北米市場などで展開されるホンダの高級ブランド「アキュラ」。2020年9月23日に、同ブランドSUV「RDX PMCエディション」の2021年モデルをお披露目しました。

アキュラ最強のSUV!? 「RDX PMCエディション」とは

 ホンダが北米市場を中心に展開する高級ブランドのアキュラは、SUVの「RDX」に2021年モデルのラインナップ「RDX PMCエディション」を加えました。
 
 このRDX PMCエディションは、北米市場向けに360台のみ生産される限定モデルとなり、同社「NSX」と同じサーマルオレンジパール塗装が施されています。

 今回のRDX PMCエディションは、RDXアドバンスパッケージの最上級装備とRDX A-Specのアグレッシブでスポーティなスタイリングを融合させた、RDXのなかでもっとも装備の充実したモデルです。

 RDX PMCエディションの外観部分では、20インチアルミホイール、ボディカラーグリルサラウンド、ブラッククロームメッキエキゾーストフィニッシャー、ルーフ、サイドミラー、ドアハンドルなどをすべてグロスブラック塗装で処理しています。

 内装では、10.5インチカラーヘッドアップディスプレイ、エボニーミラノレザーとウルトラスエードを使用した16Wayパワースポーツシート、ヒーターステアリングホイール、ヒーターアウトボードリアシートなどを装備。

 ボディカラーは、サーマルオレンジパールの外装に加え、シート、センターコンソール、ドアパネル、ステアリングホイール、フロアマットに同系色のオレンジ色のステッチを施しています。

 また、従来のPMCエディションと同様に、「トルクベクタリング・スーパーハンドリング・オールホイールドライブ(SH-AWD)」を標準装備。

 RDX PMCエディションのデリバリー時期は2020年10月を予定し、価格は5万ドル台(500万円台)を予定しているといいます。