アウディジャパンは2020年11月28日、アウディラインナップにおける究極のハイパフォーマンスシリーズ「RS」モデルに、高性能ステーションワゴン「RS6アバント」およびプレミアムスポーツ4ドアクーペ「RS7スポーツバック」を設定、2021年1月以降販売開始すると発表した。

4リッターV8ツインターボは600馬力・800Nmの超絶スペック

 アウディジャパンは2020年11月28日、アウディラインナップにおける究極のハイパフォーマンスシリーズ「RS」モデルに、高性能ステーションワゴン「RS6アバント」およびプレミアムスポーツ4ドアクーペ「RS7スポーツバック」を設定、2021年1月以降販売開始すると発表した。

 RSモデルは、アウディのハイパフォーマンスモデルを手掛ける「Audi Sport GmbH」によって開発された、高性能かつエクスクルーシブな仕様になる。

 RS6アバントとRS7スポーツバックは、グロスブラックの3Dハニカム構造シングルフレームグリルを採用。またクワトロであることを想起させるフェンダーは大きく張り出している。またフロントドアやルーフ、テールゲートなどを除き、ボディ外板の多くがRSモデル専用デザインになっている。

 インテリアは、RS6アバント/RS7スポーツバックともに、バルコナレザーのSスポーツシートを採用。大型アルミニウム製シフトパドルとマルチファンクションボタンが設置されたヒーター機能付き3スポークステアリングホイールなどにより、スポーティさとプレミアム性を高めている。

 両モデルに共通のパワーユニットは、最高出力600ps・最大トルク800Nmを発生する4リッターV型8気筒ツインターボエンジンにトランスミッションは8速ティプトロニック(AT)を組み合わせ、48Vマイルドハイブリッドやシリンダーオンデマンド(cod)を採用することで効率化を図る。

 駆動方式はクワトロ(フルタイム4WD)で、セルフロッキングディファレンシャルを搭載。またリアスポーツディファレンシャルを標準装備している。

 サスペンションは、スポーティなチューニングを施した「RSアダプティブエアサスペンション」を標準採用。さらにオプションで、コイルスプリングとダンピングコントロールサスペンションにダイナミックライドコントロール(DRC)を組み合わせた「RSスポーツサスペンションプラス」も選択可能だ。

 状況に応じて後輪を最大5度、前輪と逆位相に操舵することで、低速走行時には取り回し性能、高速走行時には同位相によりステアリングレスポンスを高める4輪操舵システム「オールホイールステアリング」、RSモードを持つ「ドライブセレクト」を標準装備している。

 車両価格は、RS6アバントが1764万円(消費税込、以下同様)、RS7スポーツバックが1799万円となっている。