新型車がヒットするかしないかは、さまざまな要素が複雑に影響します。たとえば、時代背景であったり、流行、ライバルの存在、発売するタイミングなどが関係するでしょう。一方で、ライバル不在で絶妙なタイミングだったにも関わらず、思ったよりもヒットしなかったクルマも存在。そこで、発売前後は話題になったものの意外と伸び悩んでしまったクルマを、3車種ピックアップして紹介します。

鳴り物入りのデビューながら、思ったほどヒットしなかったクルマを振り返る

 ヒットしたクルマとそうでないクルマには、思ったよりも大きな違いが存在しないケースがあります。発売時期のちょっとしたタイミングや、価格やわずかなスペックの差、ニーズの変化など、ヒットに至らない理由はさまざまな要素が複雑に絡み合っています。

 一方で、前評判が高くて鳴り物入りでデビューしたにも関わらず、発売後はそれほど売れなかったクルマや、ライバル不在でもそれほど需要が無かったクルマも存在。

 そこで、発売前後は話題になったものの意外と伸び悩んでしまったクルマを、3車種ピックアップして紹介します。

●ホンダ「CR-Z」

 2010年に発売されたホンダ「CR-Z」は、コンパクトな3ドアハッチバックのハイブリッド専用車で、優れた環境性能だけでなく、運転する楽しみも重視するというコンセプトで開発されたモデルです。

 外観は往年のライトウエイト・スポーツカーである2代目「CR-X」をイメージさせる、3ドアハッチバッククーペで、発売当初はネーミングからしても「CR-Xの再来か」とも評されました。

 パワーユニットは114馬力の1.5リッター直列4気筒エンジンに、14馬力のアシスト用モーターが組み合わせたハイブリッドシステムを搭載し、駆動方式はFFのみでトランスミッションはCVTと、ハイブリッド車では世界初の6速MTを採用。

 そして、2012年のマイナーチェンジでエンジンを120馬力(MT車)、モーターを20馬力と出力の向上がおこなわれ、同時に、F1の「オーバーテイクボタン」のように、ハンドルに装備されたボタンを押してアクセルを少し踏み足すことで、力強い加速を瞬時に得られる「PLUS SPORTシステム」が搭載されました。

 発売直後はホンダとしても久しぶりとなるスポーツモデルとして人気が上昇しましたが、1130kg(MT車)という車重ではライトウエイトとはいえず、CR-Xほどシャープな運動性能は発揮できなかったことから、一定の評価は得られたものの販売は徐々に低迷。

 後継車は無いまま2016年に生産を終了、その後も同様なコンセプトのモデルは発売されていません。

●トヨタ「アルテッツァ」

 トヨタの小型FRスポーツといえば「86」ですが、その原点となるモデルが1983年から1987年まで販売していた「AE86型 カローラレビン/スプリンタートレノ」です。

 AE86型は新車で販売されていた時、じつは圧倒的な人気があったわけでなく、むしろ後継車のFFモデルであるAE92型が発売された後に再評価されたといえます。

 その後、再び小型FR車を望むユーザーの声も高くなったことから、トヨタは1998年に「アルテッツァ」を発売し、その声に応えました。

 アルテッツァはFRの小型セダンということに加え、スタイリッシュなフォルム、6速MTが設定されたことなど、発売前から話題が先行します。

 発売当初のグレード構成は、「RS200」と「AS200」のふたつを基本とし、RS200はスポーティ路線、AS200はジェントルな乗り味とされ、搭載されたエンジンは、RS200が最高出力は210馬力(MT)の2リッター直列4気筒で、AS200には160馬力の2リッター直列6気筒を搭載。トランスミッションは、RS200が6速MTと5速AT、AS200は4速ATの設定でした。

 アルテッツァはコンパクトなFR車を待ち望んでいたユーザーに絶賛されましたが、初動の販売台数は好調だったものの、ユーザーにいきわたると販売台数は落ち着いてしまいました。

 その後、販売台数は徐々に減少し、2001年にはステーションワゴンの「アルテッツァ ジータ」も投入されましたが、大きく販売台数を伸ばせず、2005年に生産を終了。

 後継車はプレミアムセダンへとコンセプトが一新されたレクサス「IS」で、再びスポーティなコンパクトFR車は2012年の86登場まで待たなければなりませんでした。

ライバル不在でノウハウも豊富なはずが、イマイチ売れなかったモデルとは

●スバル「エクシーガ クロスオーバー7」

 現在、スバルはミニバンに代表される3列シート車の生産から撤退してしまいました。これまで自社生産の「ドミンゴ」や、オペルからOEM供給された「トラヴィック」の販売をおこなってきましたが、どちらも生産を終えると、スバルのラインナップから3列シート車が消滅。

 そこで、「レガシィ ツーリングワゴン」などで培ったステーションワゴンづくりのノウハウを生かし、3列シートで7人がしっかり乗れる高い居住性と、広い室内空間を実現した「エクシーガ」を2008年に発売し、ミニバン市場に復活を果たしました。

 シャシや主要なコンポーネンツをレガシィと共有し、最高出力225馬力とパワフルな2リッター水平対向4気筒ターボと、2リッター自然吸気エンジンを搭載。2009年には2.5リッターエンジン搭載車も追加ラインナップされ、3列シート車ながらスバルらしいドライビングプレジャー豊かなクルマに仕立てられていました。

 SUV人気が上昇し始めていた2015年には、エクシーガをベースにSUVの要素を取り入れた内外装とした、「エクシーガ クロスオーバー7」にスイッチ。

 最低地上高170mmを確保した専用サスペンションと、エンジンは最高出力173馬力を発揮する2.5リッター水平対向4気筒自然吸気のみを搭載。

 外装では大型フロントグリルやルーフレールが装着され、前後バンパーやホイールアーチ、サイドシルには樹脂製パーツが採用されるなど、SUVらしい力強さを表現しています。

 ステーションワゴンづくりに長けていたスバル独自のミニバンは、他社にはない個性的な面がありましたが、販売が伸び悩んだことから2018年に販売が終了し、以降、スバルは国内の3列シート車市場から再び撤退しました。

 近年は、ミニバンからの乗り換え需要の高まりから3列シートSUVの販売が好調で、エクシーガ クロスオーバー7も次世代モデルが存在していたら、勢力図は変わっていたかもしれません。

※ ※ ※

 ここ数年で大きくラインナップの再編をおこなったメーカーといえば、最後に紹介したスバルが挙げられるのではないでしょうか。

 一時代を築いたレガシィ・シリーズは国内では「レガシィ アウトバック」のみとなり、「インプレッサ WRX」の正当な後継車である「WRX STI」も販売を終えています。

 また、すでに次期型が発表されていますが、従来モデルの「BRZ」は終売となっており、自社の現行ラインナップからMT車が消滅している状況です。

 さらに、かつてのような300馬力に到達するハイパワーなエンジンも、今はありません。

 しかし、高性能モデルこそがアイデンティティだったスバルの灯は消えず、この先に新世代のモデルとして復活が宣言されていますから、これからのスバルからまだまだ目が離せません。