メルセデス・ベンツ日本は2020年6月26日、全国限定合計10台の特別仕様車、メルセデス・マイバッハ「Sクラス Grand Edition(グランド・エディション)」を発表、発売を開始した。

限定10台で車両価格は2900万円なり

 メルセデス・ベンツ日本は2020年6月26日、全国限定合計10台の特別仕様車、メルセデス・マイバッハ「Sクラス Grand Edition(グランド・エディション)」を発表、発売を開始した。

 この特別仕様車はメルセデス・マイバッハS560およびS560 4MATICをベースに、通常はオプション設定の4人乗り仕様、後席にクーラーボックスと折りたたみ式テーブルを備える「ファーストクラスパッケージ」の標準装備をはじめ、ダイヤモンドステッチ入りルーフライナー、各ピラーや乗降用ハンドルに至るまでナッパレザーを施している。

 また、万が一の歳に後席乗員のシートベルトによる負傷を軽減するため、シートベルトからエアバッグが展開する「SRSベルトバッグ(後席)」を装備することで安全性も高められている。

 車両価格は2900万円(消費税込)で限定10台。右ハンドル仕様のメルセデス・マイバッハS560 グランドエディションと、左ハンドル仕様のメルセデス・マイバッハS560 4MATICグランドエディションとなる。

 特別装備として、エクステリアにはMAYBACHロゴLEDプロジェクター(フロント/リア)、20インチ鍛造ホイール、インテリアにはファーストクラスパッケージとdesignoレザーパッケージ、2トーンステアリング、エンブレム入りクッション、専用フロアマットが用意される。

※ ※ ※

 1920年代から美しいスタイルと贅を尽くした高級感で人々を魅了した伝説の名車「マイバッハ」を、メルセデス・ベンツブランドの傘下で「究極のエクスクルーシブ性」を追求するブランドとしてまったく新しく生まれ変わったのが、「メルセデス・マイバッハ」になる。

 メルセデス・ベンツによる最新鋭のテクノロジーを備え、ゆったりとした室内空間にプレステージ感あふれるデザインとクラフトマンシップにより仕上げられた高級素材を随所に採用している。

 メルセデス・マイバッハS560には、前方最大15mの路面の凹凸をステレオマルチパーパスカメラで捉え、路面状況に応じて瞬時にサスペンションのダンピングを制御することで、ボディに伝わる衝撃を最小限にしてフラットな乗り心地を実現する「マジックボディコントロール」を搭載。

 さらに180km/hまで路面スキャンをおこない、コーナリング時に車体を内側に傾ける(最大2.65度)ことで、コーナリング時に乗員に働く横加速度を軽減、より安定したコーナリングを実現する「ダイナミックカーブ」機能も備えている。