2020年上半期(1月から6月)の登録車販売台数ランキングが2020年7月6日に発表されました。同期間にもっとも販売台数の多かった車種はどれだったのでしょうか。

2位に僅差で勝ったトヨタ「ライズ」はどんなSUV?

 日本自動車販売協会連合会は、2020年上半期(1月から6月)の登録車販売台数ランキングを2020年7月6日に発表しました。直近1年以内で、国内市場にはさまざまな新型車が登場しましたが、2020年上半期にもっとも販売台数が多かったモデルはいったい何だったのでしょうか。

 2020年上半期にもっとも販売台数が多かったのはトヨタのコンパクトSUV「ライズ」で、販売台数は5万8492台を記録しました。

 新規車種として投入されたライズは2019年11月の発売以降、好調な売れ行きを記録。

 発売月の11月に4位、翌12月に2位を獲得した後、年が明けた2020年1月は首位となりました。2020年上半期の各月のランキングにおいても、3回も首位になるなど、人気を博しています。

 なお、ライズはダイハツ「ロッキー」のOEM車という立ち位置ですが、ロッキーも2020年上半期全体で21位にランクインし、ダイハツの登録車でもっとも販売台数の多かったモデルとなっています。

 2位は、2019年9月にフルモデルチェンジした「カローラ」が、シリーズ合計5万7235台でランクインしました。

 なお、この販売台数はセダン、ツーリング(ワゴン)だけでなく、ハッチバック(カローラスポーツ)をはじめとしたシリーズの合算として算出されています。

※ ※ ※

 ランキングの3位から5位は、ホンダ、トヨタ、日産の主力コンパクトカーが占める結果となりました。

 3位にランクインしたのは、2020年2月にフルモデルチェンジしたホンダ「フィット」です。販売台数は5万29台を記録しました。

 そして4位は4万8129台の販売台数となったトヨタ「ヤリス」で、こちらも2020年2月に車名変更を伴うフルモデルチェンジを受けたばかりのモデルとなります。

 一方、5位は日産「ノート」が4万1707台でランクインしましたが、フィットやヤリスとは対照的に、ノートは現行モデルの発売が2012年と、モデル末期にあたります。

 2020年5月下旬に、日産はこれから順次登場する新型車12台を予告する動画を公開。そのなかには新型ノートも含まれていました。

 2020年下半期にどのような新型車が登場するかも含めて、今後の新車販売がどのような展開となるのか、注目されます。