スズキ「ジムニー/ジムニーシエラ」をメルセデス・ベンツ「Gクラス」のように仕立てるカスタマイズ。なぜ、小さなジムニーをGクラスに変身させるカスタムパーツを開発したのでしょうか。

なぜジムニーをGクラスにカスタム?

「まるで小さなGクラス!」。そんなカスタマイズ仕様のスズキ「ジムニー&ジムニーシエラ」として、スタイリングパーツメーカーのダムドがラインナップする「little G.」。

 実車をみても、モチーフとなっているメルセデス・ベンツ「Gクラス」の雰囲気をしっかりと再現していて驚くほどです。そんなlittle G.に施された工夫やこだわりはどんなところにあるのでしょうか。

 little G.を制作した背景について、ダムドの面高翔五さんは次のように話します。

―どうしてジムニーをGクラスに変身させようと思ったのでしょう。

 新型ジムニーが登場するとき、まだ正式発売前にスクープ記事が出回っていたころから海外で『ベビーG』と呼ばれていました。

 大きさはまったく違うけど、確かにGクラスのような雰囲気がある。そこで、Gクラスの弟分のようにカスタマイズして楽しもうと思ったのです。

―ジムニーシエラやジムニーをベースにしながらもGクラスの雰囲気を出すテクニックは、どんなところにあるのでしょうか。

 まずは、グリル&ヘッドライトまわりやバンパーといったフロント部分のデザインですね。ジムニーシエラ用はオーバーフェンダーを組み合わせますが、純正のオーバーフェンダーに比べてlittle G.は厚みを抑え、平べったくて角ばった形状としています。また、サイドモールもGクラスっぽく見せるには欠かせません。

―とはいえ、デザインに破綻がないように感じます。ジムニーの一部分だけをGクラスにそっくりとしても、バランスが乱れてしまう気がするのですが。

 そこが腕の見せ所ですね。たとえばフロント部分も、よく見るとGクラスとは違う形状です。しかし、ベース車両であるジムニーのデザインに溶け込むように作っているから違和感がないと感じてもらえるのではないでしょうか。

 ベース車両のイメージを壊さず、その延長線上とするようことでスタイルが破綻するのを防いでいるんですよ。

―little G.のようにデザインモチーフがあるクルマを作る際に、心がけているのはどんなことですか。

 オマージュカスタムは、中途半端にやるとダサくなりがちです。やるなら妥協しない。そしてリスペクトを忘れないことです。

 実は、デザインしていないようで、デザインにものすごく注意を払っています。単にGクラスのデザインをサイズだけ小さくするだけでは、little G.のようにはなりません。

※ ※ ※

 新型ジムニーの四角いフォルムはGクラスに似ています。little G.はそれをモチーフにした遊び心ですが、それにしても雰囲気がしっかり作りこまれていることに驚きます。

 単に小さくしているだけではない部分のひとつが、フロントウインカーでしょう。丸いヘッドライト脇に縦長のウインカーが備わりますが、これはGクラスともジムニー標準車とも異なるデザイン。しかし、上手に溶け込んでいます。

 little G.の実車を見ると、しっかりと質感が保たれていることも実感します。その理由もいくつかあり、たとえばフロントグリルやバンパーには別体のメッキパーツを組み合わせることでクオリティをアップ。

 また車体側面のサイドモールは、ゴムにステンレスを組み合わせるのに加え、両端は樹脂成型で作った部品(エンドキャップ)を取り付けるなど、細部までこだわっています。そういった細かい部分をとても大切にしていることが伝わってくるし、そのこだわりが上質感のある雰囲気に反映されているといっていいでしょう。

 ボディキットは軽自動車のジムニー用(フロントグリル/フロントバンパー/フェンダーパネル/サイドモール/スペアタイヤカバー/G066エンブレム)という内容でホイール付きも選べます。

 また、デモカーのリアバンパーは純正品のシボを落として塗装していますが、塗装済みの純正バンパーも部品として設定。さらに、オーバーフェンダー&アルミステップが加わりエンブレムが「G15」となるジムニーシエラ用も別で販売されています。

 2019年の東京オートサロンで一般公開され話題沸騰となった、ジムニーを“小さなGクラス”に変身させるボディキット。話を聞くと、Gクラスに対するリスペクトを忘れず、一方で雰囲気を大切にし、全体としてのバランスを考えてデザインされていることが伝わってきました。

 このキットは大人気で、トータルでは400台分以上を出荷したとのこと。海外からも多くのオーダーが入り、なかには街乗り用にジムニーやジムニーシエラを購入したGクラスのオーナーが、街乗り用のセカンドカーにこのキットを取り付けるケースもあるそうです。