スバル「WRX S4」が一部変更され、最上級グレードの「STIスポーツ アイサイト」のみに統一されると同時に、WLTCモード燃費表記に対応します。

スバル「WRX S4」が最上級のワングレードに統一

 スバル「WRX S4」が一部変更し、2020年8月20日に発売されます。今回の変更では、グレード構成が、最上級グレードの「STIスポーツ アイサイト」に一本化されました。

 さらに、WLTCモード燃費表記に対応。新型WRX S4のWLTC燃費は11.2km/L(市街地モードは7.3km/L、郊外モードは12.0km/L、高速道路モードは13.7km/L)となります。

 WRX S4 STIスポーツ アイサイトの価格(消費税込、以下同様)は、416万9000円です。

 また、スバルのモータースポーツをスバルテクニカインターナショナルは、WRX S4 STIスポーツ アイサイトをベースとした特別仕様車「WRX S4 STIスポーツ#(シャープ)」を、2020年7月6日に発表しました。

 価格は474万1000円、500台の限定販売で5月26日から予約注文が受け付けられましたが、約2週間で完売しています。なお、発売は8月20日です。

 WRX S4 STIスポーツ#は、STI製パーツをはじめとする特別装備を採用し専用チューニングすることで、STIスポーツの上質な走りと質感の高さを最大限に引き出したモデルです。

 外観は、大型フロントアンダースポイラーやフロントグリル、リアバンパー (エアアウトレットグリル付)など、「WRX STI」の限定車として絶大な人気を誇った「S208」や「EJ20 ファイナルエディション」に装着されたエアロパーツを装備。ブラックのパーツを用いることで、精悍なスタイルを演出しています。

 ボディカラーは、アイスシルバー・メタリック、クリスタルブラック・シリカ、WRXブルー・パールに加え、セラミックホワイトを特別設定しました。

 内装は、ブラックとシルバーのモノトーンとし、肌ざわりの良いウイルトラスエードを用いたRECAROフロントシートやステアリングホイール、本革巻シフトレバー&シフトブーツなどの専用アイテムを採用し、大人のスポーティさを表現しています。

 走行性能は、エアクリーナエレメントとマフラーにSTI製パーツを採用することで空気抵抗を提言し、加速中のエンジントルクを最大約10%向上。アクセル操作に対するレスポンスが向上したことで、気持ちの良い加速感が味わえます。

 また、CVTオイルクーラーと強化タイプのラジエーターファンを搭載し、パワートレインの冷却性能を強化することで、スポーツ走行時の熱によるトラブルを防ぎ、動力性能を存分に引き出します。

 さらに、よりシャープな大人のスポーツセダンにふさわしい、余裕のあるドライビングが楽しめるようなセッティングとするため、WRX向けとして国内初となる「STI製フレキシブルドロースティフナーリア」を採用しました。