2020年6月にフルモデルチェンジしたトヨタ「ハリアー」ですが、実際の燃費はどれくらいなのでしょうか。ハイブリッドモデルの燃費を、高速道路やワインディング、一般道を走って測定してみました。

予約殺到! 新型ハリアーの実燃費はどれほど?

 1997年に初代モデルが登場し、「高級クロスオーバーSUV」という新ジャンルを確立したトヨタ「ハリアー」は、世代を重ねるごとに人気が上昇しています。

 2020年6月に発売された4代目となる新型モデルは、月販目標台数3100台のところ、登場から約1か月でおよそ4万5000台という受注台数を叩き出しました。

 これだけ注目度の高い新型ハリアーだけに、実燃費が気になるところです。早速実車を走らせて、燃費調査を実施しました。

 今回テストに借り出したハリアーは、2.5リッターハイブリッドを搭載した、電気式4輪駆動の「E-Four」仕様で、最量販グレードとされる「G」です。

 中間グレードではありますが、必要な装備はほとんど標準で備わっており、満足度の高い仕様といえるでしょう。

 ハリアーハイブリッドのWLTCモード燃費は21.6km/L、市街地モードが18.9km/L、郊外モードが24.2km/L、高速道路モードが21.4km/Lとなっています。

 Gグレード(ハイブリッド/E-Four)の車両重量は1730kgということを考えると、信じがたいカタログ燃費ではありますが、実際のところはどうなのでしょうか。

 燃費テストは、高速道(首都高→東名→小田原厚木道路 小田原西インター)、ワインディング路(ターンパイク箱根→箱根新道→西湘バイパス 西湘PA)、一般道(国道134号→国道246号)の3セクションとし、約225kmの道のりで実施しました。

 その結果は、225.0kmの走行で燃費は22.5km/Lという数値になりました(車両の燃費計の数値から計算)。

 カタログ上での燃費数値は、WLTCモード燃費で21.6km/Lとなっていますから、若干ではありますが、WLTCモード燃費を超える結果となりました。

 なお今回の走行は、エアコンは24度設定のフルオート、クルーズコントロールは未使用で走行モードは「NORMAL」としています。

●高速道

走行距離:86.0km
実燃費:25.6km/L

 都内を出発し、首都高速から東名高速道路を経由して、小田原厚木道路の終点まで走る高速区間。

 テスト実施時は、首都高で渋滞にはハマってしまったものの、それ以外のルートは渋滞もなく淡々と走行したところ、燃費は25.6km/Lと予想以上の数値をマークしました。

 高速走行は、エンジンがかかってしまうことが多いシチュエーションですが、耳に入るエンジン音はかなり抑えられており、むしろ風切り音とタイヤのパターンノイズの方が目立つほどでした。

 さらなる長距離快適に移動したいという場合は、静粛性を重視したタイヤに交換してもよさそうです。

新型ハリアーに弱点はあるのか?

●ワインディング路

走行距離:42.4km
実燃費:18.2km/L

 ワインディング路は、小田原西インターを降りてターンパイクを上り、箱根新道を経由して一気に下るというコース。

 車両重量が1.7トンを超えるハリアーとしては少々厳しい状況かと思いきや、システム出力222馬力を誇るハイブリッドシステムで、軽々と登り坂を駆け上ってくれました。

 下りではエンジンブレーキを併用するためにMTモードを活用しましたが、シフトダウンのレスポンスが速く、不快なショックも皆無とあって、積極的にシフト操作をおこないました。

 ハンドリングは特別スポーティというわけではないものの、ドライバーの操作に素直に反応してくれるので、疲労感は少ない印象です。

●一般道

走行距離:96.6km
実燃費:22.4km/L

 一般道は、国道134号から国道1号を経由して都内へと向かいます。今回は純正ナビの示したルートを走行し、96.6kmを走破。燃費は22.4km/Lと、街乗りの数値としては優秀な結果となりました。

 市街地走行では、意外にもエンジンの振動が少々気になることがわかりました。

 高速道路やワインディングでは速度域や路面の状況でそこまで気にならなかったのですが、低速で走行中にエンジンが始動すると、エンジンの振動がステアリングとアクセルペダルに伝わってきてしまうのです。

 新型ハリアーハイブリッドは、かなり積極的にEVモードで走行してくれるので、静かで振動の少ない時間が長いことから相対的にそう感じたのかもしれませんが、やや気になる点といえるでしょう。

※ ※ ※

 早くも人気絶頂の新型ハリアーハイブリッドの燃費をチェックしてみましたが、平均で22.5km/Lと車格や走りを考えれば十分以上の数値という結果になりました。

 パワー感も十分で、レギュラーガソリン仕様という点も満足度が高いポイントでしょう。

 内外装の質感も高く、今回テストに使用したハイブリッド E-FourのGグレードが422万円で購入できるのは、お買い得だといえます。

 現状、弱点といえるところがほとんど見られないハリアーだけに、今後、同価格帯のライバルがどういう戦略に出てくるのかも気になるところです。