アウディ ジャパンは、2020年7月に第2世代にフルモデルチェンジしたプレミアムコンパクトSUV、「Q3シリーズ」のハイパフォーマンスモデル「RS Q3」「RS Q3 スポーツバック」を発表、12月8日より発売する。

RSシリーズ初のコンパクトクロスオーバーSUV

 アウディ「RS Q3」「RS Q3 スポーツバック」は、Q3シリーズの頂点に位置する高性能モデルだ。

「インターナショナル エンジン オブ ザ イヤー」の2.0−2.5リッターカテゴリーにおいて、9年連続でベストエンジン賞に選出された5気筒エンジンとクアトロ・フルタイム四輪駆動システムを組み合わせており、SUVの枠に収まらない、ハイエンドスポーツモデルにふさわしい性能を備えている。

 オールアルミ製の2.5リッター直列5気筒TFSIガソリン直噴ターボエンジンは、クラストップレベルの最高出力400ps、最大トルク480Nmを発揮。7速Sトロニックトランスミッションとともに組み合わされるクアトロ・フルタイム四輪駆動システムは、コンパクトかつ軽量な電子制御油圧式の多板クラッチを採用。

 前後アクスルにトルクを可変配分することにより、大パワーを確実に路面へ伝達し、優れた高速安定性と操縦安定性を実現することで、0-100km/h加速は4.5秒となっている。

 サスペンションは、「Q3」「Q3 スポーツバック」に比べて車高を10mm低めたRSスポーツサスペンションを標準装備。さらに減衰力を電子制御するRSダンピングコントロールサスペンションをオプションで設定している。

 エクステリアは、ブラックのハニカムメッシュグリルを備えたシングルフレームグリルや大型エアインレットや、RSシリーズ専用の前後バンパーやリアディフューザー、左右2本出しの楕円形テールパイプを採用。

 往年のアウディ・スポーツ クアトロを彷彿とさせる前後のブリスターフェンダーや彫りの深いサイドのロワーラインなどにより、RSシリーズならではの力強さを表現している。

 また、20インチの10スポークスターデザインアルミホイールを標準装備。オプションで21インチアルミホイールやカラードブレーキキャリパーレッド、セラミックブレーキ、RSスポーツエキゾーストシステム等も選択可能となっている。

 インテリアでは、オクタゴンのシングルフレームグリルをモチーフとしたデザインがインストルメントパネルに配されているのが特徴。さらにRSシリーズ専用モード付きのアウディバーチャルコックピットプラスを採用。

 またRSロゴ付きアルカンターラ/レザースポーツシートなどを装備し、スポーティさとプレミアム性が高められている。さらにSスポーツシートを備え、ステアリングやシフトノブ、シートベルト、フロアマットなどにアクセントとなるステッチを配したRSデザインパッケージなどをオプションで用意している。

 車両価格(消費税込)は次の通り。

・RS Q3(右H):838万円
・RS Q3 スポーツバック(右H):863万円