ダムドは、ジムニー用ボディキット「the ROOTS」と「little B.」を2020年12月1日から販売開始しました。

盛り上がりを見せるジムニーのカスタマイズ事情

 スズキ「ジムニー/ジムニーシエラ」は、カスタム業界でも旋風を巻き起こしています。
 
 そんななか、カスタマイズブランドのダムドは、初代ジムニーを彷彿とされる「the ROOTS」と、ジムニーシエラ用の「little B.」を2020年12月1日に発売しました。

 ダムドは、かつてメルセデス・ベンツ「Gクラス」やランドローバー「ディフェンダー」をオマージュしたようなボディキットを販売して、大きな反響を集めました。

 今回のthe ROOTSは、「東京オートサロン2020」でも注目を集めたボディキットです。

 無骨さが際立つthe ROOTSは、1970年の初代モデル発売から50年近い歴史を持つジムニーが、現代まで継承するその基本構造やコンセプトに宿る魂を表現したデザインを採用しています。

 ベースとなる純正のジムニーでは黒を基調としたフロントグリルですが、the ROOTSではボディと同色のカラーリングとなっているほか、ウィンカーの位置変更やメッキ調の張り出したフロントバンパーもレトロな雰囲気を演出しています。

 このthe ROOTSは、ジムニー専門店でもあるアピオと共同開発し、ジムニーの原点である美しいフォルムなどを表現することで、ジムニー愛に溢れたボディキットです。

 一方のlittle B.は、「little G.(Gクラス風) / little D.(ディフェンダー風)」のバトンを繋ぐオマージュ作品です。

 20世紀を駆け抜けたアメリカの独創的で美しいスタイリングをジムニーに落とし込んだボディキットとなっています。

 the ROOTSとlittle B.は、ダムドのほかにアピオでも購入可能で、デリバリーは2020年12月中旬より順次開始です。