スペインのスーパーカーブランド「スパニアGTA」からリリースされた「スパーノ」。発表当時はメディアでも数多く取り扱われた、99台の限定モデルとはいかにして生まれたのであろうか。

情熱の国から、ひとりの男の情熱によって生まれた「スパーノ」

 情熱の国とも呼ばれるスペインには、かつてイスパノ・スイザやペガソといった高級車メーカーが存在した。当時の裕福なカスタマーからは、当然それらは高く評価されるところだったのだが、残念ながらその活動は長く続くことはなかった。

 現在スペインでは、VW&アウディ・グループのセアトが、バルセロナを中心に比較的ポピュラーな価格帯のモデルを生産しているが、そこに2007年に新たなスーパーカーメーカー「スパニアGTA」が誕生することになった。

●2015 スパニアGTA「スパーノ」

 スパニアGTAがまだ「GTAモータース」と呼ばれていた時代に、同社を率いていたドミンゴ・オチョア氏が、それまで15年以上にわたって携わってきたモータースポーツ・ビジネスによって得たさまざまなノウハウを活用し、世界最高水準のスーパーカーを生産する自動車メーカーを設立することを決断。2004年頃にはそのプロトタイプの構想を胸中に描き始めたという。

 2007年に正式にプロジェクトをスタートさせると、2009年にはそのプリ・プロダクションモデルを、一部のカスタマーに公開する。2010年にはトップ・マーク・モナコ展示会、2011年にはジュネーブ・ショーと、スパニアGTAはスーパーカーの世界で徐々にその存在感を高めることとなる。

 プロダクション仕様のファーストモデルとなったスパニアGTA「スパーノ」がワールドプレミアされたのは、2012年のジュネーブ・ショーでのことだった。

 オーチョアが夢に描いたのは、おそらくはイタリアのパガーニや、スウェーデンのケーニグセグというブランドだったのだろう。

 彼らがスーパーカーの新興勢力として成功を収めたのは、感動的なまでに美しく、そして驚異的なパフォーマンスを誇るスーパースポーツを、それまでの常識を覆すプライスで少量生産するというビジネスモデルを確立したからにほかならない。

 オーチョアもまた、スパーノに同様のコンセプトを掲げていたのである。

新車価格9800万円の「スパーノ」にプレ値がつくか要注目!

 スパニアGTAは、デビュー時には99台のスパーノを限定生産する計画を発表しているが、現在までに生産されたのは12台にとどまっている。

●2015 スパニアGTA「スパーノ」

 カーボンやチタン、あるいはケブラーを使用した軽量なモノコックは、重量がわずかに80kgと軽量なもので、それにカーボンとケブラーのボディを組み合わせ、車重はわずか1450kgに抑えられている。

 リアミッドに搭載されるエンジンは、クライスラーがバイパーに搭載するために開発した7.9リッターV型10気筒で、そのチューニングはミシガン州プリマスのイルモア・レーシングに委ねられていた。

 その後このエンジンは、2015年に8.3リッター仕様へと改められ、最高出力900psにまでチューニングされ、同年のジュネーブ・ショーに出品された。この仕様のスパーノは、現在までに2台が生産されているが、そのうちの1台はクラッシュテストに使用され、現存するのは1台のみだ。

 その残された1台こそが、RMサザビーズのパリ・オークションに出品される個体である。

 ジュネーブ・ショーの時点では、ボディカラーは鮮烈なホワイトだったが、その後、購入したカスタマーのリクエストによりマットグレーのボディカラーにリペイントされ、ボディセンターなどに赤とシルバーのアクセントカラーが施されている。

 走行距離は約8500km。参考までにスパーノの新車価格は日本円にして約9800万円であった。スパーノはまだ生産枠が残っているだけに、オークション市場がどのような反応を見せるのか、実に興味深いところである。