日産が10年ぶりの新規車種として投入した新型SUV「キックス」の2020年7月期の登録台数が明らかになりました。人気の新型車としては珍しいランキング圏外となりましたが、なぜ少ない台数だったのでしょうか。

新型キックス、7月の登録台数は456台。なぜそんなに少ない?

 日産が2010年の電気自動車「リーフ」以来、約10年ぶりのブランニューモデルとして2020年6月30日に発売したのが新型SUVの「キックス」です。
 
 同年6月の登録車販売台数順位では、全体27位の1836台を記録していましたが、翌7月では公表されるTOP50位にランクインしないという驚きの結果となりました。なぜ、少ない台数だったのでしょうか。

 キックスは、2016年から南米や北米、南アジアなどを中心に展開されるグローバルモデルとして販売されおり、国や地域によってガソリンモデルや4WDがラインナップされています。

 日本市場で販売される新型キックスは、従来のガソリンモデルや4WDを設定せず、電動パワートレインの「e-POWER」と2WDのみのラインナップで、人気が高いSUVセグメントに投入されました。

 同じくe-POWERを搭載する「ノート」や「セレナ」では、販売される約7割のユーザーがe-POWERを選ぶということもあり、最初の投入段階ではe-POWERのみとしたと日産は説明しています。

 なお、日産によると6月30日の発売から約3週間で9000台を超える台数を販売したといいますが、なぜ7月の登録車販売台数にはランクインされなかったのでしょうか。

 登録車販売台数を公表している日本自動車販売協会連合会の担当者は次のように話します。

「2020年7月のキックスは456台の登録があります。同月の50位がレクサス『ES300h』の492台だったため、公表しているランキングには入らない結果となりました。

 なお、国産の新型車がTOP50圏外になるのはあまり例がありませんが、キックスは海外生産ということと、昨今のコロナによる影響があるのかもしれませんが、詳しい事情はわかりません」

 また、7月の登録台数について日産は「タイ生産のため、そこから持ってくる関係で登録台数が少ないのだと思います」といいます。

新型キックスの人気オプションは? 納車時期はいつ?

 新型キックスは、e-POWERならではの力強い加速や高い静粛性、アクセルペダルの踏み戻しだけで加速から減速まで意のままにおこなうことができるワンペダル感覚の新しいドライビングが好評だといいます。

 また、高速道路でのストレスを軽減する運転支援技術「プロパイロット」を全車標準装備。プロパイロットは、ミリ波レーダーの採用によって、より遠くの先行車の状況を検知してスムースな制御をおこなうシステムです。

 さらに、万が一の事故の際の自動通報やあおり運転、急病での緊急事態にも手動で通報できる「SOSコール」も全車標準装備されています。

 e-POWERや安全装備について、日産の販売店スタッフは次のように話します。

「コンパクトSUVとしては後発の部類に入りますが、実際に試乗すると競合SUVとは異なるドライビングを味わえる部分などがお客さまから好評を頂いています。

 また、プロパイロットが全車標準装備という部分や購入されるお客さまのほとんどがオプション装備の『アラウンドビューミラー&スマートリアビューミラー』を選択されるなど安全面を気にされる人にも支持されているようです」

※ ※ ※

 また、2トーンの内装色を選択出来る「ツートーンインテリアエディション」は全体の4割が選んでいるほか、外装2トーンカラーは約3割が選ぶなど、新型キックスを選ぶユーザーの一定数はカラフルな仕様が好みなようです。

 なお、2020年8月上旬時点にオーダーした場合の納車時期は、店舗により異なるものの2020年内から2021年1月頃になると販売店のスタッフは説明しています。