トヨタは、プラグインハイブリッドシステムを搭載した新型「RAV4 PHV」を近日発売すると、2020年6月4日に明らかにしました。プラグインハイブリッドシステム搭載により、環境性能だけでなく走る楽しさも追求されているといいますが、いったいどのようなSUVなのでしょうか。

最大航続距離1300km以上! 緊急時の給電も可能

 トヨタは、「RAV4」のプラグインハイブリッドモデル「RAV4 PHV」を間もなく発売すると、2020年6月4日に明らかにしました。

 2019年に5代目へとフルモデルチェンジしたRAV4の高い基本性能をベースに、走る楽しさをさらに追求したモデルになっているといいますが、いったいどのような性能を持つSUVなのでしょうか。

 RAV4 PHVは、新開発のプラグインハイブリッドシステム「THS-II Plug-in」を搭載します。

 2.5リッターエンジンとフロント・リアそれぞれのモーターで構成されるTHS-II Plug-inは、システム最高出力306馬力を達成。0-100km/hは6.0秒と、加速力にも優れています。

 また、駆動方式に電気式4WDシステムのE-Fourが採用され高い走行安定性を実現したほか、最大航続距離は1300km以上と、どこまでも行けそうな走行距離を実現します。

 ハイブリッド燃費は22.2km/L。満充電時のEV走行距離は95kmを確保しました。エアコンにヒートポンプシステムが採用されていて、エアコンの消費電力量を抑えることでEV走行距離の低下を抑制します。

 なお普通充電に対応し、満充電にかかる時間はAC200V/16Aの場合は約5時間30分、AC100V/6Aの場合は約27時間です。

※ ※ ※

 外装では、専用のフロントグリルとロアモールを採用することで、RAV4ブランドの最上級モデルらしい洗練されたイメージを演出。先進感を強調するLEDデイライトも専用のものとなっています。

 ボディカラーは、RAV4 PHV専用色「エモーショナルレッドII」を含む全6色が設定されるほか、2トーンカラーも全5タイプ設定されます。

 内装は、ブラック基調でコーディネートされたなかに施されたレッドステッチが、スポーティさや上質感を表現します。

 インパネ中央には、9インチのディスプレイオーディオが備え付けられ便利なコネクティッドサービスを利用可能。SmartDeviceLinkやApple CarPlay、Android Autoなどを利用することで、スマートフォンのアプリをディスプレイオーディオ上で利用可能です。

 車内の快適装備として、運転席・助手席の快適温熱シートに加え、後席左右にシートヒーターを標準装備。また、一部グレードの運転席・助手席にはベンチレーション機能も設定されます。

 荷室は大型リチウムイオンバッテリーやスペアタイヤを搭載しているにも関わらず、490リッター(VDA法)の容量を確保しており、積載性も高い水準です。

 また、レジャーや緊急時に役立つ最大1500W(AC100V)の外部給電機能を標準装備。

 荷室のアクセサリーコンセントから手軽に給電ができるほか、付属のヴィーグルパワーコネクターを車両後方右側の普通充電インレットに差し込むことで、車外からコンセントを利用しやすくなっています。

 予防安全装備として、歩行者(昼夜)や自転車運転者(昼間)の検知にも対応した衝突被害軽減ブレーキを含む予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」を装備。

 また、クルマを上から見下ろしたような映像で周囲を確認できるパノラミックビューモニターや、ドライバーの視線移動を軽減するヘッドアップディスプレイも採用しています。

※ ※ ※

 RAV4 PHVのグレードは、「G」、「G“Z”」、そして「BLACK TONE」の3グレード展開です。