新しいクルマの利用法として、昨今注目されている定額制サービス「サブスク(サブスクリプション)」。いまでは多くの自動車メーカーが参入し、なかでもホンダとボルボの好調ぶりが伝えられます。現在利用できるさまざまな「サブスク」を、メーカーごとに紹介します。

1台に乗り続けるか、複数台を乗り継ぐか、サブスクなら可能!

 動画配信や音楽配信でお馴染みの定額制サービス「サブスクリプション(通称:サブスク)」が、最近は自動車業界でも盛んになってきています。

 日本ではガリバーの運営会社であるIDOM(イドム)が2016年に提供開始した「定額制クルマ乗り換えホーダイサービス“NOREL(ノレル)”」が最初で、少し遅れて自動車メーカーも参入。

 トヨタの「KINTO(キント)」をはじめ、ホンダや日産など国産車メーカーに加え、ボルボといった輸入車メーカーまでもサービスを開始しています。

 自動車におけるサブスクも、音楽配信などと同じように月額料金でクルマを利用できるというサービスですが、普通に購入するケースとの一番の違いは、メンテナンスや税金、保険料といった諸費用が月々の支払いに含まれることと、最終的に車両は自分の所有にならず返却することです。

 以前からある「カーリース」とほぼ同様のシステムですが、カーリースはどちらかといえば法人を対象としたサービスです。

 一方で、サブスクは個人がより利用しやすいよう、利用料に含まれる範囲が広かったり、頭金が不要だったり、あるいは契約をスマホやPCで進められるなど、手軽さが魅力となっています。

 そして、そうした細かい条件や申し込み方法がメーカーごとに異なり、ライバルとの差別化が図られています。いったいどういったところが違うのか、それぞれの特色をチェックしてみましょう。

●トヨタ「KINTO(キント)」

 トヨタファイナンシャルサービスと住友三井オートサービスにより、2019年1月に設立された「株式会社KINTO」が提供するサブスク型のサービスです。

 同社が展開するプランは、3年、5年、7年のうちから利用期間を選び、トヨタ車、あるいはレクサス車(3年契約のみ)に乗る「KINTO ONE(キント・ワン)」と、3年で3台もしくは6台のレクサス車を乗り継ぐ「KINTO FLEX(キント・フレックス)」があります。

 どちらのサービスも月々の利用料には、車両代とオプション代、税金、諸費用、メンテナンスと故障修理費に加え、車両保険付きの任意保険まで含まれています。

 さらに、5年と7年契約の場合は車検代もコミコミなので、利用期間中は駐車場代と燃料費などしか必要としないというのがセールスポイントです。

 利用期間は最低3年ですが、いつでも解約可能です。ただし、解約金として6か月ごとの残利用料+追加精算金が必要で、解約の申し出は解約希望日の30日前までとなっています。

 例外として、死亡、免許返納、海外転勤などが理由の場合は中途解約金が不要です。

 月間走行距離制限は1500kmで、超過した場合はトヨタ車が11円/km、レクサス車が22円/kmの精算額が必要になりますが、月ごとにチェックするわけではなく、車両の返却時の積算距離で精算します。

 申し込みはウェブから可能で、審査通過後は正式契約を含め、やりとりは会員専用サイトでおこないます。販売店でも契約できますが、KINTOを利用するユーザーは若い世代が多いことから、ウェブでの申し込みの比率が高いようです。

 KINTO ONEは豊富なラインナップが魅力で、3年契約の均等払いでの最安値は「パッソ」の月額3万2780円から、7年契約でボーナス月の支払額を11万円に設定すると、月額はわずか1万1220円からです。

 なお、同サービスを再度利用する乗り換えでは、一定の期間を過ぎている必要はありますが、中途解約金より大幅に安い手数料で対応しています。

 KINTO FLEXに用意されるレクサス車は全6車種(2020年6月上旬現在)。月額19万8000円で半年ごとに3年間で6台を乗り継ぐ「3年6台プラン」と、月額17万6000円で1年ごとに3年間で3台を乗り継ぐ「3年3台プラン」を設定。

 なお、両プラン間の変更、並びにKINTO FLEXからKINTO ONEレクサス車への変更は、中途解約金は不要です。

「短期間契約」で「安い」中古車サブスクのメリットとは?

●ホンダ「Honda マンスリーオーナー」

 ホンダが2020年1月からスタートしたサブスク「Honda マンスリーオーナー」の特徴は、月額の支払いを抑えるために中古車を利用していることと、期間が最短1か月、最大11か月で1か月単位での契約が可能なことです。

 最低料金が「N-BOX」の月額2万9800円と、KINTOのパッソの月額3万2780円と比較して、中古の軽自動車の割に安くないと思われるかもしれませんが、パッソの金額は3年契約の場合です。

 たとえばN-BOXと同じようにパッソを1か月で解約する場合は、残利用料5か月分+追加精算金5か月分の合計10か月分の中途解約金として32万7800円が発生してしまうことから、短期間での利用なら、ホンダのサービスは圧倒的に安いといえます。

 月間走行距離制限は1000kmとやや少なめですが、超過した場合の追加精算金も6円/kmと他社より安価です。

 クルマのサブスクは、ほぼカーリースと同じといわれていますが、「Honda マンスリーオーナー」はどちらかというとレンタカーに近いサービスです。

 もちろん、税金、諸費用、メンテナンスと故障修理費に加え、車両保険付きの任意保険まで含まれていますが、レンタカーと同様に、事故などをおこしてクルマが利用できない場合は営業補償金「ノンオペレーションチャージ(NOC)」を負担しなければなりません。

 現在(2020年6月上旬現在)は埼玉県和光市のディーラー系中古車販売店「U-Select 城北」のみでの取り扱いですが、サービス開始当初から好評で今後は順次拡大していく予定だといいます。

●日産「ClickMobi(クリックモビ)」

 日産の「クリックモビ」は、他社のサブスクよりカーリース寄りのサービスです。その理由は、他社ではコミコミに含まれる任意保険が別料金なうえ、日産のカーリースである「日産マイリースプラン」として日産フィナンシャルサービスと契約するからです。

 日産のカーリースとの違いは、オプション扱いであるメンテナンスプランが「クリックモビ」には含まれることと、申し込みがオンライン限定になること。

 用意されるクルマは8車種とリースよりも少なめですが、月間走行距離制限を1000kmと1500kmから選べるなどメリットはそのままです。

 均等払いの3年契約で最安値は「デイズ」の3万7070円から。現在のところ対象エリアはまだ13道府県しかありませんが、これからさらに拡大する予定です。

●ボルボ「smavo(スマボ)」

 ボルボのスマボは2017年の導入以来、「スマートにボルボに乗れる」をコンセプトに着実に契約数を増やし、2019年は新車販売の約9%がスマボでの契約という高い実績を残しています。

 スマボには新車を対象にする2プランに加え、ボルボ認定中古車の「SELEKT(セレクト)」を対象とした「SELEKT SMAVO(セレクト・スマボ)」が設定されました。

 前者には2年後から乗り換えできる3年契約の「SMAVO 2/3(スマボ・ニイサン)」と、3年後から乗り換え可能な5年契約の「SMAVO 3/5(スマボ・サンゴウ)」があり、「V40」と「V40クロスカントリー」を除くすべてのボルボ車が対象となっています。

 残価保証率(返却時の査定額)が高く、高額な輸入車でありながら月々の支払額が低く抑えられているのが特徴です。

 一方で「セレクト・スマボ」は、登録後18か月以内かつ走行距離1万2000km以下の認定中古車を対象としたサービスです。契約は1年単位で、車両の販売価格の1.3%が月額料金(税込)。ただし、ほかのサブスクと異なり、登録諸費用分の頭金が必要です。

 ボルボのサブスクには任意保険が含まれていないこと、そして月間走行距離は750kmまでと他社より短いことには注意が必要です。超過した場合の追加精算金は新車が15円/km、中古車が25円/kmとなります。

※ ※ ※

 今後、各メーカーが競い合い、サービスの向上と低価格化が予想されますが、現状としてはどのサブスクも若干の割高感は否めません。

 しかし、任意保険が高額な若年層においては、保険料の含まれるサービスなら逆に割安になるケースもあります。

 喫煙やペットの同乗といった禁止事項に該当しないようなら、一考の価値はあるでしょう。