インフィニティは2020年10月15日、2019年にフルモデルチェンジされた「QX50」の、2021年モデルを発表。価格と改良内容が明らかになりました。

多数の機能を標準化

 インフィニティが、2021年モデルの「QX50」の詳細を公開しました。

 現行モデルのQX50は、2019年にフルモデルチェンジが施された第2世代のミドルサイズSUVです。

 2021年型も引き続き改良が施され、さまざまな装備や多くのアップデートが追加されました。

 ボディカラーにはミネラルブラックが追加され、後部座席用エアバッグと緊急通報付き自動衝突通知システム、防音のフロント/サイドガラスや車載Wi-Fiなどが新たに標準装備されています。

 さらに上級グレードである「LUXE」には、ヒーター付きフロントシートやインテリジェントクルーズコントロール、距離コントロールアシストやブラインドスポットモニター、車線逸脱防止などを組み合わせたプロパイロットアシストを標準装備。

 20インチのブラック塗装ホイールや、ブラックミラーキャップ、ダーククロームアクセントやブラックグリルメッシュ、グラファイトヘッドライナーなどの外装パッケージも選択可能となりました。

 2021型QX50は、PURE、LUXE、ESSENTIAL、SENSORY、AUTOGRAPHの5つのグレードをラインナップ。それぞれのグレードに、前輪駆動またはインテリジェントAWDが設定されています。

 2021型QX50の価格はFWDが3万7950ドル(約400万円)、AWDが3万9950ドル(420万円)からです。