特徴的なRRレイアウトを採用し続けながらも、最新型の992型では速さと安定感を極めたポルシェ911。そんななか、市場価格がひと昔前と比べて2倍以上になるなど、価値を上げ続けているのが、クラシカルな空冷エンジンを搭載する「964型」。すべての愛好家を唸らせるその魅力は一体何だろうか。

進化の足跡を追うことができる一台

 世の中には数多くの「ネオクラシック」と呼ばれるクルマが流通しているが、なかでもとりわけ注目したいネオクラシックのひとつが、「964」という型式名で呼ばれることが多い5世代前のポルシェ「911」だろう。

 有名なクルマゆえ、今さらくどくど説明するつもりはないが、空冷方式の水平対向6気筒エンジンを搭載する911としては最後から2番目のモデルとなった964はいま、その中古車相場を上げ続けている。

 15年ほど前までは総額で350万円も見ておけば、まずまずコンディション良好な5MTの964型ポルシェ「911カレラ2」を買うことができた。

 しかしその後、世界的なネオクラシックカーブームが起こり、欧州や米国の好事家から依頼された海外バイヤー勢が、ニッポンの「程度良好なのに比較的安価な964」を買い漁り始める事態に。

 結果、前述のとおり350万円ぐらいだった相場は500万円、600万円へと上昇し、最終的には「1000万円ぐらい」というところまでいってしまったのだ。

 直近はさすがにやや落ち着き、「程度良好な5MTのカレラ2で700万円台か800万円台スタート」という塩梅になっているが、それでも昔の相場の約2倍。15年前の価格をリアルタイムで知っている人間からすれば、なんともこう阿呆らしい相場にも感じられることは否めない。

 964型ポルシェ911の相場がここまで上がってしまった大きな理由は、前述のとおり「世界的ブームを背景とする海外バイヤー勢の買い漁り」である。しかし当然ながら、964が「魅力的なクルマだから」というのが根本的な理由であることはいうまでもない。

 リアに空冷式の水平対向エンジンを搭載するポルシェ911の歴史は、1964年に始まった。その後、ターボ以外の自然吸気モデルは1974年に「930型」にモデルチェンジされ、その後を受けて、まずは1989年に四輪駆動の「カレラ4」から登場したのが「964型」だった

 この964型の素晴らしさについて、細かく挙げていけばキリがない。

 ボディの造形は、それまでの930型とほぼ変わってないようにも見えるが、実は約85%の構成パーツが新設計されたもの。

 さらに、リアに重量物(エンジン)を積むポルシェ911が宿命的に内包していた「超高速域での直進不安定性」を完全解消するため、964型は、初代911から続いていた「わずかに前傾させて搭載する」というエンジン搭載角度を廃止。これにより、駆動フリクションを発生させる等速ジョイントを用いることなく4WD化に成功。そうして生まれたカレラ4は、911の宿痾であった「高速域での直進不安定性」をほぼ完全に解消したのだ。

 そして964型のシャシは、そもそも全輪駆動であるカレラ4を想定して設計されたため、剛性面でのキャパシティが抜群に高いというのも特徴だった。それゆえ一般的な後輪駆動のカレラ2では、実はかなりの「余裕」が生まれている。

数値では語れない感性に訴える走り

 ……というような諸々に加え、他にも、ハンス・メッツガー博士が開発を統括した「M64」という新型フラットシックスエンジンのトルク特性や燃焼効率の素晴らしさ等々もあるのだが、挙げていくと本当にキリがない。

 それゆえ、ここではあえて「乗ればわかる!」という乱暴な言い方をさせていただきたいと思う。

 ヴァイザッハの英知が生んだきわめてソリッドなフィールと、それと同時にある、いまや古くさい「空冷エンジン」ならではの野蛮な咆哮とダイレクト感が織り成すよい意味でのアンバランス感。それこそが964型ポルシェ911の魅力であり、水冷化および電子制御化された現代のポルシェ911では絶対に味わうことのできない、ワン・アンド・オンリーな世界観なのだ。

 その中古車相場は現在、前述したとおり5MTカレラ2の良質物件が「700万円台から800万円台スタート」といったところで、ティプトロニック(4速AT)は600万円台から700万円台スタートというイメージ。

 安価とは言い難い相場だが、もしも「世界遺産にも近いサムシングを手に入れる」と考えるのであれば、実はさほど高くはないのかもしれない。

 もちろん、希少なターボ2や3.6リッターとなった「ターボ3.6」が欲しいとなると2000万円以上、あるいは4000万円以上の予算が必要となり、一般的な自然吸気エンジンのカレラ2でも、走行距離少なめの個体は1000万円か1200万円スタートというのが昨今の状況ではある。それゆえ世界遺産うんぬんは別として、高いことに変わりはないクルマであることに間違いはない。

 だが、冒頭付近で筆者が申し上げた「阿呆らしい相場」というフレーズについては、訂正を入れる必要があるだろう。

 964型ポルシェ911よりも速いクルマは、世のなかにそれこそ星の数ほど存在している。しかし964型ほど、自動車機械を愛好する人間の心をときめかせてくれるクルマは──もちろんそれにしたって964型が唯一というわけではないのだが──決して多くはない。

 つまりそこにあるのは「希少価値」であり、その希少価値は、年々上がり続けることが決定している。なぜならば、こんな類のクルマが新車としてポルシェ社から登場することは、もう二度とないからだ。二度とないのである(大切なことなので2回言いました)。

 未来を正確に予想することは誰にもできない。それゆえ、現在は小康状態ともいえる964型ポルシェの中古車相場が今後どうなるのか、筆者にはわからない。だが少なくとも、再び何かのタイミングで鋭角な上昇曲線を描き、結果として「普通のカレラ2ティプトロニックでも1500万円」的な未来が到来したとしても、筆者は驚かないだろう。

 964型ポルシェ911という中古車に対しての正しい態度は、林修先生ではないが「今買うか?」と、「もはやこれまでとキッパリあきらめるか」の、実は2種類しか存在しないのである。