前身の「快進社」から数えると、日産には100年以上の歴史があります。その歴史のなかで数多くの名車が誕生しましたが、なかにはユニークなクルマも存在。そこで、日産の珍車を3車種ピックアップして紹介します。

商売になったのか心配するほどレアな日産車

 日産は1934年に設立されましたが、前身の快進社から数えると現在までに100年以上の歴史があります。そのながい歴史のなかで、数多くの名車が誕生しました。

 一方で、なかにはユニークなクルマも存在。そこで、日産がこれまで販売した珍車を3車種ピックアップして紹介します。

●セドリック ロイヤルリムジン

 かつて、日産の高級車というとフラッグシップに「プレジデント」があり、その下に「シーマ」、そして「セドリック/グロリア」という序列でした。

 プレジデントは運転手がいることが前提のショーファードリブンなクルマで、シーマとセドリック/グロリアはオーナーが運転するオーナードリブンという位置づけでしたが、7代目セドリックにショーファードリブンモデルがあったのは、意外と知られていません。

 それは、日産の特装車やカスタマイズカーを生産するオーテックジャパンが、7代目セドリックをベースにリムジンに仕立てた「セドリック ロイヤルリムジン」です。

 セドリック ロイヤルリムジンは1987年に発売され、ベース車のシャシを切って600mm伸ばしてつなぎ直す「ストレッチリムジン」と呼ばれる手法で製造されました。

 リアシートの足元は広大なスペースとなっており、前席と後席を隔離するパーテーションには、テレビやオーディオセットなどが装備されています。

 ほかにもオーダー次第でさまざまな装備を搭載することができ、価格は約1500万円からでした。

 なお、ロイヤルリムジンとは別にホイールベースを150mm延長した「セドリック ブロアムL」というモデルもあり、1996年に発売されています。

●240RS

 1979年にデビューした3代目日産「シルビア」は、2代目とは大きく異なるデザインの、シャープなボディラインを持つスポーティなクーペ/ハッチバックでした。

 そして1982年に、この3代目シルビアをベースとして、2.4リッター直列4気筒DOHC16バルブエンジンを搭載するレースベース車の「240RS」を発売。

 240RSは当時の世界ラリー選手権への参戦を目的に開発されたため、グループBの公認を得るために200台を製造する必要があり、市販されました。

 外観はラジエーターを積極的に冷やすために大きく拡大されたフロントグリルと、角張ったデザインのオーバーフェンダーが装着され、ベースのシルビアとは異なる迫力あるボディとなっています。

 また、内装に快適装備のたぐいは一切無く、インパネには各メーターとグローブボックスがあるだけの、ストイックな仕様です。

 エンジンは2基のソレックスキャブレターが装着され、最高出力240馬力を発揮し、実際のラリー仕様では275馬力までパワーアップされていました。

 しかし、すでに当時のWRCは4WDでないと勝てない状況で、FRの240RSはすでに時代遅れだったため、優勝こそなかったものの、1983年のニュージーランドラリーで2位、1985年のサファリラリーで3位などの戦績を残しています。

 なお、240RSは非常に希少なクルマですが愛好家が大切に所有しているケースがほとんどのため、いまでも旧車イベントなどで見ることができます。

本当なら着せ替えが可能だったモデルとは!?

●エクサ

 日産のFFコンパクトカー「チェリー F-II」の後継車として、1978年に発売された「パルサー」は、新時代のファミリーカーというコンセプトで開発されました。

 そして、2代目パルサーでは、スポーティな2ドアクーペの「パルサーエクサ」が加わり、1986年のフルモデルチェンジの際に「エクサ」に改名されます。

 エクサはクーペタイプの3ドアハッチバックで、リアハッチの形状が2種類あり、ひとつは「クーペ」で、もうひとつはステーションワゴンのような荷室の「キャノピー」をラインナップ。

 どちらのタイプもリアハッチの取り外しが可能で、リアシート側をオープンにすることができ、フロント側の屋根もTバールーフになっていたので、オープンエアドライブが楽しめました。

 しかし、外したリアハッチの置き場をどうするかという問題があったため、住環境によってはフルオープンにするのは難しかったようです。

 なお、日本仕様のリアハッチはクーペとキャノピーで互換性がなく、載せ替えることが出来ないつくりになっていましたが、海外仕様では載せ替えが可能でした。

 エクサは斬新なアイデアとスタイリッシュなデザインで当時の若者からは支持され、いまもオーナーズクラブが存在します。

※ ※ ※

 いま振り返ってみると、1980年代の日産車にはユニークなモデルがたくさんありました。なかでもパイクカーとして最初にデビューした「Be-1」や、ライトバンの「エスカルゴ」が、代表的な存在です。

 景気が良かった時代だったことに加え、日産自体も企業としてさまざまな面で余裕があったということでしょう。