トヨタ「C-HR」にブラック基調の特別仕様車が設定されました。さらに一部改良により、安全機能が向上しています。

黒を用いた特別仕様車が登場! 安全性も向上

 トヨタのコンパクトSUV「C-HR」に特別仕様車が設定され、2020年8月4日に発売されました。

 特別仕様車「モードネロ セーフティプラス」は、「G/G-T」をベースとし、外装は、フロントスポイラー(ロア部)やアルミホイールなどにブラック塗装を施すとともに、内装では、シートやインストルメントパネル、ドアトリムオーナメントなどをブラック基調にするなどクールな仕様としました。

 ボディカラーは、特別設定色「ダークブルーマイカ」を含めたモノトーン5色、ツ―トーン3色を設定しています。

 安全装備については、車両を上から見下ろしたような車両全周囲の映像をディスプレイに表示し、後方視界や目視しにくい周囲の安全確認をサポートするパノラミックビューモニターを装備。

 さらに、駐車場などでのアクセルとブレーキの踏み間違いで起こる衝突被害の軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]や、駐車場での後退時に左右後方から接近する車両を検知し、衝突の可能性がある場合、ブレーキを制御するリヤクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]といった機能を特別装備していま

 価格(消費税込、以下同様)はベース車と同じ271万5000円から304万5000円と、お買い得な価格設定としました。

※ ※ ※

 特別仕様車の発売とあわせて、通常仕様のC-HRに一部改良が施されました。

 今回の改良では、予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」において、検知対象に歩行者(夜間)や自転車運転者(昼間)、交差点右折時に直進してくる対向車および、右左折時に対向方向から横断してくる歩行者も加えたプリクラッシュセーフティを搭載。

 さらに、低速時の事故予防をサポートする低速時加速抑制機能や、トヨタにおいて国内初採用となる「緊急時操舵支援機能」も追加しました。

 この機能は、自車線内の歩行者と衝突する可能性が高く、自車線内に回避するための十分なスペースがあるとシステムが判断した場合で、ドライバーの回避操舵をきっかけに車線内で操舵をアシストし、車両安定性確保と車線逸脱抑制に寄与します。

 そのほか、レーダークルーズコントロール使用時に、同一車線内の中央を走行できるよう操舵を支援するレーントレーシングアシストや、カメラで認識した道路標識をディスプレイに表示することで道路標識の見落としを減らし、安全運転を促すロードサインアシスト、バックガイドモニターを全車に標準装備。

 加えて、快適温熱シート(運転席・助手席)、電動ランバーサポート、ナノイーなどの快適装備を「G」「GT」「S GRスポーツ」「S-T GRスポーツ」に標準装備しました。

 また、Super CVT-i[7速スポーツシーケンシャルシフトマチック付]を搭載した「S-T GRスポーツ」を新設定し、ラインナップが充実しています。

 価格は、238万2000円から314万5000円です。