近年、人気低迷が続いているセダンは、ラインナップの減少が続いています。欧米では一定の需要をキープしていますが、それでもセダン市場から撤退したメーカーがあるくらいです。国内でも同様の状況ですが、かつて、セダンが人気を博していた時代もありました。そこで、セダンの黄金期といえる平成初期に登場したモデルを、5車種ピックアップして紹介します。

市場を席巻していた頃のセダンを振り返る

 現在、日本の自動車市場では、ファミリーカーとしてミニバンや軽ハイトワゴンが定番車種となり、SUV人気も急上昇中です。そのため、セダンやクーペといったモデルは急激に数を減らし、ラインナップから撤退したメーカーもあります。

 なかでもセダンはミニバン登場以前にファミリーカーとしても使われ、パーソナルカーやビジネスカーとしても人気があり、平成の時代には隆盛を極めていました。

 そこで、セダンの黄金期といえる平成初期に登場したモデルを、5車種ピックアップして紹介します。

●日産「プリメーラ」

 日産は1980年代の終わりに『1990年までに世界No.1の動性能を実現』という開発目標を掲げ、これを「901活動」と名付けてプロジェクトを進めた結果、平成元年前後には数多くの名車が誕生しました。

 そのなかの1台が、欧州市場をターゲットとしたセダンの初代「プリメーラ」です。

 初代プリメーラは1990年に発売された小型FFセダンで、優れたハンドリングと快適性や使い勝手の良さを高い次元でバランスさせることをコンセプトに開発。

 外観は当時としてもオーソドックスなセダンをイメージさせる奇をてらわないデザインでしたが、派手すぎず飽きがこない絶妙なバランスで、国内外で高く評価されました。

 搭載されたエンジンはトップグレードに、最高出力150馬力を発揮するパワフルな2リッター直列4気筒自然吸気の「SR20DE型」を採用。トランスミッションは5速MTと4速ATを設定しました。

 初代プリメーラ最大の特徴であるハンドリングは、前輪にマルチリンク、後輪にパラレルリンクストラットの4輪独立懸架によって実現。

 さらに、広い室内空間と大容量のトランクなど、まさに正統派セダンといっていい仕上がりでした。

 初代プリメーラは日本と欧州でヒットを記録し、その後、1995年に2代目が、2001年には3代目が、初代のコンセプトを受け継いで登場しましたが、セダン人気の低迷から2005年に生産を終了し、プリメーラは消滅してしまいました。

●スバル「レガシィ」

 現在、スバルのラインナップで辛うじて残っているセダンは「インプレッサ G4」のみですが、平成の初期には「レオーネ」に加え、一時代を築いた「レガシィ」が販売されていました。

 レオーネは乗用車タイプの4WD車という新たなジャンルを開拓しましたが、1980年代にはライバル車に対して旧態然とした設計ですでに時代遅れになっており、スバルは1989年にすべてを新開発した初代レガシィを発売。

 ボディタイプはセダンとステーションワゴンの「ツーリングワゴン」を設定して、トップグレードには200馬力を誇る2リッター水平対向4気筒ターボエンジン「EJ20型」を搭載、フルタイム4WDの駆動方式が組み合わされ、高速走行から雪道まで安定した走りのオールラウンダーとして大ヒットを記録しました。

 セダンの外観は直線基調ながらも低いスラントノーズを採用し、欧州車をイメージさせる6ライトウインドウのキャビンと相まって、スポーティかつスタイリッシュに仕立てられています。

 また、高性能さをアピールするために、デビュー直前には連続速度記録を樹立し、世界ラリー選手権にも参戦。このイメージ戦略はスバルブランドのイメージアップにも繋がりました。

 初代レガシィによってスバルのクルマづくりの考え方は大きく変わり、現在も受け継がれています。

●ホンダ「アスコットイノーバ」

 かつて、ホンダのセダンラインナップは、フラッグシップの「レジェンド」、ミドルクラスの「アコード」、小型モデルの「シビック」を主力として構成されていました。

 これらに加え、「インスパイア/ビガー」、「アスコット/ラファーガ」、「インテグラ」、「ドマーニ」など、セダンラインナップを幅広く展開。

 そして、1992年に発売されたのが異端ともいえるスポーティセダン「アスコットイノーバ」です。

 アスコットイノーバは、アコードの姉妹車である初代アスコットに対して派生車として開発されました。

 ボディサイズは全長4670mm×全幅1695mm×全高1380mm(2リッターエンジン車)と、アスコットに準じたミドルクラスでしたが外観のデザインはまったく異なり、Cピラーの傾斜を寝かしたクーペスタイルの流麗なフォルムを採用。

 フロントフェイスも重厚感があるアスコットに対して、4代目「プレリュード」をイメージさせるスポーティな意匠となっています。

 搭載されたエンジンは2リッター直列4気筒SOHCとDOHC、2.3リッター直列4気筒DOHCの3種類で、2.3リッターでは165馬力を発揮。
 
 足まわりは当時のホンダ車が広く採用していた4輪ダブルウィッシュボーンとするなど、優れたハンドリングも実現していました。

 アコードよりもスポーツ志向だったアスコットイノーバですがヒット作とはいえず、アスコットが2代目にフルモデルチェンジした後も継続して販売していましたが、1996年に一代限りで生産を終えました。

とにかく走りを重視したモデルと、3ナンバー車人気をけん引したモデルとは

●トヨタ「アリスト」

 1989年に登場した初代「セルシオ」や、シリーズ最大のヒット作となった8代目「クラウン」、ブームにもなった「マークII」3兄弟など、バブル景気に湧いた昭和の終わりから平成にかけて、トヨタは順風満帆といえました。

 そこで、トヨタはそれまでと異なるコンセプトの高級セダン、初代「アリスト」を1991年に発売。

 アリストはセルシオと同じく北米のレクサスブランドでの販売も視野に入れて開発され、静粛性や乗り心地を重視したセルシオに対して、走行性能を追求して開発されました。

 外観のデザインは巨匠ジウジアーロが主宰するイタルデザインの手によるもので、空力性能を追求したロー&ワイドを強調するフォルムによって、見るからに高性能さをアピールします。

 エンジンは全グレードとも3リッター直列6気筒で、トップグレードの「3.0V」には最高出力280馬力を誇るツインターボ「2JZ-GTE型」を搭載。遅れて登場した「A80型 スープラ」にも同じエンジンが搭載されたことで、後にアリストは「スープラセダン」の異名で呼ばれました。

 足まわりには4輪ダブルウィッシュボーンを採用し、ダンパーの減衰力を電子制御する「ピエゾTEMS」、トルセンLSDなどをグレードに応じて設定することで、スポーティな高級車にふさわしい優れた操縦性や直進安定性、快適な乗り心地を実現。

 1992年にはセルシオに搭載されていた4リッターV型8気筒エンジンとフルタイム4WDが組み合わされた「4.0Z i-Four」も加わりましたが、やはりアリストの魅力はターボエンジンによる暴力的な加速力で、多くのユーザーを虜にしました。

 1997年には初代のコンセプトを受け継いだ2代目が登場し、2005年にレクサス「GS」へと変わりましたが、2020年にGSは生産を終了し、歴史に幕を閉じました。

●三菱「ディアマンテ」

 1987年に三菱は新時代のセダンとして6代目「ギャラン」を発売。高性能4WDモデルの「VR-4」をラインナップするなど、ギャランのイメージを一新してヒット作となりました。

 そして、好景気に突入していた時代背景から上流志向が強まった市場に応えるかたちで、1990年にギャランの上位に位置するセダンの「ディアマンテ」が登場。

 折しも自動車税の改正から3ナンバー車が普及し始めており、ディアマンテは同社初の3ナンバー専用ボディを採用しました。

 外観は逆スラントノーズのフロントフェイスによって精悍な印象で、ギャランのイメージを昇華させたスポーティなルックスが高く評価され、比較的安価な価格と相まって若い世代からも人気を博します。

 エンジンは全グレードともV型6気筒自然吸気を搭載して、排気量は2リッター、2.5リッター、3リッターの3タイプを展開し、3リッター車では最高出力210馬力を発揮。

 駆動方式はFFに加えてクラス初のフルタイム4WDをラインナップし、トラクションコントロール、4WS(4輪操舵システム)、アクティブコントロールサスペンションを設定するなど、走行性能も高められています。

 ディアマンテは1990-1991日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得しただけでなく、1990年のグッドデザイン賞を受賞するなど、名実ともに優れたセダンとして認められました。

 その後、1995年に2代目にフルモデルチェンジし、より洗練されたミドルクラスセダンとなりましたが、2005年に生産を終了し、後継車はありませんでした。

 なお、三菱の国内向けラインナップでは、すでにセダンは消滅しています。

※ ※ ※

 セダンのラインナップは今も減少傾向にありますが、なかでも2020年に「レガシィB4」が国内販売を終えたのは衝撃的な出来事でした。

 前述のとおり初代レガシィといえばスバルのクルマづくりを変え、一世を風靡したモデルです。しかし、2014年にレガシィ ツーリングワゴンの国内販売が終了し、レガシィB4も消えてしまいました。

 ニーズの変化による販売台数の低迷は避けられず、あれほど人気があったレガシィでも消える運命にあったことは、受け入れなければならないのでしょう。