スバル「フォレスター」の改良モデルが2020年10月22日に発表され、新たなパワートレインとして新開発の1.8リッターターボエンジンが搭載されます。また、ハイブリッド搭載グレードが拡大されました。

待望のターボモデル復活! 新開発の1.8リッターターボエンジンとは?

 スバルはSUVの「フォレスター」の改良モデルを、2020年10月22日に発表しました。

 2018年にフルモデルチェンジしたフォレスターは、現行モデルで5世代目となります。C型へと進化したフォレスターは、どのようなモデルなのでしょうか。

 現行フォレスターはスバルが最量販車種と位置づけるグローバル戦略車で、「SUBARU GLOBAL PLATFORM」を採用することで、クラストップレベルの衝突安全性能・危険回避性能や、ドライバーの意志に忠実なハンドリング・快適な乗り心地を実現しています。

 さらにスバル初となる乗員認識技術ドライバーモニタリングシステムや水平対向エンジンと電動技術を組み合わせた「e-BOXER」など新たな価値を加え、機能や性能が向上しました。

 今回の改良では、ターボエンジン搭載グレードとして「スポーツ」が新たに追加されます。

 歴代モデルでは設定があったものの、現行モデルへフルモデルチェンジした際にターボモデルを廃止。登場当初は2.5リッターガソリンと「e-BOXER」を搭載する2リッターハイブリッドのラインナップとなっていました。

 2年ぶりに復活するターボモデルは、2020年10月18日に発表された新型「レヴォーグ」と同じく、新開発の1.8リッター直噴ターボ“DIT”エンジン(CB18型)を搭載。

 日常での扱いやすさを重視し、低回転域から300Nmの高トルクを発生。アクセルを踏み込むとしっかりとした加速感が得られ、高速道路上での合流や追い越しなども気持ち良くおこなえます。

 また、少ない燃料でより多くのエネルギーを生み出す最新技術リーン燃焼などの採用によって、優れた環境性能を実現しました。

 新グレードの「スポーツ」では、新開発のエンジンに加えて、専用開発のダンパーとコイルスプリングを採用し、SUV でありながら質感の高い、スポーティな走りを楽しめるといいます。

「スポーツ」のエクステリアは、ブラック塗装のフロントグリルやダークメタリック塗装のアルミホイールなどでコーディネートし、インテリアではホールド性など機能性に優れたウルトラスエード/本革シートを装備することで、最上級スポーツグレードにふさわしい仕様としました。

 また、これまでは「アドバンス」グレードに搭載されていたe-BOXERですが、「X-BREAK」「ツーリング」へも設定を拡大。「X-BREAK」においては、新制御のモーターアシスト「e-アクティブシフトコントロール」を採用し、スポーティな走りをサポートします。

 なお今回の改良で2.5リッターガソリンが廃止されたことから、フォレスターのパワートレインは、2リッターハイブリッドと1.8リッターターボの2機種となりました。

 機能面では、「ドライバーモニタリングシステム」が全グレードに設定されました。

 ドライバーが乗り込むと、インパネセンターバイザーに内蔵されたカメラがドライバーの顔を認識し、シートポジションやドアミラー角度、空調などを自動的に再現するなど、安全運転を支援するとともにおもてなしを提供します。

 フォレスターの価格(消費税込)は、e-BOXER搭載モデルが291万5000円から315万7000円、1.8リッターターボモデルが328万9000円です。