レクサスは、2020年11月5日にスポーツセダン「IS」、19日にフラッグシップセダン「LS」と、FRセダンの新型モデルを相次いで発売しています。両車の進化したポイントはどのようなものなのでしょうか。

レクサス新型「IS」&「LS」 11月に相次いで発売!

 レクサスは、2020年11月5日にスポーツセダン「IS」、19日にフラッグシップセダン「LS」の新型モデルを発売しました。ひと月の間にレクサスのセダンが相次いで新型へと切り替わっています。

 新型ISは、フロントフェイスのみならずボディ全体のデザインが大きく変化しました。ホイールベースは2800mmで変更していないものの、ボディサイズは全長4710mm(+30mm)×全幅1840mm(+30mm)×全高1435mm(+5mm)と、いずれもマイナーチェンジ前よりも拡大しています。

 レクサスを象徴するフロントのスピンドルグリルも新意匠を採用し、押し出し感が強調されました。リアデザインはL字をモチーフにした横一文字のリアコンビネーションランプと、立体的なバンパーガーニッシュを採用しました。

 内装は、新型LSと同様にタッチ操作に対応したほか、スマートフォン連携に対応しています。

 パワートレインのバリエーションに変更はないものの、新型ISでは愛知県にある下山テストコースをはじめ、世界各地での走り込みを実施。厳しい環境で鍛え上げることで、スポーツセダンらしい気持ちの良い走行性能を実現しています。

 また「レクサスセーフティセンス+」のアップデートもおこなわれました。

 一方、新型LSの外観は、フロントフェイスを中心に手が加えられており、従来型では個性的なZ型ヘッドライトが採用されていたのに対し、新型ではシャープさを保ちながらもすっきりとしたデザインに変更。ボディカラーには、最新の塗装技術によって滑らかな質感を実現した新規開発色「銀影ラスター」が新たに設定されました。

 内装は、マルチメディアシステムが新たにタッチ操作やSmartDeviceLinkやApple CarPlay、Android Autoといったスマートフォン連携に対応しています。

 減衰力可変ダンパーAVSの改良やバネ下重量の軽量化などの細やかな改良によって乗り心地や快適性が向上したほか、高度運転支援技術として「レクサス・チームメイト」を新たに採用。

 交通状況に応じて車載システムが認知・判断・操作を支援し、車線・車間維持、分岐、レーンチェンジ、追い越しなどを実現する「Advanced Drive」(搭載車は2021年発売予定)や、駐車時の全操作を車両が支援する「Advanced Park」が用意されます。

 また予防安全システム「レクサス・セーフティ・システム +A」も進化しました。

※ ※ ※

 前述の新型ISと新型LSは共にFRセダンであるものの、レクサスの現行モデルにはFFセダンとして「ES」がラインナップされています。

 ESは2018年10月に国内市場に登場。1989年のアメリカでのブランド立ち上げ以降、レクサスの主力モデルとして販売されていたにも関わらず、国内のレクサスブランドでのデビューはこれが初めてだったことから、当時話題となりました。

 また現行レクサスセダンのなかでは、フルモデルチェンジされたのがもっとも新しい車種となります。

 それではここでクイズです。

 2018年にデビューしたESに、量産車として世界初採用された機能は、次のうちどれでしょうか。

【1】デジタルカメラ

【2】デジタルアウターミラー

【3】ドライブレコーダー

【4】レベル3相当の自動運転機能

※ ※ ※

 正解は【2】の「デジタルアウターミラー」です。

 デジタルアウターミラーとは、ドアミラーを廃止し、代わりに車両後方に向けられたカメラと5インチディスプレイのセットを車内左右に設置。

 従来のミラーよりも運転時の目線移動を抑えるほか、車両左右後方の映像を任意で拡大表示することで、右左折時や後退時の死角を低減します。量産車への搭載は世界初で、メーカーオプションでの設定です。

※クイズの出典元:くるまマイスター検定