2020年9月23日、BMW M社から新型「M3セダン」「M4クーペ」が世界初公開。その発表と同時に、M3セダン・M4クーペ用のオプションパーツ、「Mパフォーマンスパーツ」も発表された。

新型M3セダン/M4クーペをよりスポーティにするオプション

 2020年9月23日、BMW M社から新型「M3セダン」「M4クーペ」が世界初公開され、その発表と同時に、M3セダン・M4クーペ用のオプションパーツ、「Mパフォーマンスパーツ」も発表された。

 2021年3月から市場に導入される予定の新型M3セダン/M4クーペだが、オプションパーツであるMパフォーマンスパーツもそれと同時に設定できるようになる。

 高品質のアクセサリーは、BMW M GmbHと共同で開発され、世界のサーキットで得られた経験と、モータースポーツスペシャリストの豊富なノウハウに基づいている。新型M3セダンとM4クーペの両方の特性に特化したコンポーネントは、非常にスポーティな外観をさらに際立たせる。

 さらに、軽量構造と空気力学の機能要件も満たしているため、両方の高性能モデルの優れた動的特性が著しく向上するという。
 
「Mパフォーマンス サイレンサーシステム」は、モータースポーツ経験に基づいて開発されたフラップコントロール付きチタン製軽量エグゾーストシステムは、ノーマルよりも約5kg軽量化され、さらにスポーティな体験を提供する。4本出しのチタンセラミックコーティングテールパイプは、ノーマルとは異なる印象的なリアエクステリアを提供する。

「Mパフォーマンス スポーツサスペンション」は、さまざまなサーキットで開発、および調整され、モータースポーツにも直接関連している。コイルオーバーサスペンションにより、ノーマルモデルより5mmダウンから20mmダウンまで、無段階に調整することが可能だという(M社では10mmダウンを推奨)。

 ダンパー自体は変更されていないため、スポーツサスペンションの設定で重心高をさらに低く、さらにロールが少なく、コーナリング速度がさらに速くなる。またダイナミクスだけでなく、ローダウンされたスポーティなルックスも特徴になる。

「Mパフォーマンス スポーツブレーキパッド」は、短い制動距離、優れた応答特性、高い熱抵抗を保証する。サーキット走行においてのパフォーマンス向上に直接つながるパーツとなる。

 また、カーボン素材のパーツは、M3セダンとM4クーペのスポーティなルックスをよりシャープにするのに最適だ。

 Mパフォーマンス カーボンフロントスプリッター、カーボンエアロフリックスはとくに印象的なエクステリアを提供する。またサイドにはカーボンエアブリーザーやカーボンサイドスカートトリム、リアにはカーボンリアウイング、カーボンリアスポイラーを用意している。

 ホイールも、フロント19インチ・リア20インチのYスポーク鍛造ホイール「963M」と、フロント20インチ・リア21インチサイズのクロススポーク鍛造ホイール「1000M」を用意する。さらに、スノーチェーン対応の19インチダブルスポークコンプリートウインターホイール「829M」も設定している。

 インテリアでは、よりモータースポーツの雰囲気を味わえるオプションを用意。さらにアルカンタラを使用した「Mパフォーマンス プロ」ステアリングホイールは、ドライバーに最大限のグリップとダイレクトなステアリングフィールを提供する。