マレーシアにおけるダイハツの合弁企業のプロドゥアは、新型コンパクトSUV「アティバ」を2020年3月3日に発売しました。日本で販売されるダイハツ「ロッキー」と似たデザインですが、いったいどんなクルマなのでしょうか。

DNGA採用車が海外展開されるのは初

 ダイハツは、マレーシアにおける自動車生産・販売の現地合弁会社であるプロドゥアから新型コンパクトSUV「アティバ」を2020年3月3日に世界初公開、同日に発売しました。デリバリーは3月4日に開始されています。

 新型アティバはいったいどんなコンパクトSUVなのでしょうか。

 プロドゥアはダイハツとの協業により1993年に創業したマレーシア第二の国民車メーカーで、現在「アジア」「ベザ」「マイヴィ」「アルス」といった同国市場に最適化された車種を販売しています。

 そんななか発売される新型アティバは、日本ではトヨタに「ライズ」としてOEM供給されているダイハツ「ロッキー」をベースに、ダイハツとプロドゥアが共同で開発したコンパクトSUVです。

 また、ダイハツが新世代のクルマづくりとして掲げている「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」で誕生した車種が海外で展開されるのは新型アティバが初となります。

 新型アティバについて、プロドゥアの社長兼CEO ダト・ザイナル・アビディン・アハマド氏は次のように述べています。

「新型アティバは2月19日に注文を集め始めて以来、これまで約5000台の事前受注がありました。3月4日からデリバリーを開始し、月平均3000台の販売を目指します。

 開発は2018年に始まり、我々は図面の作成から関与しています。54人にのぼる我々のデザイナーとエンジニアがダイハツのスタッフと協力して開発を進めてきました」

 ダト・ザイナル・アビディン・アハマド社長兼CEOは、新型アティバの開発が我々とダイハツの協力関係を新たなレベルへと引き上げたと説明しています。

現地に最適化された衝突被害軽減ブレーキを搭載

「Advance(前進)」「Technology(技術)」「Intelligent(知性のある)」「Versatile&Adventure(用途が広い&冒険)」の頭文字で構成され、さらにポルトガル語で“アクティブ”を意味する名前が名付けられた新型アティバは、ボディサイズが全長4065mm×全幅1710mm×全高1635mm。

 外観を見ると、フロントバンパーやリアバンパーを中心にダイハツのロッキーとは一部異なるデザインが与えられているのがわかります。

 なお、プロドゥアはオリジナルのエアロパーツとして「ギアアップ」を展開。装着することでよりボディ全体に迫力が出て、とくにフロントフェイスの押し出し感が強くなります。

 エンジンとトランスミッションは1リッターターボとCVTの組み合わせで、現地生産されたものが搭載されます。

 新型アティバは、プロドゥアとして初めてターボエンジンとCVTが採用されたモデルであると説明しています。

 駆動方式はFFのみです。

 予防安全システムとして、衝突被害軽減ブレーキ「スマートアシスト「スマートアシスト(現地名:アドバンスドセーフティアシスト)」が搭載されますが、システムをマレーシア専用に設定している点が特徴のひとつとなります。

 新型アティバの価格は6万1500リンギットから7万2000リンギット(日本円換算で約162万円から約189万円 )です。国民車に相応しいリーズナブルな価格も新型アティバの特徴と説明します。

 価格設定について「新型アティバの競争力のある価格設定は95%の現地化率、つまりペロドゥアのモデルのなかでもっとも高い初期現地調達率によって可能になりました。

 エンジンやトランスミッションも含めマレーシアで製造されています」とダト・ザイナル・アビディン・アハマド社長兼CEOはコメントしています。