アルファ ロメオの歴史のなかで、別格扱いの「TZ」。このTZが再び蘇ったのは、アルファ ロメオ創立100周年となる2010年に発表された「TZ3コルサ」であった。ワンオフモデルのTZ3コルサとは違い、ロードカーとして作られた「TZ3ストラダーレ」に、現地で試乗した数少ないモータージャーナリストのひとり、嶋田智之氏による貴重な新車当時のインプレッションで、ザガートの仕事ぶりを振り返ってみよう。

蘇る「TZ」の称号

 スターターボタンを押してエンジンに火を入れると、一度ならず耳にしたことのある、8.4リッターV10の獰猛なサウンドが耳に飛び込んでくる。間違いなく、ダッジ「バイパー」のそれだ。

 なのに、そのことがにわかには信じられないような、そんな気分が拭えなかった。強烈な吸引力と説得力を持つあの美しいフォルムのなかに、自分が今、潜り込んでいる。その事実が、そんな気持ちにさせた一番大きな理由だったと思う。

●叶わなかった「TZ3コルサ」の試乗

 最初に「TZ3」とネーミングされたクルマの写真を目撃したときの衝撃は、ちょっと忘れられない。アルファ ロメオにとっても、そしてザガートにとっても特別な意味を持つ、それぞれの歴史のなかに輝く宝物、「TZ」。

 それが幾分かモダナイズされて蘇ったような「TZ3コルサ」という名のそのレーシング・スポーツは、二次元の世界のなかから途轍もないオーラを放っていて、僕の目を完全に釘付けにしたのだ。そしていつか乗ってみたいものだと夢想していたのである。

 残念ながら、それは叶わなかった。TZ3コルサは、新たに鋼管スペース・フレームとカーボンファイバーを組み合わせたシャシを設計・製作して、そこにマセラティ製4.2リッターV8ユニットを積み、アルミ製のボディを組み付けた構造を持つ完全なレーシング仕立て。

 レギュレーションの関係でエントリーできるレースは限られていたとはいえ、公道を走るのを前提に作られていないため、試乗には大きな壁があるうえ、早々とドイツへ嫁ぐことが決まっていたのだ。試乗のリクエストはしたものの、許されることはなかった。

●「TZ3ストラダーレ」の試乗のため、ミラノへ!

 代わりに「公道仕様のクルマができ上がったら取材に来るといい」という回答をもらい、2011年にようやくミラノへと飛んだのだった。

 2011年の春前になって公開された「TZ3ストラダーレ」は、その構造からしてコルサとは違っていて、アルファ ロメオと同じフィアット・グループに属するクライスラーのバイパーをベースに選び、新たにデザインしたカーボンファイバーのボディを架装している。

 しかもワンオフだったコルサに対して、ザガートの特別な顧客に向けて最大9台までは生産する用意がある、とされていた。僕がこのとき潜り込んだのは、その2号車である。

 バイパーは確かにチュボラーレ(チューブラーフレーム構造)のクルマだから「TZ」の名前に嘘はないし、ディメンションなどもTZ3の計画に理想的だったと聞かされた。が、バイパーはとにかくあらゆる面で強烈な個性を持ったクルマであり、その匂いが簡単に消えるとは思っていなかった。

 なのにコクピットに収まってもエンジンを始動しても、「やっぱりバイパーじゃん」という気がしてこない。それにはインテリアの視覚的要素も、かなり大きな影響力をも持ってるのだとも思う。この2号車は、これから生み出されるだろう個体も含めた他の8台とは決定的に異なる、特別あつらえのインテリアを持っていたのだ。

一流のカロッツェリアが成せる技とは

「エアバッグを含め、ベース車両が本来持っている安全性の確保や視認性などの重要なエルゴノミクスの観点から、オリジナルの状態からの形状の大幅な変更はもとより、機能やレイアウトの変更をすることが極めて困難という動かし難い理由が大前提にあるため、あくまでも許される範囲内で手を加えただけ」と説明を受けたのだが、もちろんTZ3ストラダーレは「だけ」じゃなかった。

●エモーショナルなインテリア

 コンソールからセンターパネルにかけて、さらにドアパネルなどは、ザガートのCAD技術によって新たに設計の段階からワンオフで作られているし、細かなパートまで含めた各部の素材や色味なども、吟味されたうえで大幅に変更されている。

 手間もコストも並ではないだろう。何しろバイパーのそれと同軸にあるとはとても思えない仕上がりを見せているのだ。質感も雰囲気も、まったく別次元。余分な装飾を徹底的に排除しながら機能を追求し、上質であることも譲らない、絶対に誤魔化しの効かないシンプルな美しさである。ミニマリズム、という言葉で表現するのがもっとも解りやすいだろうか。

 それもそのはず。このインテリアは、世界的に知られるミラノのラグジュアリーファッションブランド、「コスチューム・ナショナル」社とのコラボレートによって完成したもので、同社のデザイナーであり代表でもあるエンニョ・カパサ氏が直々に関与している。

 後にカパサ氏と話をする機会を得たのだが、彼は「僕にとってはファッションもクルマも同じ、エモーショナルなもの。またそうでなくてはならないもの」といっていた。

 コスチューム・ナショナルのアイテムはシャープでエッジィと評されているが、その根幹にあるのはやはりミニマリズム。シンプルなのに目が離せない美しさを創造しているところなど、まったく同一線上にある。制約の多いなかでその世界観を表現するのは困難だったのではないかと思うが、アーティストとしての感性を綺麗に当て嵌めているあたり、見事である。

●「バイパー」とはまったくの別モノだった

 眼に入るものからベース車の存在があまり感じられないのに、サウンドだけはベース車のそれ。不思議な気分で重めのクラッチをアイドリングのままつないでみると、TZ3ストラダーレは何の苦もなくスルスルと滑りだした。スロットルをジワッと踏み込むと、強烈なトルクの塊が車体を力強く前進させようとする。

 あれ? と思った。

 そのまま深く踏み込むと、608ps/77.5kgmのV10ユニットのサウンドが揃いはじめて純度を高め、並み居るスーパーカー達を蹴散らすような勢いの凄まじい加速力を発揮してくれることも、過去の経験から判ってる。

 だが、何から何までバイパーと同じ──ではなかった。似ているけれど少し違う。TZ3ストラダーレは、動きがちょっとばかり軽いのだ。ステアリングを切って長いノーズが反応するその動きすら、軽快さを増しているように感じられる。ザガートは数字を示してくれなかったが、ベース車の1560kgより100kgくらいは軽くなってるんじゃないか? とすら思えたほど。

試乗時にはまだクルマが組み上がったばかりで、走行距離はたった30kmの状態。思い切り鞭をくれるような走らせ方はできないし、ひとりのクルマ好きとして、そんなことはしたくない。

 だが、そうせずともTZ3ストラダーレの美点を垣間見られたことは、大きな収穫だった。自動車の性能を車体でチューンナップするというのはどういうことなのか、軽い驚きをもってあらためて知ることができたからだ。

 短い試乗を終えて、あらためてTZ3ストラダーレのフォルムを眺めてみる。

 力強く、優美で、艶めかしくて、強烈な存在感を放ってる。そのなかにはスレンダーだけどグラマラス、雄々しいけれど女性的、鋭いけれどまろやか、トラディショナルだけど新しい、凄味はあるけどエレガント、という相反する要素が矛盾もなしに綺麗に混在している。

 その見事なまでのバランスには、ただただ溜息をつくしかない。過去の名車の名を背負っていながら、模倣もなければコンプレックスもない。ルーツはルーツとしてリスペクトしながら、完全に新しいTZ像を創造しているのだ。

 カロッツェリアの「仕事」の真髄が、ベースのクルマ以上に車体で「魅せる」ことや「速くする」ことにあるのなら、まさしくザガートの実力は極めて高いところにある。一流のカロッツェリアというのは、本当に凄いものである。