2020年11月24日、日産は3代目となる新型「ノート」を世界初公開しました。9年ぶりのフルモデルチェンジとなる新型ノートは、日産のホームマーケットでの最量販車種であり、事業構造改革「Nissan NEXT」においても、非常に重要なモデルです。あらゆる面が大幅に進化を遂げた新型ノートにはどのような特徴があるのでしょうか。

日産新ロゴ採用で初めて発売するモデルとなる新型「ノート」

 日産は、2020年11月24日にコンパクトカーの新型「ノート」を8年ぶりにフルモデルチェンジし、同年12月23日より発売します。
 
 日産の事業構造改革「Nissan NEXT」において非常に重要なモデルとなる新型ノートは、同社のホームマーケットとなる日本での最量販車種です。

 日産は、2020年11月12日に2020年度上半期決算を発表。このなかで、事業構造改革「Nissan NEXT」の一環として進めている12の新車投入計画についても、順調に進捗していることを説明しています。

 なかでも、Nissan NEXTでは、「ホームマーケットとなる日本の再強化」、「2023年度末までにEV2車種、e-POWER4車種を投入」、「モデルの若返りを図り、車齢平均を4年以下」、「新技術は日本から投入」などに注力することで、競争力を高めていくとしています。

 その重要車種として注目されていたのが、今回フルモデルチェンジが発表された新型ノートです。

 初代ノートは、2005年1月、「これまでのコンパクトカーになかった爽快な走りと、使いやすい装備で自在に楽しめるコンパクトカー」をコンセプトに発売され、15年間で累計146万台もの販売を記録しました。

 そして、2012年9月の2代目発売から4年後の2016年11月、EVから生まれたe-POWERを搭載し発売。100%モーター駆動ならではの力強くレスポンスの良い加速と、優れた静粛性を実現したことで、2018年暦年の登録車販売台数No.1を獲得しています。

 今回、3代目となるノートは、歴代モデル同様に売れることを目指していることは当然ですが、単純な主力コンパクトカーということだけではなく、日産が日本市場で復権するための重要なモデルだといいます。

 新型ノートの役割について、チーフマーケティングマネージャーの丸地隆史氏は次のように説明しています。

「9年ぶりのフルモデルチェンジとなり、2020年7月にお披露目されたクロスオーバーEV『アリア」でも装着されていた日産の伝統と革新を象徴する新ロゴを装着して発売される最初のモデルとなります。

 また、日産が誇る電動化技術、自動運転化技術の象徴としてアリアと並び新生日産を代表するクルマです。

 日産の電動化技術が詰まった第二世代のe-POWERと、新プラットフォームの組み合わせで、クラスを超えた乗り心地を実現。運転支援技術のプロパイロットはナビリンク機能を追加して大きく進化しました。

 なお、新型ノートのコンセプトは、『コンパクトカーの常識を変える運転の快適さと楽しさが詰まった先進コンパクト』とし、圧倒的な先進性や運転して楽しいワクワクするクルマです。

 現在のコンパクトカーユーザーは、どこか妥協して選んでいるのが実情です。『ノートでいい、ではなく、ノートが欲しい』というクルマを目指しました」

 また、日産の最高執行責任者であるアシュワニ・グプタ氏は次のように述べています。

「『e-POWER』は、日本のお客さまの厳しい目によって認められ、累計で43万台を販売してきました。

 そのe-POWERにさらに磨きをかけ、パワーとレスポンス、静粛性と燃費性能をより一層向上させた第二世代のe-POWERを、新型ノートに搭載します。

 日産は、今日発表する新型ノートで、e-POWERファンをさらに増やして参ります」

※ ※ ※

 これらのように、新型ノートは従来のフルモデルチェンジモデルとは異なり、新しい日産の幕開けに相応しいホームマーケットの日本を強化する重要なモデルなのです。

気になる価格は? 2WDは12月24日発売、4WDは2021年2月発売予定!

 新型ノートのデザインは、新世代に移行する日産デザインのキーワード、「タイムレス ジャパニーズ フューチャリズム」を具現化。

 2020年7月にワールドプレミアした日産初のクロスオーバーEVのアリアと一貫性を持った新型ノートのデザインは、コンパクトカーの常識にとらわれることなく、新しい価値観を訴求し、電動化の時代を感じさせるデザインとしました。

 ボディサイズは、全長4045mm×全幅1695mm×全高1505mm-1520mm、ホイールベース2580mm、最小回転半径4.9mmです。

 大幅にパワーアップした第2世代のe-POWERは、モーターとインバーターを刷新。1.2リッター直接3気筒エンジンを発電に使い、最高出力116馬力を発揮するモーターを採用しています。

 なお、モーターは先代ノートに比べ、トルクを10%、出力を6%向上させ、よりパワフルで気持ちの良い発進加速と、中高速からの追い越しでの力強い加速感を実現。

 インバーターは、第1世代よりも40%小型化、30%軽量化し、さらにエンジンの効率も高めたことで、加速性能だけでなく同時に燃費向上も実現。WLTCモード燃費は28.4km/Lから29.5km/Lとなっています。

 また、システムの制御によるエンジンの作動頻度低減や、車体の遮音性能向上により、コンパクトカーでありながら、1クラス上の静粛性を実現。

 加えて、路面状態からロードノイズが大きいと判断した場合には、積極的に発電をおこなう制御システムを世界で初めて開発、より静粛性を高めています。

 また、コンパクトカーとしては初搭載となる運転支援技術のプロパイロットは、日産初となるナビリンク機能を備えているほか、全方位の「360°セーフティサポート」などの先進安全技術も充実しました。

 また、「プロパイロット(ナビリンク機能付)」を初搭載。高速道路での同一車線走行時の運転操作をサポートするプロパイロットに、ナビゲーションシステムとの連携機能を加えることで、制限速度の変化に伴う設定速度の切り替えや、カーブの大きさに応じた減速をシステムが支援し、ドライバーの操作頻度を軽減、安心かつ快適なドライブを実現します。

※ ※ ※

 新型ノートは、2WD車/4WD車が設定され、2WD車は2020年12月発売予定、4WD車は同じく12月に正式発表となり、2021年2月に発売予定です。

 なお、先行して発売される2WD車のグレードは、フリート(事業者向け)の「F」が205万4800円、一般向けの「S」が202万9500円、上級グレードの「X」が218万6800円となっています。