トヨタの7人乗りSUV「フォーチュナー」がマイナーチェンジし、オーストラリアで2020年8月27日より発売されます。

デザインやエンジンが大きく進化した新型フォーチュナー

 トヨタのオーストラリア法人は「フォーチュナー」をマイナーチェンジし、2020年8月27日から発売すると発表しました。

 フォーチュナーはトヨタが海外で販売する7人乗りSUVです。現行型は2代目モデルで、オーストラリアでは2015年に導入され、年間平均で約3000台が販売されています。

 新型フォーチュナーは外観デザインが変更され、大型化したブラックのフロントグリルやフロントバンパーの下部に装着されたスキッドプレートに加え、シャープな形状のバイビームLEDヘッドライトなどにより、精悍な印象になりました。

 上級グレードの「クルセード」には高級なヘッドライトとスタイリッシュな新デザインのテールライトが備わります。

 エントリーグレードの「GX」と中間グレードの「GXL」は17インチホイール、クルセードは新しく設計されたフランジ付きスポークデザインの18インチアルミホイールが装着されました。

 内装においては、GXおよびGXLはダークグレーのファブリック、クルセードはレザーのアクセントが施されたブラックまたはベージュの2色が用意されています。

 また、インパネ中央に配置されたディスプレイは、従来型の7インチから8インチへと大型化するとともに、ボタンで操作する仕様に変更されました。Apple CarPlayやAndroid Auto、MyTOYOTAに対応するほか、音声認識機能も組み込まれています。

 計器盤では新しいフォントとメーターリングの外側にサテン仕上げが施され、4.2インチのマルチインフォーメーションディスプレイには、フロントタイヤの切れ角などがDPF(ディーゼルパティキュレートフィルター)の状況が表示されます。

 エンジンも刷新され、2.8リッターディーゼルターボエンジンの最高出力は150kW(従来比+20kW)、最大トルクは500Nm(従来比+50Nm)に引き上げられた一方で、燃費は17.3%向上しました。

 性能向上は、新開発の可変ノズルベーン機構を採用した大型の水冷式ヘビーデューティーボールベアリングターボチャージャーの採用に加え、エンジンの剛性、冷却、効率を向上させるための対策によるものです。

 また、頑丈なフレームなどによりトーイング性能も向上。従来型より300kg増加した、3100kgのけん引能力を誇ります。

 ハンドリングは新しい可変流量パワーステアリングポンプの恩恵を受け、高速走行ではよりダイレクトなフィーリングを実現しながら、低速ではより多くのアシストを提供。リアディファレンシャルロックは、オフロード性能を向上させています。

 安全装備として、「トヨタセーフティセンス」を搭載。歩行者(昼・夜)と自転車(昼間)を検知するプリクラッシュセーフティシステムやステアリングアシスト付き車線逸脱警報、アクティブクルーズコントロールなどが備わります。

 新型フォーチュナーの価格は4万9080豪ドルから6万1410豪ドル、日本円で約374万円から約468万円です。