1970年代に、ポルシェが脱「911」を目指して本気で開発していたFRポルシェ。クルマとしての出来は最高ながら、当時はそのルックスなどから販売は不振に終わったFRポルシェは、ユーズドで選んで気軽に楽しむにはもってこいである。

時代を先取りしすぎていた「928」

 1960年代の中盤に誕生したポルシェ「911」の後継車を生み出すこと。それは21世紀の現代に至っても911が健在であることを考えると、馬鹿げた話と感じられるのかもしれないが、実際に1970年代も半ばを迎える頃になると、ポルシェの内部ではそれが真剣に議論されるようになっていた。

 とりわけ当時の社長であったエルンスト・フールマンは、911のさらなる上級志向を狙っており、結果V型8気筒エンジンをフロントに搭載する「928」が1977年に誕生する。

●1978 ポルシェ「928」

 928には、さまざまな新機構が採用されていた。V型8気筒エンジンはフロントミッドシップされ、911の空冷式から水冷式に。排気量は4474ccにまで拡大されている。

 これに5速AT、もしくはメルセデス・ベンツから供給を受けた3速ATが組み合わされるが、これはリアに配置されトランスアクスル方式を構成する。

 今回ボナムスの「MPHセプテンバー・オークション」に出品された928は、928シリーズのなかでも、もっとも初期に生産されたモデルの1台である。

 初期モデルの特徴は、燃料供給にボッシュ製のKジェトロニックを使用していることで、1981年モデルではすでにLジェトロニックに変更されてしまう。

 参考までに出品車の最高出力は230ps。最高速はミッションの違いにより、5速MTモデルでは240km/h、3速ATモデルは230km/hと、発売当時は発表されていた。

 出品車のコンディションは、オンライン上で見る限りは、生産から40年を超えたモデルであるとは思えないほどのクオリティだった。出品者自身の評価はやや控えめで、トータルのスコアは100点満点中59点と申告されているが、ボナムスの評価はそれ以上に高かったほどだ。

 エスティメートは1万8000?2万4000ポンドであったが、実際の落札価格は1万6875ポンド(邦貨換算約230万円)であった。

 これからますます台数が減ってくるV8FRのスポーツモデルを購入するには、決して割高な数字とはいえないだろう。日本にはもちろん、911と同様にV8ポルシェを扱うスペシャリストはたくさんあるのだから。

100万円以下で手に入るポルシェとは?

 911の後継車を狙って開発された928だが、やはりそのサイズは911を大きく超えていた。911のカスタマーには、928は最適なモデルではなかったのだ。

 そこでポルシェが企画したのが、928よりもコンパクトで911と同等のサイズを持つFRモデルだった。

●1989 ポルシェ「944 S2」

 すでにポルシェは「924」でその試みを実行に移していたが、その特徴に乏しいエクステリアやエンジンのパワーは、とても911の後継車には相応しくなかった。

 ポルシェはそのような事情から、924をベースに新たなFRポルシェを開発することを決意する。正確には924のレーシングバージョン「924カレラGT」がそのベースで、前後のブリスターフェンダーやリアスポイラーなど、空力面で924から一気に武装されていることが分かる。

「944」とネーミングされたそのニューモデルは、1981年のIAA=フランクフルト・ショーで発表された。実際の生産は1983年からとなり、1991年に生産が中止されるまでに、さまざまなモデルが誕生している。

 出品車は、1989年モデルの「944 S2」だ。ポルシェ944は、155psの2.5リッター直列4気筒エンジンを搭載してその歴史をスタートさせるが、翌年にはターボを装着して220psを誇る「944ターボ」が登場。1987年にはヘッドを「928S4」のそれに変更した「944 S」も誕生する。

 ここで紹介する944 S2は1989年に登場したモデルで、最大の特徴は直列4気筒エンジンが実に3リッターにまで拡大されていることだ。最高出力は211psとされたが、3リッターの排気量を直列4気筒で実現した技術者たちの苦労は、いかがなものだっただろうか。

 ベンダースコアーで74ポイントを掲げて出品されたこの944 S2は、確かに走りを楽しむには、趣味の入り口として最高の1台かもしれない。後継車は「968」で、こちらもオークション市場で探してみたい気になる存在だ。

 気になる落札価格は、エスティメートの6000?1万2000ポンドに対して6187ポンド(邦貨換算約85万円)であった。通好みのポルシェライフのスタートとしては、手頃な値段であろう。