配管が腐食しやすいほか、ゴムホースが緩んでくることもあるため、走行の揺れによって燃料が漏れ出す恐れも考えられます。

 給油時の注意点について、ガソリンスタンドのスタッフは以下のように話します。

「もし吹きこぼれてしまった場合、クルマによっては塗装を溶かしてしまったり、劣化を早めてしまう可能性があります。

 最近のクルマであれば、ストップした時点でほぼタンクは一杯になり、それ以上給油しても1リッター程度ではないかと思います。また、レンタカーでも『給油は自動でストップするまで』とお願いしているところもあるようです」

※ ※ ※

 給油時の油断は大惨事を招く可能性もあり、正しい給油手順とルールの確認を再認識しましょう。

燃料タンクの容量はどれくらい? バイクではどうする?

 燃料タンクの容量は車種によってそれぞれ違いがあり、トヨタ「プリウス」は約43リッター、「アルファード」は約75リッターとクルマの大きさによってばらつきがあります。

 しかし、この数値は給油でガソリンを入れることができる量ではなく、燃料の膨張率を考慮された「タンク自体」の容量です。

 燃料はタンクのほかにも、配管やエンジンルーム内のフィルター内部にも常時流れているため、その分量だけ多く溜めることができます。

 ちなみに、真夏の気温が高い日と、極寒のマイナス気温の日では、燃料の膨張によりガソリンの体積が変わることもあるようです。

 また、バイクの場合はオートストップ機能が作動しない場合や、作動してもしぶきが溢れることもあるため、目視での確認が大切だといいます。

 バイクでのセルフ給油のコツは、タンクの半分を過ぎたら給油を緩め、ギリギリまで満タンにせず給油口から2cmから3cmほどで止めると良いとされているようです。