2020年11月25日にスズキは新型「ソリオ」と新型「ソリオ バンディット」を発表しました。先代モデルからどのような進化を遂げたのでしょうか。

元祖コンパクトワゴン!? スズキ「ソリオシリーズ」が全面刷新!

 スズキは、コンパクトワゴンの新型「ソリオ」と新型「ソリオ バンディット」を2020年11月25日に発表。同年12月4日より発売します。
 
 先代モデルと新型モデルでは、どのような違いがあるのでしょうか。

 2015年に発売した先代モデルは、2000年発売の初代(ワゴンRソリオ)、2011年発売の2代目に続いた3代目です。

 初代・2代目から使い勝手の良さを進化させるとともに、軽量・高剛性の新開発プラットフォームを採用。また、パワフルで静粛性に優れた1.2リッター直列4気筒エンジンとマイルドハイブリッドの搭載で、低燃費と力強い走りを両立しました。

 今回の4代目となる新型では基本性能やデザインはもちろんのこと、パッケージング、安全装備、使いやすさ、快適性などが大きく向上したといいます。

 基本性能では、力強い走りと低燃費を両立させた1.2リッター直列4気筒エンジンを継続採用するものの、圧縮比を高めたほか、機械的な摩擦を低減することで、熱効率を徹底的に追求。

 マイルドハイブリッドでは、発電効率に優れたISG(モータ機能付発電機)により、減速時のエネルギーを利用して搭載バッテリーに充電。加速時にはその電力を活かしてエンジンをアシストすることで燃費向上を図ります。

 パッケージングでは、ボディサイズが先代と比べて全長3790mm(+80mm)、ソリオバンディットが全長3790mm(+70mm)、全幅も1645mm(+20mm)と拡大。

 さらに、室内サイズでは室内長と室内幅はそのままながら、室内高を1365mm(+5mm)にしているうえ、ヘッドクリアランスは縦横各+5mm、ショルダールームも+20mmと、ソリオ最大の魅力となる「広い居住性」を向上し、後席と荷室も拡大しました。

 安全装備では、スズキの予防安全技術「セーフティサポート」を採用。なかでも、スズキ小型車初となる「ヘッドアップディスプレイ」と「全方位モニター」を採用。

 使いやすさでは、ドアミラーの取付位置を先代から15mm低くすることで、死角を低減。

 また、室内のセンターメーターをドライバーに向けることで視線移動を減らしているほか、シフトレバーをドライバーに近づけることで、操作性を向上させました。

 収納面では、運転席アンダートレーとラゲッジ内にショッピングフックを新設し、インパネドリンクホルダー形状や位置を改良。電源ソケットも前席・後席で増設や位置変更をおこなって使いやすい位置で充電が可能です。

 快適性では、スズキ軽自動車「スペーシア」などに採用されている「スリムサーキュレーター」をスズキ小型車に初採用しました。

※ ※ ※
  
 価格面では、先代がソリオが148万6100円から227万2600円。ソリオ バンディットは、198万円から226万1600円です。

 新型の価格は、ソリオが158万1800円から214万8300円。ソリオ バンディットは、200万6400円から213万1800円です。