クルマのエアコンは、基本的にエンジンを利用して稼働しています。そのため、夏場の冷房や冬場の暖房が燃費に影響することも考えられるでしょう。果たして、暖房と冷房ではどちらのほうが燃費悪化につながるのでしょうか。

車内の「冷房・暖房」による燃費の影響とは

 クルマのエアコンは、基本的にエンジンを利用して稼働しています。そのため、夏場の冷房や冬場の暖房が燃費に影響することも考えられるでしょう。はたして、どちらのほうが燃費悪化につながるのでしょうか。

 カーエアコンの冷房・暖房には仕組みには大きな違いがあります。冷房は、「冷媒」と呼ばれる液体を密閉されたエアコンシステム内で循環させるとことで、「気化(蒸発)→液化→気化」が繰り返されます。この液体が気化するときに周囲の熱を奪うという性質を利用して、冷房効果を発揮するのです。

 また、気体を液化(凝縮)するには、気体の熱を奪う必要があり、コンプレッサーと呼ばれる動力を使って圧縮し圧力を高める必要があります。

 しかし、コンプレッサーを常に稼働させるためには、非常に強い動力が必要となり、クルマが持つ電力だけでは補うことができません。そこで、エンジンの動力をコンプレッサーを回転させる力として利用するのです。

 一方、暖房はエンジンから発生する熱を利用しています。

 エンジンを始動すると大量の熱が発生するため、冷却水で温度を下げる必要があります。ここで温まった冷却水に風を当てること暖かい空気を作り出され、車内への暖房機能として利用しているのです。ただし、電気自動車においては電気を利用する車種もあります。

 では、実際に夏の冷房と冬の暖房を比較した際、どちらのほうが燃費への影響が大きくなるのでしょうか、オートバックスセブンのIR・広報担当者は、次のように話します。

――クルマの冷房と暖房は、どちらのほうが燃費へ影響しますか。

 暖房は、クルマの熱で温まった熱を利用するため、直接的な燃費への影響が少ないです。一方、冷房の冷やす行為はバッテリーを消耗するため、エンジンを多く活用することから、暖房と比較すると燃費の消費は大きくなります。

 しかし、冬場も暖房という観点以外から考えると、燃費の消費が大きくなる場面があります。冬場は、車内の冷え切った空気を温めるために、アイドリングが増えます。このアイドリングが燃費の消費へと繋がるのです。

 冷房・暖房といった角度からの見方ではないものの、夏場だけでなく冬場も燃費への影響は起こり得るといえます。

――冷房による燃費を抑えるために、何かできることはありますか。

 気温の高い日は、車内の温度が滞留してなかが温められており、外気温よりも高くなります。このように、温度が上昇したなかでエアコンを稼働すると急いで空気を冷やそうとするため、その分パワーを使うことから燃費への影響につながるでしょう。

 そのため、少しでも車内を冷ました状態で空気を冷やすほうがエアコンの効き目も良くなり、燃費向上にも繋がります。

 そこで、クルマを利用する前にあらかじめ換気をおこなうことが大切です。運転席の対角線側にある助手席の窓を開けておき、運転席の扉を勢いよく2回から3回開け締めすることで車内の空気が循環し、暑い空気が外に逃げていきます。

 事前に少しでも車内の熱気を逃しておくことで、燃費の向上へとつながります。冷まし続ける行為よりも温度を保つほうが省エネとなり、高温になったものを冷やそうとするパワーは電力を使うので、温度を維持するほうが消耗を抑えることができるのです。

※ ※ ※

 また、オートバックスセブンによると、車内で扇風機を利用するなど、冷房の空気を循環させることも燃費向上に貢献できる方法のひとつだといいます。

 効率よく車内に冷たい空気が行き渡るほか、同じ温度であっても風が起きることで体感温度が下がります。

 エアコンの温度を調整することで消費効率を上げることができるので、扇風機などを使って設定温度を少しでも上げてみてください。

秋シーズンもクルマの燃費に影響はでる?

 夏や冬に関する燃費への影響について触れましたが、秋シーズンはどうでしょうか。前出のオートバックスIR・広報担当者は、次のように話します。

「秋は、夏や冬に比べて寒暖差も緩やかになるので、冷房・暖房といった観点での燃費に関する影響は非常に少ないです。

 ただし、雨が降る日も多くなるので、密閉された車内が暑くなってエアコンを使う機会もあるでしょう。また、残暑が厳しくなれば、まだまだ冷房を活躍せざる得ない時期でもあります。

 そのため、夏場と同じように扇風機を使って空気を循環するなどの方法をおすすめします。また、秋になれば日が落ちるとだいぶ気温も下がるので、エアコンを頼らずに窓を開けて外気を入れることも燃費向上につながります」

 ただし、徐々に気温が下がるにつれて、先述したように暖房によるアイドリングストップなどが増えることから燃費への影響も懸念されます。

 そのほかにも、クルマは気温が低くなるとエンジンを早く温めるために回転数を上げるよう設定されています。これは、アイドルアップと呼ばれ、夏場よりも多くのガソリンを消費するのです。

 さらに、空気密度も高くなるため、酸素密度が上がってO2センサーが作動し、使いきれなかった酸素を燃焼するためにガソリンが多く噴射されます。

 車内のエアコンに搭載されているA/CボタンをONにすれば、コンプレッサーが作動して電力を必要するため、ガソリンを消費します。

 そして、冬場に活躍するスタッドレスタイヤは、路面の食いつきをよくするために柔らかいゴムが使われており設置面積が通常のタイヤより広くなります。その分、抵抗が増すので燃費悪化にも繋がりかねません。

 このように、冬場はさまざまな観点から燃費悪化の影響が考えられるので、秋のうちから燃費低下を防ぐ方法を理解しておくことが重要です。

 まずは、「アイドリングを控える」、「タイヤの空気圧をチェックする」、「こまめにオイル交換をする」など、基本的なメンテナンスを心がける必要があります。

 また、状況に応じて「A/Cボタンのオンオフを使い分ける」ことも燃費改善に貢献できる方法のひとつです。

 前述のとおり、クルマの暖房はエンジンの熱を利用しているため、コンプレッサーを使わない分ガソリンの余分な消費がありません。したがって、暖房のみ必要なときは設定温度を上げて送風にし、A/CボタンをOFFにしておきましょう。

 ただし、送風だけでの暖房は湿度が高くなって窓ガラスが曇ることもあるので、A/CボタンをONにして車内の除湿をする必要があります。このように、状況に応じて小まめに切り替えることで、燃費消耗を抑えるポイントになります。

※ ※ ※

 クルマの暖房は、エンジンの熱効率を利用して暖かい空気を車内に送っているため、燃費への影響が少ないことが分かりました。一方、冷房は冷やすための動力が必要となり、暖房に比べて燃費消耗が大きいです。

 とはいえ、暑い季節に冷房を使わないわけにはいかないので、運転前に車内を換気したり、車内用扇風機を置いて効率よく冷たい空気を循環させるといった心がけを意識することで燃費向上にもつながるので試してみてください。