ホンダは、2020年秋にマイナーチェンジする新型「オデッセイ」の新たな情報を2020年9月28日に公式ティザーサイトで公開しました。フロントフェイスが刷新された新型オデッセイは、どんな高級ミニバンとして登場するのでしょうか。

公式ティザーサイトで新たな情報を公開

 ホンダは、2020年秋にマイナーチェンジする新型「オデッセイ」の新たな情報を2020年9月28日に公式ティザーサイトで公開しました。

 新たなフロントフェイスを採用した新型オデッセイは、どんなモデルになるのでしょうか。

 5代目となる現行型オデッセイは2013年に発売されました。歴代初の後席スライドドアを採用しており、ミニバン市場では高級ミニバンに位置づけられるモデルです。競合するモデルには、販売好調なトヨタ「アルファード/ヴェルファイア」や、日産「エルグランド」があります。

 今回、ホンダは公式ティザーサイトで、新型オデッセイの内外装を画像で紹介するとともに、搭載される安全運転支援システム「ホンダセンシング」に、新たに後方誤発進抑制機能が追加されることを明らかにしました。

 不注意による急な後退を防止し、さらなる安心感をドライバーにもたらします。

 衝突軽減ブレーキや歩行者事故軽減ステアリングなど、後方誤発進抑制機能を含め9つの機能がホンダセンシングには備わります(一部、e:HEV仕様とガソリン仕様で機能に差があります)。

 また、今回のティザーサイト更新では、e:HEV(ハイブリッド)仕様とガソリン仕様のふたつが設定され、それぞれに7人乗り車と8人乗り車が存在することも明らかになりました。

 駆動方式はガソリン車・8人乗りの仕様のみFFと4WDが選択可能で、ほかの仕様はFFのみです。

 ボディカラーは、オブシダンブルーパールやプレミアムヴィーナスブラックパールをはじめとした全5色を設定。

 そして、車両に触れずにドアの開閉が可能な「ジェスチャーコントロール・パワースライドドア」や、足の動きでテールゲートを開閉できる「ハンズフリーアクセスパワーテールゲート」、あらかじめ施錠操作をすることでパワースライドドアなどを閉めた後、自動で施錠する機能「予約ロック」などの便利な機能が搭載されることも明記されています。

 公式ティザーサイトからは、販売店検索も可能なほか、カタログの事前請求(送付は発売後)も受け付けています。