高級な寿司屋に行った際、「時価」という表記を目にすることがあります。これは獲れた時期や魚の大きさなど、その時々で異なるためだといいます。一方で、中古車も年式や走行距離など同じものは無いですが、おおよその相場価格が存在します。では、魚よりも高額な中古車の販売で「ASK」というように価格が表記されないことがあるのはなぜなのでしょうか。

値段がわからないのはユーザーにとってデメリット

 中古車を探しているとよく目にするのが「ASK」という表記。意味的には「価格は尋ねててください」となります。
 
 魚のように獲れたタイミングなどによる時価とは違い、中古車は細かな条件によって販売店毎の差はあれど、相場価格は決められるはずですが、なぜ、高額な買い物といえる中古車の価格を隠すのでしょうか。

 日本自動車販売協会連合会(自販連)の統計によると、2019年度の乗用車中古車登録台数は333万4075台でした。

 503万8648台という同時期の新車販売台数と比べると少ないように感じますが、それでもかなりの数字であることがわかります。

 昨今のコロナ禍のなかでは、不特定多数の人との接触を避けて移動できるクルマの魅力が再確認されているといい、中古車市場はにわかに活性化しているようです。

 中古車の魅力はさまざまですが、多くの人にとって中古車のメリットといえば、新車に比べて価格が安いことが挙げられます。

 現在、100万円以下で購入できる新車はほとんどありません。しかし、中古車であれば、同じ金額で国産車はもちろん輸入車も選ぶことができます。

 一方、中古車はクルマの状態がひとつひとつ異なる「一品物」であるため、当たり外れがあるというデメリットがあります。

 もちろん、新車でもまれに初期不良が発生することがありますが、基本的には一定期間のメーカー保証があるため、大きなリスクはありません。

 しかし、中古車の場合は保証がない場合も多く、購入時に気が付かなかった不調が発見された場合は、自費で修復しなければならないケースも少なくありません。

 また、同じモデルでも価格の差が大きい場合もあり、また、時期によっても変動するため、ユーザーが適正金額を把握することが難しいというデメリットもあります。

 業界の努力によって、現在は明らかな「ボッタクリ」店は減ったといわれていますが、それでも定価がはっきりとしている新車に比べると不安に思うユーザーはいるでしょう。

なぜ価格を表記しない? 不安にさせる「ASK」の正体

 かつては中古車情報誌、そしていまではインターネットの中古車情報サイトで探すことが一般的となった中古車ですが、価格を見ると「ASK」と表記されていることがあります。

 つまり、「価格を知りたいなら販売店に連絡を」という意味なのですが、なぜ価格を表記しないのでしょうか。

 ASKのクルマを多く扱う、ある中古車販売店スタッフは次のように話します。

「『ASK』のタグを付ける理由はいくつかあります。もっとも多いのは、そのクルマの相場が安定していない場合です。

 国産の量販車や軽自動車などは中古車市場で大量に流通していることから、業者間オークションなどを通して自然と相場が安定します。

 しかし、例えば希少車やカスタムカーなどの一点物に近いクルマには相場価格がありません。

 その時々の情勢によって価格を決めるという点で、寿司屋の『時価』と同じ考えです。

 もうひとつは『複数価格』を持っている場合です。『お客さまによって値段を変える』というと聞こえが悪いですが、例えば、近年海外の人が日本にあるスポーツカーを購入する機会が増えました。

 地域によって送料や関税といった諸費用、法規対応に関する整備内容も異なるため、表示価格と支払価格が大きく異なってしまう可能性があります。つまり、見積もり対応という意味合いです」

 ここまでは、ある程度想像できる内容ですが、実はより複雑な業界事情もあるようです。前述のスタッフは続けて次のように話します。

「少し内輪の話になりますが、相場の安定していないクルマに対して価格を公表してしまうと、同業他社間で基準にされてしまうということがあります。

 例えば、中古車市場にあまり流通していないモデルで、走行距離3万キロ、並のコンディションのクルマに対して300万円の値札をつけた場合、走行距離1万キロで状態のより良い同じクルマを持っている別の販売店は、当然それ以上の値段をつけます。

 すると、最初に値札をつけた販売店は、どうがんばっても300万円以上で売ることはできなくなってしまいます。

 もしかしたら、最初に400万円の値札を付けていたら400万円で売れたかもしれません」

 かつては、自身の持つクルマを自慢がしたいために、売る気はないにもかかわらず「ASK」で出品し、問い合わせを受けたら法外な値段を提示するということもあったといわれますが、現在でもそうした悪徳な事例はあるのでしょうか。

 前出の中古車販売店スタッフは続けます。

「業界全体が健全化しているので、かつてのような逸話はほとんど聞きません。

 当店も『ASK』のクルマが多くありますが、すべて値段は設定されているので、お問い合わせいただければ基本的にはお答えしています。

 販売店としては、本当にそのクルマを欲しい人に売りたいという気持ちも強いので、熱意をもってお問い合わせいただいた人には、誠意を持って対応しています」

※ ※ ※

 海外では「P.O.R(Price on Request)」と表記されることもある中古車の「ASK」ですが、その背景にはさまざまな事情があるようです。

 しかし、基本的には問い合わせをすることで値段を教えてもらうことができます。中古車とはいえ、安い買い物ではないからこそ、気になったクルマは遠慮なく問い合わせてみたほうが良いでしょう。