これぞ日本の「美!」ともいえる極上のレクサス「LSリムジン」が発見されました。LSのリムジン仕様となるモデルがヨーロッパで販売されているようです。

世界の高級車に影響を与えたLS

 日本の高級車として世界に名高いレクサスのフラッグシップセダンの「LS」ですが、ヨーロッパで極上美品のLSリムジンが販売されています。

「エコ」で「コスパのいい」クルマとして、これまで世界中で販売台数を伸ばしてきた日本車ですが、その一方で高級車のイメージはほとんどありませんでした。

 そんなイメージをくつがえすべく1989年に北米で登場したのが、トヨタの高級車ブランド「レクサス」、そして高級セダンのLSです。

 LSは日本でもトヨタ「セルシオ」として販売され、トヨタの高級車として高い人気を誇りました。

 これまで、国産高級車といえばトヨタ「クラウン」がその代表でしたが、セルシオの登場によってクラウンの立ち位置が霞んでしまうほどの影響がありました。

 そして、LSは世界中の高級車ブランドを驚かせることになります。

 それまで北米市場で人気だった米国メーカーの高級車が、いかにも「アメリカン・ラグジュアリー」というべき豪奢さを持っていたのに対し、LSは日本的な感覚、例えば静けさのようなものを高級車の必要条件として設定したのです。

 そうしたLSの登場により、それまではエクステリアに風格があり、インテリアは広く、なおかつ柔らかいソファのようなシートを持っていることが高級車の証とされていたのに対し、静粛性や繊細さが重視されるようになりました。

 世界の高級車市場をリードしてきたメルセデス・ベンツでさえ、LSを徹底的に研究したといわれています。

 そんな「歴史的名車」のLSですが、ヨーロッパの中古車市場にリムジン仕様が登場しました。

 リムジン仕様にビルドアップする業者が多いヨーロッパでは、さまざまなモデルのリムジン仕様があること自体はそれほど珍しくありませんが、このクルマが話題になったのは、その完成度の高さにあります。

まるで純正モデル並み!? この完成度で約860万円は安い?

 このLSリムジンは、ポーランド南西部にあるゴゴリンという小さな町の中古車販売店から販売されています。

 ベースとなっているのは、1998年式の2代目LS(XF20型)の後期モデル、左ハンドル仕様のLS400で、搭載されるエンジンは、LS自慢の4リッターV型8気筒エンジンです。

 販売店の説明によると、走行距離は約1万5000kmと年式の割に低走行であることに加えて、2020年8月にレクサスの正規ディーラーによるリフレッシュサービスを受けているため、まるで新品同様のコンディションだといいます。

 リムジンの真骨頂である後部座席は圧巻です。ストレッチ自体は30cmほどとリムジンとしては控えめな全長となっていますが、そのストレッチ部分すべてが後部座席のニースペースにあてられていることから、思う存分足を伸ばすことができるほどの広さとなっています。また、ベージュの落ち着いたインテリアは高級感が抜群です。

 さらに、センターコンソール上に備え付けられたブラウン管の車載テレビと車載電話が「イイ味」を出しています。

 いまや時代錯誤ともいえる装備ですが、往年の名車と組み合わされると、まるで20年前にタイムスリップしたかのような錯覚を覚えます。

 前述の通り、リムジンとしては控えめなストレッチのため、周囲を威嚇するようなコワモテ感は感じられません。どこか上品な、日本的なわびさびを感じる1台に仕上げられています。

 気になるお値段は、約860万円とのこと。日本の中古車市場では、同年式の美品のセルシオが100万円から200万円程度であることを考えるとやや高額ですが、ほぼ新車同様のコンディションで、世界に1台のLSリムジンが手に入るのであれば、意外と安いといえるかもしれません。