ひと昔前まで、ヘッドライトは「自分でつけるもの」でしたが、最近ではオートライト機能やデイライトを搭載するクルマが増えてきました。義務化されることに伴って、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

オートライト義務化でライトが消せなくなる?

 クルマのヘッドライトを自動点灯する「オートライト」が2020年から義務化されます。ひと昔前まで、ヘッドライトは「自分でつけるもの」でしたが、最近ではオートライト搭載車が増えてきました。義務化に伴ってどのような変化があるのでしょうか。

 2016年10月に、道路運送車両の保安基準が改正され「オートライト機能」の搭載が義務化されました。

 実際に適用される時期は、新型車が2020年4月以降から、継続生産車が2021年10月からとなります。また、定員11人以上のバスなどの乗用車や、車両総重量3.5t超のトラックは、新型車が2021年4月から、継続生産車が2023年10月からとなっています。

 そもそも「オートライト機能」とは、どのような機能なのでしょうか。日産販売店のスタッフは、以下のように話しています。

「オートライト機能は、クルマのヘッドライトを自動的にオン・オフしてくれる機能です。昼間など明るいときは消えていて、夕暮れどきなど、周囲が薄暗くなると自動的にヘッドライトが点灯します。

 また、オートライト機能は、日中でも雨が降ったり、悪天候で暗い場合に点灯することもあります。日産のクルマでは、『デイズ』のほかにも、『セレナ』に同様のオートライト機能があります」

 オートライト機能は、日中でもヘッドライトがつきっぱなしになるのではなく、ライトのオン・オフを自動的におこなってくれるものだということがわかります。

 実際に、日産の軽自動車「デイズ」のウインカーレバーを確認してみると、今まであった「OFF」が無くなり、一番最初に「オート」が存在。次に、「ポジションランプ(車幅灯)[k1]」「ヘッドランプ」のスイッチがあり、どのポジションであっても「ライトは必ず点灯する構造」へと変わっているのです。

 一見するとライトの付け忘れを防止できる便利な機能と思えますが、オートライト機能の義務化によって、生じる問題もあるようです。キャンプを趣味にしている会社員の男性は、以下のように話しています。

「キャンプ場や道の駅で車中泊をすることもあるので、オートライトが義務化されると『光害』が心配です。

 今は、エンジンをかけていてもヘッドライトやポジションライトを消すことができるのですが、新しいクルマだと『デイライト』のような、ライトがオフの状態でも点灯するものがあるので困ります」

 キャンピングカーのような発電機を持たないクルマでは、エアコンを使う場合はエンジンをかけなければバッテリーが上がってしまいます。そのため、車中泊をする際にエアコンを使う場合はエンジンもかける必要がありますが、オートライト機能が義務化されることで、停車中にエンジンをかけていると自動的にライトも点灯していまいます。

 オートからポジションライトにすることでヘッドライトを消すことはできますが、それでも点灯してしまうことに変わりはありません。

 また、近年は「デイライト」を装備しているクルマもあります。その場合、スイッチがオフの位置でもエンジンをかけてれば常にデイライトが点灯するため、近年のクルマは「完全にライトを消すこと」が難しくなっているといえるでしょう。

 デイライトとは、「デイタイムランニングランプ(昼間走行灯)」とも呼ばれ、国土交通省の「道路運送車両の保安基準の細目を定める告示」によれば、光度は1440カンデラ以下であることとされています。

 Appleのスマートフォン「iPhoneX」の液晶画面が、最大輝度625カンデラとされていますので、デイライトはその2倍以上の明るさになり、クルマのデイライトの発光部分はスマートフォンよりも大きいため、かなりの明るさになると想像できます。

※ ※ ※

 国土交通省の改正概要によれば、オートライト機能について「自動点灯に係る機能については、手動による解除ができないものでなければならないこととします」とされています。

 そのため、これまでライトを消灯して路上駐車などをしていたユーザーにとっては、エンジンを始動させたまま冷暖房を使っているとライトが点灯するため、周囲から注目されることもあり、不要な路上駐車が減るかもしれません。

なぜ、オートライトは義務化された?

 近年のクルマのメーターパネルは、自発光式の液晶メーターが採用されています。

 そのため、夕暮れどきや夜間になっても室内が明るく、街灯の多い幹線道路ではヘッドライトを付け忘れる「無灯火」のクルマを見たという目撃例も少なくありません。

 警視庁の資料によれば、1日のうち17時から19時がもっとも交通事故構成率が高い時間帯であるとされています。この時間帯は冬であれば周囲が夜のように暗くなり、夏でも薄っすらと暗くなり始める時間帯であるため、日中に比べて歩行者や対向車を視認しづらくなります。

 オートライト機能の義務化は、こうした夕暮れどきの事故を減らすべく、ヘッドライトの点灯忘れを防止する目的で実施されたといえるでしょう。

 実際に、薄暮時の事故に遭遇した例もあります。都内の会社員の男性は、以下のように話しています。

「知り合いの祖父が自転車で横断歩道を横断中に、クルマと衝突する事故がありました。そのときは10月の17時くらいで、周囲はだいぶ暗かったです。

 事故が起こったのは見通しの良い直線道路でしたが、ヘッドライトをつけていても空の明るさと道路の暗さの差がある時間帯なので、クルマは歩行者や並走する自転車に気づかないこともあるのだと思います」

※ ※ ※

 オートライトは、トンネルなど暗い場所に進入すれば、自動的にヘッドライトが点灯し、明るい場所に出れば自動的にヘッドライトが消灯する便利な機能です。

 光度センサーと呼ばれる装置が周囲の光を検知し、明るさが1000ルクス未満になると前照灯を点灯します。

 日が暮れ始める夕方には1000ルクスを下回るとされているため、薄暮時の交通事故防止に、オートライト機能が果たす役割は大きいといえるでしょう。