大人気のランボルギーニ「ミウラ」のなかでも、もっとも人気のあるのが、「ミウラP400SV」だ。その通称ミウラSVの極レアモデルである右ハンドルバージョンが、オークションに出品された。そのミウラのヒストリーとは?

大人気「ミウラ」に真打登場!

 英国コヴェントリーを本拠とするとともに、その名のとおりシルバーストーン・サーキットにおいても、しばしば自国のエンスージアスト向けに大規模オークションをおこなってきた「シルバーストーン・オークション」社は、2020年8月1日よりオンライン限定のオークション「The Silverstone Classic Live Online Auction 2020」を開催することになった。

 新型コロナウィルス禍によって、変動期を迎えてしまった現在のクラシックカー・マーケット。しかし、以前から人気の高かったランボルギーニ「ミウラ」はオンライン化されたオークションでも変わらない人気を博してきたが、このシルバーストン・クラシックではミウラのなかでも特に人気の高い「P400SV」が出品されることになっているのだ。

●マーケット価値が最も高いミウラ

 先ごろRMサザビーズ社が開催したオンライン限定オークション「THE EUROPEAN SALE featuring THE PETITJEAN COLLECTION」にて、1968年型「P400ミウラ」が出品された。

 70万から80万ユーロというエスティメート(推定落札価格)に対して、手数料込みで71万5000ユーロ(約8716万円)という価格で落札されたことは、VAGUEでもお伝えしたとおりだ。

 クラシックカー・マーケットの崩壊も噂された新型コロナ禍の真っただ中にあって、なかなかの健闘だったのは間違いないものの、それでも近年「億超え」が当たり前のようなイメージもあったミウラとしては、ちょっと安価では? と思われる向きもあるだろう。

 この価格に至った要因としては、出品されたP400ミウラが旧オーナーの博物館構想に基づいて、長らく不動のままコレクションされていたことから、特に機関部のコンディションに不安があったことは否めない。しかし、それ以上に歴代ミウラのなかでは現況のマーケット価格が比較的リーズナブルに推移しているP400であったことが、最大の理由と思われる。

 一方、今回のオークションに出品されるのは、時には3億円近い価格で取り引きされる事例もあったP400SVなのだから、業界の注目を集めるのは当然ともいえるのだ。

 1966年に正式デビューを果たしたランボルギーニP400ミウラは、2年後の1968年にはV12エンジンを350psから370psにスープアップするとともに、細部をブラッシュアップした「P400S」へと進化する。この「S」は「極端な」を意味するイタリア語「Spinto」の頭文字といわれる。

 そして1971年、ミウラの最終進化形として登場したP400SVは、Spintoに「速い」を意味する「Veloce(ヴェローチェ)」を組み合わせた頭文字「SV」が授けられた高性能版。

 パッと見ただけの印象では、リトラクタブル式ヘッドライトの特徴的な「まつ毛」が廃止されたくらいの違いにしか見えないのだが、まずV12エンジンは、ネーミングに相応しく385psまでパワーアップされた。

 またシャシにも手が加えられ、サスペンションのロワアームは剛性アップのためか、P400SまでのA字型から平行四辺形に近いかたちに変更。アーム長そのものも38mm延長された。またリアホイールは、オフセットを28mm拡大するととともにリムもワイド化されたことも相まって、後輪のトレッドはP400Sミウラから約100mm増の1514mmとなった。

 そしてこのホイールとタイヤを収めるため、リアフェンダーも豊満な意匠に拡幅されたことが、P400SVのエクステリアにおける2つ目の特徴となったのだ。

 さらに、設計者のジャンパオロ・ダラーラがBMCミニから着想したとされる、エンジンとトランスミッションのオイル潤滑を一体化することで、コンパクト化を図るというP400/P400S時代の潤滑システムは、P400SV後期の94台限定ながら、幻のスペチアーレ「イオタ」での実験成果を生かしてセパレート化されるなど、ブラッシュアップの範囲は多岐にわたるものであった。

たった11台という右ハンドル仕様

 今回「The Silverstone Classic Live Online Auction 2020」に出品されるミウラP400SVは、ミウラP400SVとしてもシリーズ終盤にあたる1972年型。ミウラ3世代のなかでも飛びぬけて完成度が高いといわれるとともに、現在のクラシックカー・マーケットでは最も価値が高いとされる時期の1台である。

●右ハンドルの超レアな一台

 新型コロナ禍以前、2億円オーバーで取り引きされたミウラの多くがP400SVであったことは、良く知られている。その理由として、全シリーズ通算で762台(ほかに諸説あり)のミウラが生産されたうち、P400SVは150台(シルバーストーン・オークションは「147台」と表記)のみという希少性も無視はできまい。

 でも、P400SVのマーケット評価を高めているのは、やはり「ちゃんと乗れるミウラ」ないしは「維持しやすいミウラ」であることが重要な要因となっていると見るべきだろう。

 この個体を含む、SV後期の94台では、エンジン/トランスミッションの潤滑系が分離され、機関部の信頼性が大幅に増したこと、初期モデルでは不安定と評価されたというハンドリングも、サスペンションの強化でスタビリティを増したことは、画期的であるがゆえに扱い難かったミウラでは、とても大きなプラス要素となる。

 もちろんピシっと仕上げられた車両に限ってのことだが、ミウラはP400SVになって、初めて完成の域に到達したともいわれているのだ。

 加えて今回の出品車両は、モデルによってはマイナス評価となることもある右ハンドル車なのだが、ことミウラP400SVについては、150台中わずか11台という生産台数がかえって希少価値を高めると評価される可能性も高い。

「シルバーストーン・オークション」社の用意したWEBカタログの写真を見る限りでは、エクステリア/インテリア、そしてメカニカルパートのコンディションは非常に美しい。また、特に望ましいとされるリミテッド・スリップ・デフやエア・コンディショナーなどの純正オプションが満載されていることも、価格を上昇させる要因となるだろう。

 さらに、1972年3月31日に完成し、この年の末ないしは1973年初頭に当時のオーストラリア・シドニーのランボルギーニ正規ディーラーが、国内の有名な愛好家に販売したことを皮切りに、現在に至るまでの来歴がすべて判明していることも、オークションの入札希望者には間違いなく好意的に判断されよう。

「The Silverstone Classic Live Online Auction 2020」の入札期間は、8月1から2日の2日間のみで、スタート早々から入札合戦になると思われる。

 エスティメート(推定落札価格)は公表されていないものの、おそらくはスタート価格から日本円換算でいうところの「億超え」は優に達成し、入札の進行次第では、新型コロナ以前の通例と同じく2億円前後までつり上がることは、現状のプレビュー段階でも充分に予想される。

 オークション終了後のレポートを楽しみにされたし。