給油時のガソリン価格を「1円でも」安くしたいという思う人は多いかもしれません。そうしたなかで、ガソリン価格は毎週のように変動しますが、なぜこれほどまでにガソリン価格は変わるのでしょうか。

国際情勢と投資で価格が変わる複雑なガソリン価格

 クルマに乗る人であれば、給油時のガソリン価格を「1円でも」安くしたいという思う人は多いかもしれません。
 
 そうしたなかで、ガソリン価格は毎週のように変動しますが、なぜこれほどまでにガソリン価格は変わるのでしょうか。

 ガソリン価格は、変動するとニュースになるなど、多くの人の関心を集めています。

 日本におけるガソリン販売の流れは、産油国から原油を購入して日本国内の製油所で原油を精製し、レギュラーガソリンやハイオクガソリン、軽油となります。

 そこから、各ガソリンスタンドへ配送され、消費者が購入できるようになるのです。

 この流れによって、生産国の政治や輸出状況、石油輸出国機構(OPEC)の生産調整、及び先物取引市場においてのさまざまなヘッジファンドや個人投資家などが取引に参入していることが複雑に絡み合っていることが価格変動の主な要因となっています。

 ガソリンの価格が変動する理由について、日本の石油情報の統計・調査をおこなっている石油情報センターの担当者は以下のように話します。

「ガソリンの価格は、経済の動きや期待感によって左右されます。簡単にいえば、需要が増えそうなら価格が上がり、需要が減りそうなら価格は下がるということです。

 2021年2月25日の発表では全国平均14週連続で値上がりしていて、その背景には新型コロナウイルスのワクチン接種が始まったこと、アメリカの巨額の追加経済策などが関係しています。

 つまり、経済が回復していき物流や人の移動が増えるという期待感のもと、原油価格が上がっているのです。

 反対に、新型コロナウイルスの感染が拡大したタイミングでは、値が大きく下落していました。

 経済が停滞しそうな材料があれば、原油の在庫がだぶつき保管しておく費用も発生するため、安くても売らなければならないという事情から値下がりしていく傾向にあります」

※ ※ ※

 現在、世界の産油国の上位はアメリカ、サウジアラビア、ロシアの3か国となり、中東各国やカナダ、中国、ブラジルが主要な産油国となっています。

 原油は、あらゆる産業の基礎となるもので各産油国もその取り扱いには慎重となるため、販売価格も国家の状況によって左右されます。

 日本は、原油を海外からの購入に頼らなければならない現状もあり、世界情勢に左右されるゆえに日々のガソリン価格が変動しているのです。

地域によって価格が異なるのはなぜ?

 国際情勢と投資によってガソリン価格が変わるなか、地域によっても価格の差が存在します。

 総務省の小売物価統計資料によると、2021年1月の都道府県庁所在市及び人口15万以上の市おいてガソリン価格がもっとも高かったのは鹿児島市で160円、次いで大分市で148円、山形市と佐賀市で147円です。

 逆にもっとも安いのは徳島市で129円、次いで北九州市、相模原市、浦安市、小山市で130円になっています。

 ガソリン価格に地域差があることについて、石油情報センターの担当者は以下のように話します。

「地域によって価格の差がある理由は、複数の事情が絡み合っているといえると思います。

 例えば、ガソリンスタンドにガソリンが運ばれるまでの運送費は、運ばれる量や距離、どんなルートを使うのかによって変わってきます。

 また、競合店が多いエリアでは価格競争が激しく、値引きのキャンペーンなどが頻繁におこなわれるなど、地域どころかガソリンスタンドごとに事情が異なってきます。

 顕著な例だと、離島でガソリンを販売する場合は運搬経路に海路が含まれるので、どうしても価格は高くなってしまい、地域内で価格が近いということがあっても、離れた地域で価格差があるのはこういった理由が関係しているといえるでしょう」

 また、ガソリン価格が毎週のように変わる理由について、大手ガソリンスタンドチェーンの販売スタッフは以下のように話します。

「地域競合店の価格や全国の平均的な価格を参考にしながら、ガソリンスタンドの運営にかかる費用や仕入れ値を考慮したうえで決定しています。

 頻度について決まりはありませんが、基本的に元売会社の価格改定が週末におこなわれるので、系列のスタンドでは月曜日に改定することが多くなっています」

※ ※ ※

 世界情勢や国内の地域差などさまざまな影響により変動するガソリン価格ですが、「1円でも安く」という心理は理解出来ます。
 
 しかし、例えば給油量を50リットルとしたときに、1円安く給油したとしてもせいぜい50円おトクになる程度です。

 安いガソリンスタンドを探して走り回るよりも、エコ運転を心掛けるほうがいいという話もあり、急発進・急加速・急停止とった運転や不要な荷物の積載をやめるなど、工夫次第で1円の価値は生み出せるかもしれません。