ジープは2020年5月9日より、同社のミッドサイズSUV「チェロキー」と、コンパクトSUV「コンパス」、「レネゲード」に、専用のエクステリアパーツを採用し、装備も充実した限定車「ナイトイーグル」を発売する。

専用パーツや特別装備により付加価値が高められた「ナイトイーグル」

 ジープは、ミッドサイズSUVの「チェロキー」と、コンパクトSUVの「コンパス」ならびに「レネゲード」に限定車「ナイトイーグル」を設定し、2020年5月9日に販売を開始した。

 ナイトイーグルは、エクステリアの随所に専用のブラックパーツをあしらい、スタイリッシュなデザインを追求したモデルだ。

 各モデル共通の特別装備として、フロント周りの印象を引き締めるブラックフロントグリルを採用。さらにベース車に比べて大径化した18インチのブラックアルミホイールにより、足元が精悍に演出されている。

 またアイキャッチとなるJeepバッジ、ならびにモデル名を示すバッジはブラックでコーディネイトされると共に、インテリアにもピアノブラックのアクセントパーツが付加されるなど、細部にまでこだわりが貫かれた。

 モデルごとの特別装備としては、レネゲード・ナイトイーグルは、「ロンジチュード」(1.3リッター直列4気筒インタークーラー付ターボエンジン:最高出力151ps/価格299万円(消費税込 以下同様))をベースに、グロスブラック仕上げのリアバンパーディフレクターやテールランプベゼルを採用。

 インテリアも、手触りの良い革巻きステアリングホイールやソフトタッチ素材のドア内張りにより質感が高められると共に、リバーシブル高さ調整機能付カーゴフロアやベース車には設定のないオートヘッドライトおよび雨量感知機能ワイパーにより、利便性が向上された。

 ボディカラーには、レネゲードに初採用のスレートブルーP/C(限定100台)と、アルパインホワイト(限定100台)が設定されている。

 そしてコンパス・ナイトイーグルは、ロンジチュード(2.4リッター直列4気筒エンジン:最高出力175ps/価格376万円)をベースに、エクステリアにはブラックフォグランプベゼルやブラックウインドウモールディングを採用。インテリアにはナイトイーグル専用デザインとなるシート(運転席4ウェイパワーランバーサポート付)が特別装備されている。

 ボディカラーは、特別色となるグレーマグネシオメタリック(限定100台)と、ヴォーカルホワイトP/C(限定100台)の設定だ。

 チェロキー・ナイトイーグルは、LEDヘッドライトやレザーシート、充実した安全装備を備えたロンジチュード(2.4リッター直列4気筒エンジン:最高出力177ps/価格449万円)をベースに、フォグランプベゼルやウインドウモールディング、ルーフレールをブラックで仕上げることで、全体に統一感のある佇まいにまとめられている。

 ボディカラーは、ベース車には設定のないグラナイトクリスタルメタリックが採用された。

 専用パーツや特別装備により付加価値が高められた限定車、ナイトイーグルの価格はチェロキー・ナイトイーグルが452万円、コンパス・ナイトイーグルが379万円、レネゲード・ナイトイーグルが311万円。各モデル、限定200台の販売となる。