現在、世界的に人気が高いSUVですが、日本ではコンパクトなモデルが好調なセールスを記録しています。一方、海外では道路環境の違いから大型のSUVが人気で、国産メーカーも海外専用に大型SUVを展開。そこで、最新のビッグサイズSUVを3車種ピックアップして紹介します。

海外ならではの国産ビッグサイズSUVを紹介

 近年、世界的に人気が高い車種といえばSUVです。国内外の各メーカーから次々と新型SUVが登場し、ラインナップは拡大しています。

 なかでも日本の市場では比較的コンパクトなクロスオーバータイプが売れていますが、一方海外では、道路環境や住環境の違いから大型なモデルが人気となっている国もあり、国産メーカーも海外専用に大型SUVを展開。

 そこで、最新のビッグサイズSUVを3車種ピックアップして紹介します。

●マツダ「CX-9」

 マツダは海外専用車が少ないメーカーですが、北米やオーストラリアなどで大型SUVの「CX-9」を販売しています。

 初代CX-9は2007年に北米で発売された3列シートのSUVで、3.5リッターV型6気筒エンジンを搭載。2012年のビッグマイナーチェンジで、「魂動デザイン」の要素を取り入れたフロントフェイスに一新。

 その後、CX-9は北米だけでなく74か国で販売され、グローバルの累計販売台数は21万台を記録するヒット作となりました。

 2016年には2代目が登場し、エンジンは「マツダ6」にも搭載された新開発の2.5リッター直列4気筒ターボにダウンサイジングされました。

 また、現在のCXシリーズに共通するデザインを採用しています。

 ボディサイズは全長5064mm×全幅1968mm×全高1752mmと、国内のフラッグシップモデルである「CX-8」よりもひとまわり大きく、風格ある堂々としたサイズです。

 先進安全技術「i-ACTIVSENSE」や新世代の4WDシステム「i-ACTIV AWD」も搭載されており、海外でのフラッグシップにふさわしく、装備も充実しています。

●ホンダ「パイロット」

 ホンダの大型SUVというと、かつて2006年まで日本で販売していた「MDX」がありましたが、現在も北米ではアキュラMDXとして販売されています。

 ホンダブランドの大型SUVというと「パイロット」があり、初代は2002年に発売され、現行モデルは2015年に発売された3代目です。

 デザインはMDXが洗練されたクロスオーバータイプなのに対し、パイロットは都会的なクロスカントリー4WDをイメージさせます。

 ボディサイズは全長4991mm×全幅1996mm×全高1793mmと、「CR-V」よりも大柄ですが、北米ではミッドサイズのSUVというポジションです。

 搭載されるエンジンは3.5リッターV型6気筒で、最高出力は280馬力(米規格)を発揮。トランスミッションは6速ATと9速ATが、グレードによって選べます。

 駆動方式はFFの2WDと4WDがあり、4WDシステムは路面状況によって駆動力が変えられるマルチモード式です。

 また、先進安全装備の「ホンダセンシング」を全車に標準装備し、最廉価グレード以外はApple CarPlay/Android Autoに対応したディスプレイオーディオや、ブラインドスポットモニターを装備するなど、充実した内容となっています。

ランクルが小さく見えるほどデカイ!

●トヨタ「セコイア」

 トヨタ「セコイア」は北米で販売するフルサイズSUVです。初代が2000年に発売され、現行モデルは2007年に発売された2代目となります。

 セコイアはフルサイズピックアップトラックの「タンドラ」のラダーフレームをベースに、ステーションワゴンタイプのボディを架装した3列シートの7人もしくは8人乗りSUVです。

 ボディサイズは全長5210mm×全幅2029mm×全高1956mmと、トヨタ製SUVのなかでも最大です。

 国内のフラッグシップSUVである「ランドクルーザー」のボディサイズは全長4950mm×全幅1980mm×全高1870mmですから、セコイアの大きさが際立っているのがわかります。

 エンジンはレクサス「LX570」にも搭載される5.7リッターV型8気筒で、最高出力は381馬力(米規格)を誇り、組み合わされるトランスミッションは6速ATのみです。

 駆動方式はFRの2WDとフルタイム4WDが選べ、4WDではセンターデフにロック機構を搭載し、本格的な悪路走破性を発揮しながら、足まわりには4輪ダブルウイッシュボーンを採用することで、優れた乗り心地を実現。

 また、最新の2020年モデルではLEDヘッドライトや、Apple CarPlay/Android Autoに対応したディスプレイオーディオ、最新の先進安全装備「トヨタセーフティセンス」が装備されました。

 なお、セコイアという車名は、アメリカに自生している世界一の高さに成長する巨木の名前に由来し、なかには樹高100mに達するものもあります。

※ ※ ※

 今回、紹介したような大型SUVは、日本の道路環境では走る道を選ぶ必要があり、駐車場でも苦労しそうです。

 しかし、実際に運転してみると、視線が高く見切りが良いので、意外と運転しやすい印象があります。

 さすがに都市部では気を使いますが、郊外や高速道路をのんびり走るような使い方ならば、大型SUVは魅力的な1台ではないでしょうか。