トヨタのコンパクトSUVとなる新型「ヤリスクロス」は、先行予約開始から爆売れが止まらないようです。なぜ、新型ヤリスクロスはこれほどまでにユーザーから関心を持たれるのでしょうか。

最上階グレードと2トーンカラーが売れ筋

 2020年8月31日に発売されたトヨタのコンパクトSUVとなる新型「ヤリスクロス」。約1か月を経過した売れ行きはどうなっているのでしょうか。

 新型ヤリスクロスは、同社のコンパクトカーである「ヤリス」と同じGA-Bプラットフォームを用いたモデルで、2020年4月23日に発表され、同年8月上旬より先行予約を開始し、同月31日に発売されました。

 先行予約の間に約1万2000台を受注。当初の月販目標4100台の3倍となり、9月上旬時点での納車時期はハイブリッド車で最大4か月待ちだといいます。

 首都圏のトヨタ販売店スタッフによれば、先行予約が開始された時期からほぼ毎日ヤリスクロスに関する何らかの問い合わせがあるほどユーザーからの関心は高く、正式発売後も試乗を希望する電話が殺到するほどだと話しています。

 また、販売店スタッフによれば、「ヤリスクロスのこれまでの販売台数は2万台から3万台になる見込み」とのことです。先行予約と含めて約2か月の結果であることを考えると、非常に好調な売れ行きです。

 では、なぜこれほどまでに好調なのでしょうか。前出とは別の販売店スタッフは次のように説明します。

「新型ヤリスクロスが好調な要因には、まず人気のコンパクトSUVということと、価格が100万円台から設定されていることが大きいです。

 その上で、2020年5月からそれまでの販売チャネル専売戦略を廃止して、全店舗で全車種を扱うことで、お客さまがどの店舗にも足を運びやすくなりました。

 そのため、ほかの車種を見に来られたお客さまが新たに発売されたヤリスクロスを目にする機会が増えたことで、より多くのお客さまに関心を持って頂いているのではと、考えられます」

※ ※ ※

 新型ヤリスクロスの価格(消費税込、以下同様)は、ガソリン車は179万8000円から244万1000円、ハイブリッド車は228万4000円から281万5000円です。

 同じトヨタブランドかつ類似するパッケージを展開しているコンパクトSUVの「C-HR」が、ガソリン車(2WD・4WD)が238万2000円から301万3000円、ハイブリッド車(2WDのみ)が274万5000円から314万5000円となっているため、たしかに価格だけでみればヤリスクロスの方が手が出しやすいといえます。

新型ヤリスクロスはオプションを選ぶ人が多数!? その理由は?

 新型ヤリスクロスのグレード展開は、ベースグレードの「X」、中級グレードの「G」、上級グレードの「Z」の3つ(ガソリンのみ最廉価の「X“Bパッケージ”」が存在)です。

 パワートレインは1.5リッターガソリンと1.5リッター+モーターのハイブリッド、駆動方式はFFと4WD(ハイブリッドはE-Four)が全グレードに設定されます。

 また、人気オプションである「パノラミックビューモニター」はG以上で3万3000円、Xで4万9500円。「ハンズフリーパワーバックドア」はG以上のみ選択可能で7万7000円です。

 前述のように新型ヤリスクロスは、車両価格が抑えられていることもあり、+αのオプションも選ぶユーザーが多いようです。では、発売から約1か月が経過した時点での売れ行きや、人気のグレードやオプションはどうなっているのでしょうか。

 前出の販売店スタッフは以下のように話します。

「発売から約1か月経った今でも先行予約からほとんどペースは落ちず、試乗や購入の問い合わせがあります。

 グレードでは、最上級の『Z』が1番人気です。ヤリスクロスは、もともとほかのSUVと比べて価格が抑えめなため、電動パワーシートや細かい加飾の質感が高い上級グレードが選ばれる傾向があります。

 オプションでは、駐車をサポートする『パノラミックビューモニター』や、Gグレード以上なら『ハンズフリーパワーバックドア』などが人気です。

 納期については、ガソリン車なら年末から年明けすぐ、ハイブリッド車なら2020年1月末から2月となっています。なお、2トーンカラー車は人気なので、モノトーンより若干納期が伸びています」

 なお、納期について、販売店スタッフは今後さらに伸びていくと話しています。

 とくに、ヤリスでも人気のあった2トーンカラーは、実物が展示され始めた発売後に注文が増えているとのことで、もし購入を希望するのであれば待つことは必至のようです。

 また、現在も試乗や商談の問い合わせが絶えないことから、今後も「ヤリクロ人気」はしばらく続くでしょう。