独BMWは2020年6月25日、PHEVのスペシャリティカー「i8」の最後の18台が、BMWのライプツィヒ工場から出荷されたと発表した。

さまざまにカスタマイズされた18台のi8ファイナル

 独BMWは2020年6月25日、PHEVのスペシャリティカー「i8」の最後の18台が、BMWのライプツィヒ工場からラインオフされたと発表した。

 オースティン・イエロー、レーシング・グリーン、ル・マン・ブルーと色とりどりのi8がBMWのライプツィヒ工場をラインオフした。これらの最後のi8は、顧客との緊密な協力関係のもとに作られたオーダーメイドものだという。

  i8の製造は、車両コンセプトや駆動技術、カーボンファイバー強化プラスチック(CFRP)とアルミニウムのユニークな組み合わせにより、それ自体が現代的な自動車製造において偉業といわれるが、最終モデルとして登場した18台は、さらにi8の生産チームに特別な課題を与えた。

 これだけの数の外装パーツを指定された色で塗装することは、生産と物流をはるかに複雑にしたという。BMWグループのランツフート工場では、事実上手作業で製造・塗装がおこなわれていたが、その際にはプレミアムな品質の部品を生産ラインに搬入することが課題となった。今回の最終i8の生産は、最新の注意と正確さが求められたという。

「独自のソリューションと技術で、非常に目の肥えたお客様のパーソナライズに対応する能力を証明しました」と工場長のハンス・ピーター・ケムザーはコメントしている。「BMW i8の生産をこのような形で締めくくることができたのは、私達全員が誇りに思っています」

 最後のi8にはエクステリアだけでなく、シートやステアリングホイールのアルカンターラ、トリムパネルなど、インテリアにもカスタマイズされた部品が多く使用されている。

※ ※ ※

 ライプツィヒ工場では、「BMW i8 クラブインターナショナル」のメンバーが、工場の門を出て車両が車両管理部門に引き渡されるのを見届けた。i8クラブの代表は、工場での一日を「クラブメンバーにとってのハイライトだった」とコメントしている。このユニークな18台は、将来のオーナーにとって夢のクルマであると付け加えた。

BMW「i8」ってどんなクルマ?

 BMW i8は、2013年9月のIAA(フランクフルトモーターショー)でワールドプレミアされた、プラグインハイブリッドのスーパーカーだ。

 もともとは2009年に「BMWビジョンエフェシエントダイナミクス」として、コンセプトモデルがIAAで世界初公開。その後2011年のIAAで「i8コンセプト」が公開された。

 全長4690mm×全幅1940mm×全高1300mm、ホイールベースは2800mmで、231ps・320Nmを発生する1.5リッター直列3気筒エンジンと、142.8ps・250Nmを発生する電気モーターを組み合わせるPHEV。システムトータルでは最高出力362ps・最大トルク570Nmとなる。

 JC08モードハイブリッド燃費は15.9km/Lで、充電電力使用時走行距離は54.8km。運動性能と効率性のバランスを重視する「コンフォートモード」走行では、航続距離は500kmを超えている。

 日本では2013年11月に「i3」とともに発表された。両車ともに量産車としてはじめて炭素繊維強化プラスチック(CFRP)製の基本骨格を採用。このアーキテクチャーを用いることで、バッテリーによる重量増を相殺している。

 2018年4月にはマイナーチェンジ、同時にオープンモデルの「i8ロードスター」を日本でも発表した。当時の車両価格はi8クーペが2093万円、i8ロードスターが2231万円だった。2020年4月1日づけの車両価格はi8クーペが2135万円、i8ロードスターが2276万円となる。