かつて国内市場ではステーションワゴンのちょっとしたブームが起こっていました。ステーションワゴンは優れたユーティリティを実現しながら、セダンに近いドライビングプレジャーがある優等生なモデルです。そこで、高性能な大排気量エンジンを搭載したステーションワゴンを3車種ピックアップして紹介します。

実用的ながら高性能なエンジンを搭載したステーションワゴンを振り返る

 近年、国内市場で激減してしまったステーションワゴンですが、かつてはちょっとしたブームとなるほど、各社が販売していました。

 ステーションワゴンは実用的でありながた、セダンに近いドライビングプレジャーを有するなど、実は優等生なクルマです。

 そこで、高性能な大排気量エンジンを搭載したステーションワゴンを3車種ピックアップして紹介します。

●トヨタ「アルテッツァジータ」

 1998年にデビューしたトヨタ「アルテッツァ」は、コンパクトなFRセダンで、多くのセダンがFF化されていたなかで発売したことで、高い評価を得ました。

 そして、2001年にはステーションワゴンの「アルテッツァジータ」が追加されます。

 搭載されたエンジンはセダンと異なり、4気筒モデルは存在せず、2リッターエンジンと、アルテッツァジータ専用に3リッターエンジンが設定され、どちらも直列6気筒自然吸気です。

 最高出力は2リッターが160馬力、3リッターが220馬力を発揮し、2リッターモデルは6速MTが設定されるなどスポーティ路線で、3リッターモデルはトルクフルなエンジンによりラグジュアリー路線というコンセプトでした。

 足まわりにはセダンと同様に4輪ダブルウイッシュボーンサスペンションが採用され、優れたコーナリング性能を発揮し、まさに大人の快速ステーションワゴンと呼べる仕上がりとなっていました。

●スバル「レガシィアウトバック 3.6R」

 1993年に発売されたスバル2代目「レガシィ」には、派生車として「ツーリングワゴン」をベースに車高をアップし、SUVテイストを盛り込んだ「レガシィ グランドワゴン」が登場。

 国内では後に「レガシィ ランカスター」へ改名されましたが、北米では「アウトバック」の名で販売され、日本でも3代目から「レガシィアウトバック」の名称に変わりました。

 そして2009年に「レガシィB4/ツーリングワゴン」と共にモデルチェンジされた4代目レガシィアウトバックが発売されます。

 トップグレードの「3.6R」には最高出力260馬力を発揮する3.6リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載。

 このエンジンはスバルが生産する最大の排気量で、国内ではこれまでにレガシィ アウトバックのみに設定された特別なエンジンです。

 レガシィアウトバック 3.6Rはマイルドな出力特性で、大排気量自然吸気エンジンならではの低回転域から余裕あるトルクを生かし、とくに長距離ドライブで威力を発揮しました。

 しかし、日本では自動車税の区分からすると3.6リッターエンジンは4リッターエンジンと同額の自動車税が適応されるため、販売的には苦戦を強いられ、国内仕様ではこの代のみで3.6リッターエンジンは廃止されました。

ターボと自然吸気の二刀流だった高性能ワゴンとは!?

●日産「ステージア」

 1996年に発売された日産「ステージア」は、「スカイライン」系のコンポーネントを共用することで開発された、ステーションワゴン専用車です。

 国内の本格的Lクラス・ステーションワゴン市場を確立したステージアは、2001に新FRプラットフォームを採用した2代目が登場。エンジンは3リッターと2.5リッターのV型6気筒を搭載。

 エンジンは3リッターと2.5リッターのV型6気筒を搭載し、なかでもステージア専用のエンジンとして、最高出力280馬力を発揮する2.5リッターのV型6気筒ターボが設定され、初代ステージアにラインナップされた「260RS」を彷彿とさせる高性能モデルでした。

 そして、2004年のマイナーチェンジでは2.5リッターターボエンジンと3リッターエンジンが廃止となりますが、代わりに272馬力を発揮する3.5リッターV型6気筒自然吸気モデルが登場。

 大排気量エンジンならではのレスポンスの良さと、豪快な加速が味わえました。

※ ※ ※

 現在、国内のステーションワゴンは減ってしまいましたが、欧州ではまだまだ人気があるカテゴリーです。

 高級かつ高性能なステーションワゴンや、燃費に優れたディーゼルエンジン車も数多く存在し、日本にも正規輸入されていますので、ステーションワゴンの購入を検討する際は、輸入車も視野に入れてみてはいかがでしょう。