2018年6月に日本でも登場したアルピーヌのスポーツモデル、A110。軽量な「A110ピュア」と豪華装備満載の「A110リネージ」、そしてよりハイパワーで足回りを強化した「A110S」と3種のモデルを展開しているが、今回A110リネージに試乗し、110Sとの違いを考えてみた。

世界中で好調なスポーツブランド「アルピーヌ」

 アルピーヌが世界的に好調だという。ルノーグループの2019年世界販売を見てみると、アルピーヌの実績は、2018年の2094台よりもおよそ2.3倍多い4835台となっている。

 ただしこれは、アルピーヌ人気が2019年になって爆発的に増えた、というよりも、アルピーヌモデルを生産するフランス・ディエップ工場の体制が整ってきたことを意味している。一時期、世界中で3000台以上のバックオーダーを抱えていたが、それもようやく解消されつつあるようだ。

 2020年は世界的なコロナ禍のためにまったく先が見通せないが、それでもアルピーヌはすでに多くのファンの心を掴んでいる。

 アルピーヌは2016年に復活、2017年よりA110が登場した新しいブランドだ。

 日本では2018年8月にA110の限定モデル「プルミエール・エディション」が上陸、同年11月に「A110ピュア」「A110リネージ」というカタログモデルが登場している。

 さらに2019年11月には、新型の高性能モデル「A110S」を発表、2020年2月からすでに納車が始まっている。

※ ※ ※

 今回試乗したのは、A110リネージの左ハンドル仕様。A110リネージはボディカラーにより価格が異なり、試乗車のグリトネールM(メタリック)は844万4000円、ブルーアルピーヌMは856万6000円となる。

 A110の「ピュア」と「リネージ」というグレードの大きな違いは、車両重量が1110kgのピュアに対し、リネージは1130kgと、20kgの差があるという点。

 この重量差は、ピュアにはSabelt製の軽量モノコックバケットシートが装備されるのに対し、リネージはシートリフター/リクライニングやシートヒーターが付いたSabelt製のスポーツシートになること、さらにオーディオがピュアはFOCAL製の4スピーカーなのに対し、リネージはそれにプラスしてサブウーファーが標準装備されることに由来する。

 ちなみにA110ピュアは右ハンドルのみで、ボディカラーがブラングラシエ(注文生産)だと804万6000円、ブランイリゼMとブルーアルピーヌMだと826万円だ。

※ ※ ※

 全国14店舗のアルピーヌディーラーを立ち上げ、日本での人気も上々のこのモデルでも、2019年の販売台数は約350台と、まだ絶対的な台数は少ない。個人的には一般道でA110に遭遇した経験はいままで1度しかないためか、いまだに新鮮に映るし、都会の道を走行している際、やはり街行く人々の視線も感じる。

 全長4205mm×全幅1800mm×全高1250mmと、低くワイドでコンパクトなボディ。短めのボンネットフードに流麗なリアセクション。ボディ中央にドライバーを配置する、まさに軽量ミッドシップスポーツモデルを象徴するスタイリングを持つ。

 イマ風でありながらも、フロントの4つの独立した丸目LEDヘッドランプやボンネット中央に走るスパイン(脊柱)など、1962年に登場したオリジナルの「アルピーヌA110」のデザインアイコンが散りばめられることで、クラシカルな雰囲気をも醸し出しているのも特徴だ。新しく復活したブランドながら、往年のストーリーを纏うことができる。それこそが、このアルピーヌブランドの強みといえるだろう。

 包まれ感のあるコックピットは、目の前にあるTFT液晶のメーターやシフトセレクターボタンなど非常に現代的ながら、カーボンやアルミ、ブラウンレザーを巧みに配置して、シックなインテリアに仕上がっている。ここもエクステリア同様、伝統と革新がバランス良く巧みに配置されているのに感心する。

 助手席側のコンソールにあるスロットにカードキーを挿し込み、センターコンソールのスタートボタンを押すと背後のエンジンが目覚める。このカードキーが、「メガーヌ」など他のルノー車と同じデザイン/質感なところはちょっと興ざめ。もう少しオーナーの所有欲をくすぐる鍵なら嬉しいのに。

意のままのハンドリングで爽快なドライビング

 搭載するエンジンは、1.8リッター直列4気筒ターボの「M5P」型になる。

 これはメガーヌR.S.(ルノー・スポール)に搭載しているエンジンと基本的に同型だが、出力・トルクは252ps・320Nmと抑えられている。ちなみにメガーヌR.S.は279ps・390Nm、メガーヌR.S.トロフィーは300ps・400Nm、そして新たに登場したA110Sは、292ps・320Nmというスペックとなる。

 組み合わされるトランスミッションは7速EDC(DCT)。ラテン系のクルマらしく、パドルシフトはステアリングコラムに直付けされた大型パドルを採用する。

「D」ボタンを押し、クルマを発進する。

 アイポイントは低く、這うようなスタイリングを持つこのようなスポーツモデルの場合、往々にして乗り心地は二の次になりがちなのだが、A110は荒れた路面の街乗り時でも、一切我慢が必要ない。足はよく動き、細かいギャップをいなしていく。とかくスポーツカーにありがちな、視点の上下動がないために、長い時間運転していても疲れが少なく感じる。

 A110の本領を発揮するのは、やはりワインディング。ある程度のロールを許容しながら、それでも4輪の接地感を常に保ったまま、コーナーをヒラリヒラリとクリアしていく。

 ガチッと踏ん張るドイツ車的スポーティさではなく、あくまでもボディの軽さをベースにした往年のフレンチスポーツの味。これはルノー・スポール(R.S.)モデルの味ともまた異なるもので、なんというのか、そのスポーティさのなかに艶がある。

 コーナー手前でブレーキングをおこないつつ、左手側の大型パドルを引きシフトダウン。軽やかにノーズが入っていき容易くクリッピングポイントに付く。そこからアクセルペダルを撫でるように踏み込んでいくと、お尻のあたりがムズムズするような、ミッドシップ(MR)レイアウトのモデルらしい感覚も味わえる。

 いや、これはテールハッピーという印象ではなく、ある程度のリアの滑りを許容してくれるMRらしい味。思い出したが、この感覚はポルシェの初代「ケイマン」を彷彿とさせるものだ。現行型「718ケイマン」では感じられないので、ある意味どこか懐かしい感覚でもある。

 252馬力/320Nmのエンジンは、スペック的にはそれほどパワフルというものではないが、このA110の軽さとマッチしていると思う。もちろん追い込んでいけばそれに応えてくれるポテンシャルはあるのだが、シャカリキになって運転しなくても、A110は十分にそのスポーツ性を楽しめる。こういった味付けはフランス人の得意とするところだろう。

 日常の街乗りでも我慢することなく、いざワインディングに持ち出せば意のままのハンドリングで爽快なドライビングを可能とするA110。

 もちろん2シーターモデルだから、フロントボンネット下とリアに荷室スペースがあるとはいえ、2人乗車しながらキャディバッグは積載できないし、ポルシェ「911カレラ」のように、手持ちのブリーフケースをリアシートにさっと置いて2人でドライブデート、的な芸当もできない。ちょっと疲れたからシートバックを倒して小休憩、なんてことも難しい。

 クルマにいろいろな要素を求める人は、それこそミニバンでも買えばすむ話だろう。2人でゴルフに行くなら、キャディバッグは先に送ってしまえばいい。休憩するなら、クルマを降りて喫茶店でコーヒーでも飲めばいい。

 そういう意味では、A110は相当贅沢な1台といえるのではないだろうか。

※ ※ ※

 先日、アルピーヌ「A110S」の試乗会が筑波サーキットで開催された。サーキットというクローズドのフィールドで考えると、40馬力アップしてシャシも固められているA110Sのほうが走りやすく、そして速いのは確かだった。タイムアタックを考えると、ノーマルエンジンのA110は、ちょっと物足りなく感じたところもある。

 ただ、ある程度のロールを許容しながら、ヒラヒラと軽やかに、そしてリズミカルにワインディングのコーナーをクリアしていく感覚は、こちらA110リネージに分がある。A110Sをまだサーキット以外で試してはいないが、A110と比べたら街乗りでの乗り心地は硬めに感じるだろう。

 どちらにせよA110とA110S、いざ購入しようとなれば相当悩ましい選択になるのだが、どちらを選んでも十分に満足感は得られるだろう。これはアルピーヌというブランドの世界観が、すでに確立されているという何よりの証拠でもある。

ALPINE A110 LINEAGE
・車両価格:844万4000円
・全長:4205mm
・全幅:1800mm
・全高:1250mm
・ホイールベース:2420mm
・トレッド前/後:1555mm/1550mm
・車両重量:1130kg
・エンジン形式:直列4気筒DOHCターボ(M5P)
・排気量:1798cc
・駆動方式:MR
・変速機:7速DCT
・最高出力:252馬力/6000rpm
・最大トルク:320Nm/2000−5000rpm
・サスペンション前/後:ダブルウイッシュボーン/ダブルウイッシュボーン
・ブレーキ前/後:Vディスク/Vディスク
・タイヤ:前205/40R18、後235/40R18
・0−100km/h加速:4.5秒
・最高速度:250km/h
・JC08モード燃費:14.1km/L